note pro公式 | 法人事例や活用ヒントを学べるサイト

「note pro」の契約者に向けて、note proカスタマーサクセスチームが、運用のヒント・参考事例など、noteで「もっと伝えたい」を叶えるための学びをお届けします。利用ご検討の方はこちら → https://pro.lp-note.com/

自治体のnote proまとめ

noteの「地方公共団体支援プログラム」を利用中の自治体の、自己紹介記事まとめです。noteは、自治体が地域の課題解決や魅力発信に使えるようnote proを無償提供し、継続的に運用のサポートをしています。

すべて見る
  • 71本

阿賀野市のいいところお届けします!

皆さん、初めまして。 突然ですが、阿賀野市ってご存じですか!? 阿賀野市は新潟県の新潟駅から車で約30分程度の場所に位置する自然豊かな街です。 住みやすくてとてもいい街なのですが、「阿賀野市なんて初めて聞いたし…」って方や、「何があるのか知らない…」なんて方も多いはず。 任せてください! そんな皆さんが行ってみたい!住んでみたい!と思えるように、私たち地域おこし協力隊が「住みたくなるあがの」で魅力あふれる阿賀野市の情報をたくさん紹介していきます! 阿賀野市って? no

スキ
13

このまちが好きになる 幸手市です

日本で唯一「幸」がつく市、埼玉県幸手市(さってし)です。 このたび、公式note「このまちが好き幸手市」を始めます。 幸手市は豊かな自然と宿場町としての歴史が残るまち。 権現堂桜堤は、関東有数の桜の名所として有名です。 米どころとしても有名で、かつては日本一美味しいお米とされた「白目米」発祥の地とされています。 現在もおいしいお米が作られ、市内小中学校の給食で作られたり、ふるさと納税の返礼品にもなっています。 (幸手市へのふるさと納税はこちらからお願いします。) 多

スキ
8

只見町【移住定住】公式note始めました!

はじめまして。只見町移住コーディネーターの藤沼です。 このたび只見町移住定住公式note始めました! このnoteでは、移住を考えている方、只見町に関心のある方、雪国での田舎暮らしに興味のある方々に向けて... 「自然首都・只見」の魅力 雪国での生活 移住支援情報 町のイベント情報 などをメインに発信していきます。どうぞよろしくお願いします! 只見町とは 只見町は福島県の西端、新潟県との県境にある人口約4,000人の自然に囲まれたのどかな町です。 国内屈指の豪雪地

スキ
28

上田市公式noteについて

はじめまして!長野県上田市の公式noteです。 人口約16万人が住むコンパクトな地方都市「上田」。 住みやすく都心とのアクセスも便利な上田市は、ビジネスの立ち上げやリモートワークに適した街です。 上田市創業支援プラットフォームでは、2016年から女性を対象とした創業支援事業を実施、セミナーやスクール、座談会といったイベントを毎年開催して女性による起業を応援しています(2016年度から2021年度までの参加者は合計580名)。 また、自然環境に恵まれたコワーキングスペー

スキ
13

note pro イベント情報

法人向けnoteイベントの告知や、レポートをここでまとめます。

すべて見る
  • 79本

【6/8(水)14時】〈note pro活用企業が語る〉受注を後押しする!認知と信頼を獲得する発信のコツ

2019年からnoteを運用開始したアプリ開発プラットフォームを提供する株式会社ヤプリ。社内の広報、マーケティング、セールス、カスタマーサクセス、開発など、多くの部署を上手に巻き込みながら、会社の魅力や成長を効果的に発信されています。 現在では話題のCMなどで知られる同社ですが、当初は認知が低く自社発信の重要性を強く感じていたそうです。セミナーでは、これまでの発信の体制構築ステップやコンテンツの作り方、得られた効果について伺います。ゲストに直接ご質問もできますので、発信場所

スキ
17

【アーカイブ公開】〈note pro活用企業が語る〉SNSフォロワーを増やした、ファンと繋がる発信のコツ

本セミナーは終了いたしました。アーカイブ動画を限定公開しております。下記「アーカイブを視聴する」よりダウンロード後、すぐに動画をご視聴いただけます。 以下、開催前の告知情報を掲載しております。 ----------------------------------------------------------------------------- 長く愛され続けるプロダクトだからこそ、常に新規ファンも育てていかなければならない状況のなかで、なぜnoteを導入したのか。 B

スキ
33

「心を動かす法人note」を、note proカスタマーサクセスメンバーが愛をこめてご紹介!大盛況のラジオイベントレポート

noteでは、note pro3周年を記念して、4月23日、特別イベントを開催しました。題して、「心を動かす法人noteのつくり方・明日から活かせる厳選12記事を徹底解説」ーーnote proを使う法人を対象としたオンラインミーティングで、107人の方が参加した賑やかな会となりました。 最近のnoteの中でも、法人が発信したコンテンツに絞り、特に読者に好まれた記事の魅力を深掘りして紹介する趣向です。日々、法人クリエイターさんの記事を読み漁っているnote proカスタマーサ

スキ
33

不器用でもいいから、「直接話法」で貪欲に伝えるーー宮坂副知事とnote担当西田さんが語るこれからの都政の広報

世の中のデジタル化が加速するなか、どのように情報発信をしていくか、発信において何をKPIと設定すべきかが重要な課題になっています。 noteでは、東京都の宮坂 学副知事、東京都デジタルサービス局の西田 純さんをお招きしてオンラインイベントを開催しました。東京都は現在、東京都庁のアカウントに加え、部署ごとにいくつかのnoteアカウントを運用しています。今回はそのなかの1つ、「#シン・トセイ 都政の構造改革推進チーム」のお話を中心に、東京都がnoteをつかって情報発信をしていく

スキ
65

note pro自己紹介記事まとめ

noteでは、読者へ運営方針を表明するのがコツです。このマガジンでは、note proを利用するクリエイターの、自己紹介記事をまとめました。

すべて見る
  • 507本

カムスタ! Come to Startups! - スタートアップのリアルを伝えるメディア - はじめます

はじめまして。 サイバーエージェント・キャピタル(以下CAC)です。 CACは、サイバーエージェント・グループの投資育成部門であり、アーリーステージのスタートアップに投資をするベンチャーキャピタルです。 投資先スタートアップを7カ国9拠点のグローバルネットワークとハンズオンでサポートしています。 このたび、「カムスタ! Come to Startups! - スタートアップのリアルを伝えるメディア -」をはじめました。 このメディアをはじめるにあたり、 カムスタ!とはな

スキ
24

わたしたちリックソフトって、こんな会社。

2022年に3月にリックソフトnoteが再始動しました。改めて、わたしたちリックソフトの自己紹介と、noteで発信する理由をお伝えします。 ざっくりとした会社の成り立ちリックソフトは、システムエンジニアの個人事業主として働いていた大貫さんが、事業を法人化した会社です。大貫さんが海外で人気のある無料ソフトを日本語に翻訳するボランティアをしていた際、アトラシアン社のサービス(Jira, Confluence)に出会いました。「これ、めっちゃ使いやすいな」「これ、日本にも広めたら

スキ
13

日吉ヶ丘高校note、「発刊」します!

はじめまして。京都市立日吉ヶ丘高校です。このnoteでは本校の探究活動を生かした進路指導の取り組みについて生徒・教員・学生ボランティアが発信し、「探究×キャリア」をテーマに進路指導の新しい価値を提案します。 進路に関する取組の評価を量的評価だけに頼るのではなく、社会・大学・教育に関心のある人たちから広く質的に評価される場にしていきたいと考えています。 また、学校のホームページでは発信しにくい、学校に関わる様々な人の声を「一人称」で発信できる場にもしていきたいと考えています。

スキ
20

初めまして、HSPサステナワークプログラム「そういう個と。」です。

初めましての皆さん、 こんにちは、HSPサステナワークプログラム「そういう個と。」編集チームです。 私たちは2022年6月より、働き方を模索するHSP(Highly Sensitive Person)の方を対象に、HSPサステナワークプログラム「そういう個と。」をお届けしていくことにいたしました。 この投稿では、プログラム開始の前に、開発の背景や私たちの想いをお伝えしていきたいと思います。 HSPの方はもちろん、HSPへ関心のある方、働き方にモヤモヤを感じている方は、

スキ
83

学校のnote proまとめ

noteの「学校支援プログラム」を利用中の学校の自己紹介記事やおすすめ記事のまとめです。noteは、学校の魅力発信や生徒の探究学習に活用できるようnote proを無償提供し、継続的に運用のサポートをしています。

すべて見る
  • 21本

日吉ヶ丘高校note、「発刊」します!

はじめまして。京都市立日吉ヶ丘高校です。このnoteでは本校の探究活動を生かした進路指導の取り組みについて生徒・教員・学生ボランティアが発信し、「探究×キャリア」をテーマに進路指導の新しい価値を提案します。 進路に関する取組の評価を量的評価だけに頼るのではなく、社会・大学・教育に関心のある人たちから広く質的に評価される場にしていきたいと考えています。 また、学校のホームページでは発信しにくい、学校に関わる様々な人の声を「一人称」で発信できる場にもしていきたいと考えています。

スキ
20

はじめまして。立教新座中学校・高等学校です。

はじめまして。立教新座中学校・高等学校です。 このたび、受験生やその保護者のみなさまへ、わたしたち立教新座中学校・高等学校が取り組んでいることや生徒たちのことをお伝えしていく場として、note公式アカウントを開設しました。 まずは、4つのキーワードをもとに立教新座をご紹介したいと思います。 「自由と自律」の学び舎―「真理を探究する力」を育てる 立教新座中学校・高等学校は、「キリスト教に基づく人間教育」を建学の精神に据える立教学院に属する、立教大学の付属校です(立教では一

スキ
28

岡山後楽館高校を紹介します

本校は、平成11年岡山市に、公立高校としては全国初の併設型中高一貫教育校として開校しました。旧中国四国農政局庁舎を暫定校舎とし、平成24年に移転し、現在に至ります。(旧岡山市立南方小学校があった場所です。ちなみに、旧校舎は現在RSKイノベイティブ・メディアセンターとなっています。) 単位制総合学科の本校では、令和4年度の入学生から、5つの系列(人文・理数、国際・文化、生活・福祉、ビジネス・情報、建築・デザイン)から選択し、進路実現に向けて学習します。 これから、この no

スキ
29

はじめまして「まなび創造コース」です

はじめまして。高知県に位置する土佐塾中学・高等学校に設置されている「まなび創造コース」です。いわゆる『STEAM教育』に振り切ったことをやろうという思いでスタートさせたのが『まなび創造コース』です。2021年の4月から、24名の中学1年生が属しています。 教科を学ぶのではなく、活動の中から教科の概念を学ぶことで、身の回りに学ぶ対象が存在することを理解できる環境を模索しながら、生徒たちの成長を見守っています。 1学期はアイスをテーマに、アイスのルーツを学んだり、成分のことか

スキ
55

note pro運営がすてきと感じた法人noteまとめ

note pro運営チームが読んで、note proを利用するみなさんにもぜひおすすめしたいと思った、すてきな法人noteを集めたマガジンです。自社ならではの独自性をもちながら、読み手の共感や感動を呼ぶnoteが集まっているので、ぜひ自アカウントでのコンテンツ作成のヒントにご活用ください。

すべて見る
  • 173本

働くうえで「お金」と「やりがい」どっちが大事?

こんにちは! みんなの銀行エンプロイーサクセスグループの三浦です。みんなの銀行及び、そのバンキングシステムを開発するゼロバンク・デザインファクトリーで、人事領域を担当しています。今回は学生の皆さんによるディベートセッション『みんなで徹底討論!働くうえで「お金」と「やりがい」どっちが大事?』 の模様をレポートしていきます。 ※本noteは、3月に開催したオンラインイベント「#お金のこと話してみよう みんなの銀行の日」から、学生の皆さんによるディベートセッションの模様を一部抜粋

スキ
24

社内アンケートで総決戦!2021年度 ビザスクエア人気記事ランキング!

こんにちは。3期編集部の志村です! 2021年度もビザスクエアをたくさん読んでくださりありがとうございました!そして、多くのビザスク社員が「広める努力は全員で」を体現した結果、多くの社外の方へも記事が届いたこと、大変嬉しく思います。 今回の記事では、2021/04~2022/03で2回にわたってご協力いただいた社内アンケートを元に1年間のビザスクエアを振り返っていこうと思います! 社内アンケートから見るビザスクエア 社員数が毎月増えているビザスクは、現状200名近くの社

スキ
36

コレはあなたの町にいくつ残っていますか?

こんにちは。 地域おこし協力隊のヤマグチです。 丸型ポストや丸ポストなどと呼ばれるコレ。 正式名称は「郵便差出箱1号(丸型)」と呼ぶそうです。 以前旅館の社長さんから「丸ポストを撤去しちゃうっていうからうちに置いてもらったんだよ」とお話を伺ったことがありました。 「次のnoteネタは何にしようかなー」と考えていた時に思い出したこのお話。 「もしかして丸ポストって結構人気なのでは?」 そう思ってしまったら見過ごす手はありません。 田上町の丸ポストを巡り、無事制覇したこと

スキ
69

“常識”をアップデートする。広告クリエイターだから、できること。

突然ですが、わたしはXジェンダーです。「え!会社のnoteでカミングアウト!?」とか、「そもそもXジェンダーってなに?」という声が聞こえてくるような気がします。(あとでちゃんとご説明します!)今でこそ男性・女性以外の性別の存在が広く知れわたっていますが、わたしが学生の頃はまだそんな世の中ではなく、また、わたし自身そういったことへの知識もほとんどありませんでした。ずっと生きづらさを感じながら生きてきたわたしが、どうして広告クリエイターになることにしたのか、そして、広告だからこそ

スキ
275