note pro公式 | 法人オウンドメディアをかんたん、すぐに立ち上げ

note proならオウンドメディア運営がもっと簡単に。運用のヒントや活用事例を紹介し…

note pro公式 | 法人オウンドメディアをかんたん、すぐに立ち上げ

note proならオウンドメディア運営がもっと簡単に。運用のヒントや活用事例を紹介します。多くの法人が実践中。noteの街を盛り上げてくださっている企業一覧はこちら→https://note.com/topic/noteprolist

リンク

マガジン

  • note pro自己紹介記事まとめ

    • 820本

    noteでは、読者へ運営方針を表明するのがコツです。このマガジンでは、note proを利用するクリエイターの、自己紹介記事をまとめました。

  • note pro運営がすてきと感じた法人noteまとめ

    • 812本

    note pro運営チームが読んで、note proを利用するみなさんにもぜひおすすめしたいと思った、すてきな法人noteを集めたマガジンです。自社ならではの独自性をもちながら、読み手の共感や感動を呼ぶnoteが集まっているので、ぜひ自アカウントでのコンテンツ作成のヒントにご活用ください。

  • 今後開催するnoteライブ/イベント一覧

    • 3本

    これから開催するnoteライブのお知らせをまとめているマガジンです。

  • noteイベントレポート

    • 160本

    noteで開催するイベントのレポート記事をまとめています。

  • note pro機能カイゼンまとめ

    • 30本

    note・note proでは、クリエイターのみなさまの声をもとに、日々機能のカイゼンを積み重ねています。そんなカイゼン内容のご紹介記事をまとめました。

note pro自己紹介記事まとめ

noteでは、読者へ運営方針を表明するのがコツです。このマガジンでは、note proを利用するクリエイターの、自己紹介記事をまとめました。

くわしく見る
  • 820本

ケーブルテレビ業界の魅力をもっと知ってもらいたい!だから、noteはじめます!

はじめまして、ギョーカイ話 ☆ケーブルテレビ☆の編集局です。 「私たちが働くケーブルテレビ業界に少しでも興味を持ってもらいたい!」 「ケーブルテレビ業界を志望する方へ役立つ情報を発信したい!」 という想いからこの度、noteアカウントを立ち上げました! これから、ケーブルテレビ業界の魅力や若手が活躍しているプロジェクト、就活に役立つ情報などを多くの方に知ってもらえるよう、noteを通じてさまざまな情報を発信していく予定です。 初回の記事では、ギョーカイ話 ☆ケーブルテレビ

スキ
33

クリエイターの物語を”最大化する”ために──Tales & Co.の仕事

はじめにTales & Co.は、note株式会社が、物語とクリエイターの可能性をさらに広げるべく設立した会社です。社名を直訳すると、“物語とその仲間たち”、となります。 クリエイターの頭や口、指先から生み出される「物語」とパートナーシップを結び、クリエイターのみなさまと一緒に、その「物語」を出来うる限り多くの人に広げていきたい、という思いを社名に込めました。 Tales & Co.の仕事① 企画・作品の売り込みクリエイターのみなさまから、企画や作品をTales & Co

スキ
43

【ご挨拶】姫路市公式noteはじめます

はじめまして! 姫路市はこのたび、市民や関係者のみなさまに市政情報をお伝えする新たなツールとして、noteの公式アカウントを開設いたしました。 初回の記事では、アカウントを立ち上げた「中の人」の思いや、これからnoteでお届けしていきたい内容について、ご紹介します。 総合教育監の加藤ですnoteをはじめたい!と声をあげたのは私、今年2月に総合教育監に着任しました加藤聡です。 私は去年まで、テレビ報道(日本テレビ放送網株式会社)や教育NPOの広報(認定NPO法人カタリバ)

スキ
103

より良い未来の実装のために、”みんな”で情報発信を始めた理由

はじめまして、セゾンテクノロジーです。2024年4月1日にセゾン情報システムズから社名変更したばかりの私たちは、社名だけでなく組織として変わろうとしています。その施策のひとつが部門を問わず等身大の情報発信を強化すること。その背景をこちらの記事ではご紹介します。 セゾンテクノロジーってどんな会社?私たちは、セゾン情報システムズ、そしてさらに前身の西武情報センターとして、金融や流通業界をはじめとする基幹業務システムを半世紀以上支えてきました。お客様のためを考え抜いたエンジニアが

スキ
24

note pro運営がすてきと感じた法人noteまとめ

note pro運営チームが読んで、note proを利用するみなさんにもぜひおすすめしたいと思った、すてきな法人noteを集めたマガジンです。自社ならではの独自性をもちながら、読み手の共感や感動を呼ぶnoteが集まっているので、ぜひ自アカウントでのコンテンツ作成のヒントにご活用ください。

くわしく見る
  • 812本

はじめまして! ちょっとユニークな(?)みやぎ生協・コープふくしまです

こんにちは!みやぎ生協・コープふくしま note記事編集部です。 このたび、公式にnoteを始めることとなったので、まずは自己紹介をさせてください。 そもそもnoteを始めたのは、みなさんに「みやぎ生協・コープふくしまのことを知ってほしい」「好きになってほしい」という思いが根底にあるから。 その辺りのことを、本編集部を立ち上げたみやぎ生協・コープふくしまの小野寺史記さんの話を交えつつ、お伝えしていきます。 みやぎ生協・コープふくしまって?生協とは、「生活協同組合」の略称で

スキ
13

建設機械メーカーのバッグの中身、見せて!~産機営業編~

広報PPPです★★ 前回好評だった「バッグの中身紹介」記事 第2弾!! ▼前回の「What's in my bag?」 今回は、市場シェア60%を占める搬送製品(ベルトコンベヤ)や、 リサイクルのファーストステップである 選別・減容 を自動化する環境関連装置を扱う、産業機械営業の社員さん(取材時点)のバッグの中身を見せていただきました!! 今回は、かなりこだわりの強いおふた方です。 産機営業 係長「What's in my bag?」 「僕のバッグの中身、かなり仕

スキ
65

20代で3回目の転職活動。20回の面談で短期離職と未達の過去に徹底的に向き合い、手に入れたもの

「自分の仕事のことは、自分で決める」。BOXをご利用いただく方の中には、そのような強い意志をもって転職活動を進めてくださっている方も多くいらっしゃいます。そんな方にこそ、想像してみてほしいことがあります。 もしも、介護や子育ての都合で、せっかく就いた仕事を離れなければならなくなったら——?今回の記事の主役は、ご家庭の都合で早期離職をしなければならず、正社員に復帰するタイミングでBOXをご利用いただいた相澤 秀哉さんです。 初めての転職・上京から1年足らずで地元へ戻り、転職

スキ
68

走ることでその土地を知る。旅好きの社員が語る「忘れられない旅」

「忘れられない旅は?」と聞かれたら、どんな思い出が浮かびますか? そこでしか見られない美しい景色、おいしいご飯、お世話になった人の顔など、世界は広く、思い出もさまざまです。 旅好きが集まるJTBグループ社員が「忘れられない旅」のエピソードを語る、本企画。第1回目に登場するのは、パートナーエンゲージメント推進部の菅井 泰良。 高校時代から陸上をつづけてきた菅井は「世界100都市でマラソンを走る」という目標を掲げ、ポートランド、マニラ、ホノルル、大阪、京都など、国内外さ

スキ
72

今後開催するnoteライブ/イベント一覧

これから開催するnoteライブのお知らせをまとめているマガジンです。

くわしく見る
  • 3本

【6/6(木)19:30】織守きょうやさん×背筋さん×梨さん「わたしのホラー小説の書き方」#創作大賞イベント

6月6日(木)19:30から、ホラー作家3名にそれぞれの「ホラー小説の書き方」をお話いただくトークイベントを開催します。ゲストは、織守きょうやさん(『記憶屋』『彼女はそこにいる』)、背筋さん(『近畿地方のある場所について』)、梨さん(『かわいそ笑』『6』)の3名です。 ▼こんなひとにおすすめ 開催中のコンテスト「創作大賞2024」に応募したいと思っている方 ホラー小説の書き方を学びたい方、はじめて書こうと思っている方 ホラー小説を読むのが好きな方 一口に「ホラー」と

スキ
65

採用とブランディングを両立するオウンドメディアのポイントをパナソニックコネクトの鈴木恭平さんに伺います。

5月開催の「実践企業に学ぶ オウンドメディア成功の秘訣」では、パナソニックコネクトのオウンドメディア「gemba」を担当されている鈴木恭平さんをゲストにお迎えしてオンラインイベントを開催します。 【こんな方におすすめ】 ・企業のSNS公式アカウントやオウンドメディア担当者の方々 ・採用担当、広報・PR、マーケティング、宣伝広告担当の方々 開催背景 こちらの「実践企業に学ぶ オウンドメディア成功の秘訣」は、企業がオウンドメディアをどういう目的で立ち上げ、どのように運営をつ

スキ
40

【アーカイブ公開中】「からかい上手の高木さん」「愛がなんだ」「街の上で」 今泉力哉監督、映画の作りかた教えてください!

様々なクリエイターをお招きし、制作の裏側をお聞きするイベント。 今回は「からかい上手の高木さん」「愛がなんだ」「街の上で」などの映画を手がけた今泉力哉さんをお招きし、映画制作の裏側について深堀します。 魅力的なシナリオやキャラクターの作り方も分かる必見のイベントです。 こちらのイベントはオンラインだけでなく現地参加者も募集して行います! ▼配信はこちらからご覧いただけます ▼こんな方におすすめ ・映画をもっと深く楽しみたい ・映像業界で活躍したいクリエイター ・物語づくり

スキ
102

noteイベントレポート

noteで開催するイベントのレポート記事をまとめています。

くわしく見る
  • 160本

小説の書き方って?『異世界居酒屋「のぶ」』蝉川夏哉さんに学ぶ小説のキホン

創作大賞2024に参加したい。小説を出したいけど、書き方がわからない。そんな方々に向けて、noteでは代表作『異世界居酒屋「のぶ」』の小説家・蝉川夏哉さんに、小説の書き方の基礎的なノウハウを教えていただく講座を開催しました。 蝉川夏哉さんは小説投稿サイトからデビュー。『異世界居酒屋「のぶ」』が第2回「なろうコン大賞」(現・ネット小説大賞)を受賞しました。同作はその後マンガ化、アニメ化、実写ドラマ化など、さまざまなメディアミックスが行われる大ヒット作品となっています。 本記

スキ
130

企業のSNSマーケティングとは?「成果につなげる7つの鉄則」

デジタルメディアの発展により、企業のマーケティング戦略は大きな変革をもたらしています。この変化に対応するため、従来のコミュニケーション手法を見直す必要に迫られている方々も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、株式会社GiftXの創業者で書籍『SNSマーケティング7つの鉄則』を上梓された飯髙悠太さんをお迎えし、企業がどのようにnoteやSNSをマーケティングに利用すべきか、現代の情報発信戦略について掘り下げました。 ※本記事は2023年12月12日に開催された「note

スキ
39

いま、文芸同人誌をつくるメリットは?文学フリマに出す意義から同人誌制作の裏話まで!

近年、Web上で自身の作品を公開することが一般的になり、「文芸同人誌」の盛り上がりも加速しています。noteでもクリエイター自身が制作した同人誌を、有料で販売する動きが増加。このような流れを受けて、先日noteでは同人誌制作の魅力に迫るトークイベントを開催しました。 登壇したのは、人気マンガ『高度に発達した医学は魔法と区別がつかない』の原作など多数の著作を手がけつつ、文芸同人誌サークル「作家軽飯」の代表も務める津田彷徨さん、オリジナルアニメ『K』や『AYAKA ‐あやか‐』

スキ
77

企業価値を高めるために必要な「人的資本経営」の情報開示

noteやTwitterを、企業はどのように組み合わせて活用していくべきかを考えるイベント「noteとTwitterでつくる新しい企業コミュニケーション」。今回はUnipos代表取締役社長の田中弦さんをゲストにお迎えし、「人的資本経営の情報開示」というテーマでお話しいただきました。 ※この記事では、「X」の表記をシリーズタイトルにあわせて「Twitter」とします。 人的資本経営とはなにか ── いま日本の企業がすべきは“土台の再構築”──まずは“人的資本経営”という言葉

スキ
46

note pro機能カイゼンまとめ

note・note proでは、クリエイターのみなさまの声をもとに、日々機能のカイゼンを積み重ねています。そんなカイゼン内容のご紹介記事をまとめました。

くわしく見る
  • 30本

キュレーションサービス「グノシー」に貴社noteが表示されるように!読者がさらに増えやすく[note pro 新機能紹介]

※本機能はnote pro契約者のみ利用いただけます。 note proをご利用のみなさまの記事が「グノシー」内にも表示され、note外でもより多くの読者の目に触れるようになります! 先日開始した、キュレーションメディア「antenna」との連携につづき、新しく「グノシー」も加わり、みなさまの記事がよりいっそう世の中に広まっていきます。 「グノシー」とは? グノシーは情報キュレーションサービスです。ネット上に存在する様々な情報を独自のアルゴリズムで収集し、評価付けを行い

スキ
19

読了率・スキの日々の変動を一目で把握しやすく!アナリティクスβの使いやすさ向上[note pro 機能カイゼン]

※本機能はnote proの機能です。 みなさまからのご要望やユースケースから、note pro専用の分析機能「アナリティクスβ」をカイゼンしました。 記事の効果を振り返り、より効果的なコンテンツ作りにお役立てください。 ■カイゼンのポイント「読了率」のグラフで、日毎の変化がわかりやすくなりました 「スキ」のグラフで、日毎の変化がわかりやすくなりました ダッシュボードでの「スキ率」の表示を廃止しました 1. 「読了率」のグラフで、日毎の変化がわかりやすくなりました

スキ
10

キュレーションメディア「antenna」に貴社noteが表示。読者がさらに増えやすく[note pro 新機能紹介]

※本機能はnote proご契約者のみご利用いただけます。 note proをご利用のみなさまの記事が「antenna」内にも表示され、note外でもより多くの読者の目に触れるようになります! 「antenna」とは?日本初のキュレーションマガジンとして2012年にローンチしたオウンドメディア。400以上の提携メディアから毎日配信される魅力的なコンテンツをユーザーへ届けています。 ■ 期待できる効果みなさまのnote記事が、note外でもより多くの人の目にとまり、読んで

スキ
17

【note pro機能アップデートまとめ】noteとの違いもここでチェック!2023年に新登場した機能・改善をご紹介

2023年もnote proをご活用いただき、ありがとうございました。 note proは今年、オウンドメディアの成長を全面的にバックアップすることを目的に、ブランディングからマーケティング、効果測定まで、ビジネスを加速する新機能と機能改善に力を入れました。この記事では今年リリースしたnote pro独自の機能をまとめています。それでは、今年note proが提供した機能を見ていきましょう。 1.ブランディング・集客を強化する機能自社サイトモード(β)機能(新機能) no

スキ
33