note pro公式 | 法人事例や活用ヒントを学べるサイト

「note pro」の契約者に向けて、note proカスタマーサクセスチームが、運用のヒント・参考事例など、noteで「もっと伝えたい」を叶えるための学びをお届けします。利用ご検討の方はこちら → https://pro.lp-note.com/

note pro公式 | 法人事例や活用ヒントを学べるサイト

「note pro」の契約者に向けて、note proカスタマーサクセスチームが、運用のヒント・参考事例など、noteで「もっと伝えたい」を叶えるための学びをお届けします。利用ご検討の方はこちら → https://pro.lp-note.com/

リンク

マガジン

  • 自治体のnote proまとめ

    • 86本

    noteの「地方公共団体支援プログラム」を利用中の自治体の、自己紹介記事まとめです。noteは、自治体が地域の課題解決や魅力発信に使えるようnote proを無償提供し、継続的に運用のサポートをしています。

  • note pro自己紹介記事まとめ

    • 606本

    noteでは、読者へ運営方針を表明するのがコツです。このマガジンでは、note proを利用するクリエイターの、自己紹介記事をまとめました。

  • note pro運営がすてきと感じた法人noteまとめ

    • 277本

    note pro運営チームが読んで、note proを利用するみなさんにもぜひおすすめしたいと思った、すてきな法人noteを集めたマガジンです。自社ならではの独自性をもちながら、読み手の共感や感動を呼ぶnoteが集まっているので、ぜひ自アカウントでのコンテンツ作成のヒントにご活用ください。

  • note pro イベント情報

    • 94本

    法人向けnoteイベントの告知や、レポートをここでまとめます。

  • note proの新しい仲間

    • 29本

    このマガジンでは、note proを新しく始めた仲間をご紹介しています。(自己紹介記事を、新しく書いてくださったアカウントを目視でピックさせていただいています。「わたしまだ紹介されていない…」という方は、自己紹介記事とともに、note proカスタマーサクセスにご一報いただけたらうれしいです!)

自治体のnote proまとめ

noteの「地方公共団体支援プログラム」を利用中の自治体の、自己紹介記事まとめです。noteは、自治体が地域の課題解決や魅力発信に使えるようnote proを無償提供し、継続的に運用のサポートをしています。

すべて見る
  • 86本

はじめまして。小松市です。

はじめまして。石川県小松市の広報秘書課です。 小松市公式noteをご覧いただき、ありがとうございます! なぜnoteを始めたのか。それは、 「私たちのまち、小松を知ってほしい!」 そしてできれば「ファンになってもらいたい!」から。 このnoteでは、市民のみなさんと一緒に、私たちのまち〈こまつ〉についてについてどんどんお伝えしていきます。地元ならではのディープな話題もたっぷり(の予定!)。小松が地元の人も、地元じゃない人も、みなさんが楽しめるページを作っていきたいと思って

スキ
18

はじめまして、こんにちは。新城市です。「新城らしいつながり」創ります!

ごあいさつ はじめまして、こんにちは。愛知県東部にある新城市です。「新城らしいつながり」を作るためnoteを始めました! 読み進めるうちに観光でも就職でも移住でも新城市とつながりたいと思ってしまう記事をお届けしていきます。  このnoteでは、すでに新城市をご存じの方にも「新城市?初耳」という方にも、その魅力を知ってもらいたいと思っています。 これから以下のような情報をお届けしていきます。 映え写真スポット わくわくのイベント情報 美味しいグルメ 行くと楽しい施設

スキ
17

こんにちは!東京都日野市です!

noteはじめます!はじめまして!東京都日野市の職員Mと申します。 このnoteは、日野市で自分のため、誰かのため、まちのために何かしようとするヒトの想いやストーリーを紹介するべく開設しました。 あなたが日野市noteを読んで、少し元気が出たり、一歩を踏み出すきっかけになりますように。 日野市ってどんなところ?Q.日野市ってどこにあるの? A.日野市は東京都のど真ん中に位置するまちです。 断じて「立川と八王子の間のまち」なんて言ってはいけませんよ…! 気づいた方もいるかもし

スキ
209

水戸市がnoteで伝えたいこと。

はじめに noteをお楽しみのみなさま、はじめまして! 茨城県の水戸市(みとし)です! この記事では、 水戸市が「どんなところ」で 「誰が」書いていて、 「何を」伝えたいか をさらっとお話しします。 頑張って作った記事なので、 よかったら最後までお付き合いください。 頑張って作った記事なので。 水戸市ってどんなところ? それではさっそく自己紹介にいきましょう! そもそもみなさまは水戸市をご存知でしたか? 有名どころで言えば、 「納豆」「水戸黄門」「偕楽園」「水戸ホー

スキ
39

note pro自己紹介記事まとめ

noteでは、読者へ運営方針を表明するのがコツです。このマガジンでは、note proを利用するクリエイターの、自己紹介記事をまとめました。

すべて見る
  • 606本

オプトインキュベート公式note ご挨拶

はじめまして。株式会社オプトインキュベート代表取締役の齋藤正輝と申します。 このたび、オプトインキュベートの公式noteを立ち上げました。   はじめに、オプトインキュベートがどんな会社なのか、このnoteでどんなことを発信しようとしているのかを紹介します。 新規事業創出に熱狂を ~誰もが挑戦でき、熱狂できる世界を創る~企業内の新規事業立ち上げに特化したコンサルティングやプロダクト開発、伴走支援を行っているのが私たちオプトインキュベートです。 これまで自社で複数の新規WE

スキ
24

はじめましてニッセイアセットマネジメントです。noteはじめました。

はじめまして。ニッセイアセットマネジメント公式noteチームです。本日よりnoteを始めました。 私たちニッセイアセットマネジメントは、 日本生命グループの資産運用会社です。 ■当社スローガンについて初回の投稿となる今回は、当社のスローガンである「A Good Investment for the Future」についてお話します。 まず、このスローガンの「Good Investment」には、『環境や社会に良い投資』、『パフォーマンスの良い投資』、『従業員にとって良い

スキ
32

〈DESIGN SPECTACLES〉です。はじめまして!

こんにちは。〈DESIGN SPECTACLES〉編集部です。 このメディアに、たどり着いてくださったみなさん、ありがとうございます! みなさんと社会課題を「もっとやさしく」捉えなおす場として、 このたび、富士通のデザイン組織「富士通デザインセンター」の公式メディア〈DESIGN SPECTACLES〉を立ち上げました。 第1号の記事は、はじめのご挨拶として、なぜ、私たちがこのメディアをスタートさせたのか、その背景をお伝えしたいと思います。 なぜ、富士通デザインセンター

スキ
45

僕らはまだ、始まったばかり【Our Voice Vol.1 裙本 理人】

セルソース、公式noteアカウントを開設しました! このnoteのテーマは「リアルのセルソースをお伝えすること」。 創業して7年が経ちましたが、メインのビジネスモデルがto B(加工受託)であることもあり、中々皆様に我々のことをお伝えすることが出来ておりませんでした。 再生医療という分野がまたハードルを上げるのか、先日もお越しいただいたお客様が「会社のイメージと、社員の皆さんの雰囲気が全然違いました」と驚かれる始末💦 「そんなことではいけない、もっと我々のありのままを知

スキ
29

note pro運営がすてきと感じた法人noteまとめ

note pro運営チームが読んで、note proを利用するみなさんにもぜひおすすめしたいと思った、すてきな法人noteを集めたマガジンです。自社ならではの独自性をもちながら、読み手の共感や感動を呼ぶnoteが集まっているので、ぜひ自アカウントでのコンテンツ作成のヒントにご活用ください。

すべて見る
  • 277本

今私たちはビザスクのこんなところで活躍してます!PF事業部を卒業した4人のキャリアパス紹介

今回は、ビザスクで働いていたら社内でどんなキャリアパスを描けるのかをお伝えする記事です。特に、プロフェッショナルファーム(コンサルティング会社や金融機関)と知見を持つアドバイザーをマッチングしているPF事業部で活躍したメンバーは、その後どんな部署に異動し、どんなポジションで活躍しているのかに焦点を絞ってお届けします! PF事業部を卒業し、現在は営業、HR、PdM、海外駐在まで多種多様な異動先で働く年次の異なる4名の社員へインタビューを実施しました。各部署でどんなスキルが身に

スキ
67

公式note開設1年。PV等の数字を全公開!

10月末でLAPRAS BACKBONEを立ち上げて1年が過ぎました。ちょうど節目ということもあるので、この1年を編集部で振り返ってみました。 その振り返りの内容は、愛読者の方や他企業でnote運用をされる方にも役立つのではないかと思いこの記事を書こうと決めました。採用広報などでnoteを活用する企業も増えている中で、私たちのようなニッチな領域のスタートアップが1年間どのようにnoteを運用してきたのか、どんな結果だったのかを赤裸々に共有させていただきます。 (※この記事最

スキ
38

カミナシが抱える100問 「採用ウィッシュリスト」を公開しました!

こんにちは、カミナシでPMM兼採用担当をしている河内です。 最近ありがたいことにプロダクトを正式ローンチしたり、代表が出したnoteを多くの人に読んでいただいたりと、少しずつですが「カミナシのことを知ってます」という方にお会いする機会が増えてきました。 その中で痛切に感じたこと。 それは、僕たちのように10名しかいない無名なスタートアップにとって「会社・事業の説明コストを下げること」というのは、成長スピードを10倍にも20倍にも加速させる価値があるということです。 採用

スキ
115

首都直下地震の新たな被害想定 おさえておきたい3つのポイントを解説

今年、東京都の首都直下地震等による被害想定 が10年ぶりに更新されました。私たちはこの発表をどのように捉え、何をすべきなのでしょうか。 9月は防災月間ですので、防災・減災の研究が専門の久田嘉章教授にお話を伺いました。久田教授は、今回の被害想定を策定するにあたって東京都防災会議地震部会の専門委員を務めました。 新しい被害想定の概要都心南部直下地震(M7.3)が発生した場合、都内の被害は、死者6,148人、負傷者は9万3,435人、揺れや火災による建物被害は19万4,431棟、

スキ
8

note pro イベント情報

法人向けnoteイベントの告知や、レポートをここでまとめます。

すべて見る
  • 94本

ヒット連発編集者の佐渡島さんに「noteとTwitterを楽しく続けるコツ」をお聞きするイベントを開催します。 #noteとTwitter

2022年11月29日(火)17時から、「noteとTwitterでつくる新しい企業コミュニケーション 実践編」の第6弾として、株式会社コルクの佐渡島さんをゲストにお迎えしてオンラインイベントを開催します。 開催背景 定期的に開催させて頂いている「noteとTwitterでつくる新しい企業コミュニケーション」の基本編イベントでは、企業がnoteやTwitterを組み合わせて活用する際の基本的な考え方やテクニックを共有させて頂いています。 こちらの実践編は、実際にnote

スキ
55

これからの広報やPRに求められる新しい役割をテーマに、等身大の企業広報を開催します。【11/22(火) 19時開催】

11月22日(火)19時から、「これからの広報やPRに求められる新しい役割」をテーマに、メルカリの矢嶋さんとメドレーの今井さんにお話し頂きます。 ▽本日のイベントはこちらで配信します ネットやSNSが普及した現在において、広報やPRの役割は大きく変わっていると言われています。 ただ、自分達の会社で、どのような体制や役割分担で広報やPRに取り組むべきなのか、悩んでいる方が多いようです。 多くのスタートアップや中小企業では一人で広報やPRを担当しているケースは珍しくありませ

スキ
59

【アーカイブ公開】〈note pro活用企業が語る〉ファンエンゲージメントを高める発信のはじめ方・つづけ方〜「伝わりにくい部分」を上手に届ける!〜

本セミナーは終了いたしました。アーカイブ動画を限定公開しております。下記「アーカイブを視聴する」よりダウンロード後、すぐに動画をご視聴いただけます。 以下、開催前の告知情報を掲載しております。 ----------------------------------------------------------------------------- YouTuber・インフルエンサービジネスのリーディングカンパニーであるUUUMさんでは、BtoCブランディングと、BtoBブ

スキ
12

【アーカイブ公開中】オウンドメディアの「現在地」と「未来」を考える、オウンドメディアカンファレンスを開催します

企業と顧客とのコミュニケーションがオンラインでも行われる現在、オウンドメディアは、顧客に企業のメッセージを届ける手段として、重要な選択肢のひとつです。 一方でオウンドメディアは、幾度もブームになり、時代とともに求められる形が変化したり、都度その必要性が問われてきました。日々新しいツールや手法が登場するなか、「オウンドメディア」の定義も今一度アップデートされるべきタイミングではないでしょうか。 そこで今回、企業の担当者や専門家の方々にご参加いただき、過去の課題、現在における

スキ
69

note proの新しい仲間

このマガジンでは、note proを新しく始めた仲間をご紹介しています。(自己紹介記事を、新しく書いてくださったアカウントを目視でピックさせていただいています。「わたしまだ紹介されていない…」という方は、自己紹介記事とともに、note proカスタマーサクセスにご一報いただけたらうれしいです!)

すべて見る
  • 29本

2022年10月に仲間に加わったnote proアカウントを紹介します

金木犀の香りに秋の訪れを感じていたと思ったら、あっという間に寒くなってきました。気がつけば今年も残りわずか。いまのうちに、今年やり残したことに手をつけてみては? さて先月も、たくさんの法人クリエイターが新たにnote proに加わりました。このnoteに、自己紹介記事を書いてくださった法人をセレクトして記載し、先月の記事で紹介しきれなかったアカウントも載せました。もしも過不足がありましたら、どうぞお知らせください。 気になる法人が見つかったらぜひフォローしてみてください。

スキ
23

2022年9月に仲間に加わったnote proアカウントを紹介します

涼やかな虫の声が聞こえる季節となりました。 秋はおいしい食べ物がいっぱい! さんまやかつお、栗、柿、かぼちゃなど、いまならではの秋の味覚を、ぜいたくにたのしみたいですね。 さて先月も、たくさんの法人クリエイターが新たにnote proに加わりました。このnoteに、自己紹介記事を書いてくださった法人をセレクトして記載し、先月の記事で紹介しきれなかったアカウントも載せました。もしも過不足がありましたら、どうぞお知らせください。 気になる法人が見つかったらぜひフォローしてみ

スキ
16

2022年8月に仲間に加わったnote proアカウントを紹介します

相変わらずの猛暑が続くなか、突然の大雨や台風の接近など気候が不安定な日も多くなってきました。みなさまどうぞ、ご自愛くださいますように!  さて先月も、たくさんの法人クリエイターが新たにnote proに加わりました。このnoteに、自己紹介記事を書いてくださった法人をセレクトして記載し、先月の記事で紹介しきれなかったアカウントも載せました。もしも過不足がありましたら、どうぞお知らせください。 気になる法人が見つかったらぜひフォローしてみてください。有意義な情報が得られたり

スキ
23

2022年7月に仲間に加わったnote proアカウントを紹介します

猛暑がつづく日々ですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。夏バテや熱中症には、くれぐれもご注意ください。 先月も、たくさんの法人クリエイターが新たにnote proに加わりました。このnoteでは、自己紹介記事を書いてくださった法人をセレクトして記載しています。先月の記事で紹介しきれなかったアカウントも載せました。もし、過不足ありましたらお知らせください。 気になる法人が見つかったらぜひフォローしてみてください。新しい情報が得られたり、交流が生まれたりするかもしれません!

スキ
18