マガジンのカバー画像

note pro運営がすてきと感じた法人noteまとめ

829
note pro運営チームが読んで、note proを利用するみなさんにもぜひおすすめしたいと思った、すてきな法人noteを集めたマガジンです。自社ならではの独自性をもちながら、…
運営しているクリエイター

記事一覧

クライアントとの共創で描く未来:中古EV市場の拡大と商機

みなさん、こんにちは。 イグニション・ポイントでインダストリーフォーカス ユニットをリードしている川島です。 先日、中古電気自動車(EV)市場におけるワークショップを日本カーソリューションズ株式会社と開催しました。 本記事では、実施したワークショップの簡単な概要と、当日に事前インプットとしてお話ししたEV市場の未来に関してご紹介します。中古EV市場における経営戦略や新たな事業展開にお悩みの方のヒントになれば幸いです。 事業検討のためのワークショップ通常2日間かかる内

ユニバーサル ミュージックが音楽業界のいろいろ答えます

ユニバーサル ミュージックの公式noteを開設して約2年が経ちました。今回はこれまでと趣向を変えてXで質問を募集してみました。 質問をお寄せいただいた皆さんありがとうございました!その中からいくつかの質問にこちらの記事で回答します。 ※個別のアーティストや商品、他社様の提供サービスについてなど、一部の質問には回答できませんでした。ご了承ください。 新卒採用や中途採用を問わず選考過程において学生時代の専攻などは特に重視していません。また、音楽の知識や経験が必須というわけでも

社員表彰受賞者が語る!ミークの事業を伸ばすマーケティングの醍醐味

こんにちは!ミーク広報です。 ミークのマーケティング部は、マーケティング課とインサイドセールス課の2つに分かれています。マーケティング課はリード(今後取引をしてくださるかもしれない企業様)をオフラインとオンラインを駆使して創出しており、インサイドセールス課は、マーケティング課が創出したリードにアクションを掛け商談の機会を作り、営業部の方たちにつなげる役割を果たしています。 今回は社員インタビュー第15弾ということで、展示会への出展やセールスフォースの管理運用などを主に担い、

蔵前で小さな書店をオープン。1年経って気づいた15のこと【振り返り最終回】

2023年4月、東京・蔵前にオープンした「透明書店」。本連載『お金まわり公開記』では、開店から丸1年間、売上や利益などを赤裸々にお伝えしてきました。連載ラストとなる今回は、これまでを振り返りつつ今後について考えていく総集編をお届けします。聞き手はライターの安岡晴香さん。透明書店の代表を務める岩見俊介がお話しします。 数字で振り返る透明書店の1年間――『お金まわり公開記』、ついに最終回です。さっそく実績を振り返りながら、岩見さんの気づきを紐解いていこうと思います。 岩見:

CaNdayコミュニティ2年間の歩み

2024年3月、日新火災情報システム株式会社(以下、NISK)にて2年間運営していた『CaNdayコミュニティ』の活動を終了しました。この記事では、CaNdayコミュニティでの2年間の歩みを振り返っていきます。 CaNdayコミュニティとは?2022年に立ち上げた『CaNdayコミュニティ』はNISK社員の半分、約100名が参加していたコミュニティです。より充実した記事作りやサステナブルについて興味関心を高めること、NISKの社員同士でコミュニケーションを取ってもらうことを

「ヘルシア」ブランドの想いを、キリンさんへつなぐ

7月31日を最後に、花王は茶カテキン飲料「ヘルシア」事業をキリンさんへ譲渡します。「ヘルシア」は、茶系トクホ飲料がこれほど普及していない2003年に誕生。現在までおよそ31億本出荷※しました。みなさんにご愛飲いただけたこと、感謝の気持ちでいっぱいです。  “事業譲渡”と聞くと、企業と企業とのビジネスの側面が強く感じられるかもしれません。ただ、私たち社員が、大事に育て、注いできた情熱は最後まで絶えることなく、キリンさんに引き継ぎたい。今そんな想いです。花王で最後のバトンを受け継

note proユーザー勉強会に参加したらめちゃくちゃ身になった

6月26日にnote proユーザー向けの勉強会が開催されました! note proを実際に運用している担当者が登壇し、 note proをどんな体制で運用しているの? KPIの設定はどうしているの? そういった様々なお悩みやnote活用方法について、 詳しく知ることのできるイベントです! イベントの概要 データコムからはnote運営チームの1員である、 ぐりーんさん(@nmwuv)がパネリストとして登壇し、 コメンテーターの株式会社マクロミルさんをはじめ、 パネリストと

電気興業の生みの親が時代の顔に!~渋沢栄一の功績を追って~

こんにちは!電気興業公式noteです。 新しい紙幣が改刷されましたが、もうお手にされましたか? 新千円札は「近代日本医学の父」と呼ばれている北里柴三郎と葛飾北斎が描いた『富嶽三十六景(神奈川沖浪裏)』 新五千円札は生涯を通じて、女性の地位向上と女子教育に尽力した教育家、津田梅子と藤の花。 そして、新一万円札は生涯において数多くの企業設立などにかかわり、“日本近代社会の創造者”と言われる渋沢栄一と東京駅丸の内駅舎。 今までの紙幣は20年もの間使われていたとのことで、新札

「普通」の大学生が「普通」を活かしてメディアの仕事をした話 【#これを語って入社しました 番外編】

採用面接でスキを語った社員の回顧録である、#これを語って入社しましたシリーズ。 ラブライブ、さだまさし、中日ドラゴンズ、特撮ヒーロー、ライブ等々、これまで数多くのエピソードをご紹介してきました。 そうはいっても、そこまで熱量高いスキはない!と悩んでいる就活生の方もいるのではないでしょうか。 そこで今回は、自身を「普通」の大学生だったと振り返る入社13年目社員・Yさんが、「普通」を活かしてメディアの仕事に取り組んだエピソードを番外編としてご紹介します。 #これを語って入社

西武ライオンズのサステナビリティ|スポーツチームとしての社会貢献~環境支援編~

こんにちは。 株式会社西武ライオンズ広報部です。 先日25日(火)にベルーナドームで開催した北海道日本ハムファイターズ戦では、環境について考えるきっかけづくりを目的とした「Lions GREEN UP!DAY(ライオンズ グリーンアップデー)」を開催しました。 ベルーナドームエリアにあるライオン像や西武鉄道101系車両の車体L-train101を緑色にライトアップしたほか、塁ベースやネクストバッターズサークル、大型ビジョンのメインカラーを緑色にするなど、ベルーナドーム一帯

ZOZOはなぜDevRelの専門組織を立ち上げたのか?スタッフが語る1年間の振り返り

ZOZOの技術ブランドを向上させる、DevRelブロックの発足──── ZOZOは2023年2月に、DevRelをおこなう専門の組織「DevRelブロック」を立ち上げました。どのような経緯があったのでしょうか。 堀江:以前から、技術広報そのものは実践していました。2017年にVASILYがZOZOのグループ会社となり、彼らがおこなっていた広報活動を引き継ぐ形で、テックブログを更新するなどの活動はしていたんです。 また、かつては、かなり尖った求人広告を出したこともありまし

SHIFTがはじめた採用広報・コンテンツ制作#1 連載スタート!「私たちはこうやった」全公開します!

はじめにこんにちは!SHIFT人事、採用開発グループの梅田です。SHIFTの採用コンテンツの企画・編集・ディレクションを担っています。 採用広報に関するノウハウ本を読んではみたものの、きれいにまとめられたフレームワークを知るだけではどうしようもない・・・そんな悩みを抱えている担当者の方は多いのではないでしょうか。 そこで今回は、採用広報の当事者として「私たちはこうやった」を全公開する連載をはじめます! 実際の制作過程やそこでの学びを共有しますので、一例として参考になさ

サントリーホール館長は、81歳現役の世界的チェリストです。

こんにちは、サントリーホールのトビラです。 サントリーホールの入口で、いつも両扉を広げて皆様をお迎えしている私トビラが、このホールにまつわるさまざまなエピソードをお伝えしていきます。 第1回は、われらが「館長」をご紹介したいと思います。 ♪ やさしさと、情熱と、あふれるエネルギーいつも静かな笑みをたたえた温厚な紳士。 「おはよう」「ありがとう」とスタッフ一人一人に丁寧に声をかける姿からは、包み込むようなやさしさがにじみ出ています。 ひとたび相棒のチェロを手にステージに上が

私たちの取り組みが「クローズアップ現代」で紹介されます!

こんにちは。三菱電機変革プロジェクトnote編集部です。 私たち変革プロジェクトの取り組みがNHK総合「クローズアップ現代」で紹介されることになりました! (2024年5月21日(火) 19:30~ 初回放送予定) 2024年5月21日 - クローズアップ現代 - NHK ※大きなニュースが発生した場合、放映が延期または中止となる可能性があります。 番組のテーマは「公益通報制度」の課題。 企業や組織の不正行為に関して、その組織に所属する従業員が声をあげやすくする仕組みづ