マガジンのカバー画像

note pro運営がすてきと感じた法人noteまとめ

196
note pro運営チームが読んで、note proを利用するみなさんにもぜひおすすめしたいと思った、すてきな法人noteを集めたマガジンです。自社ならではの独自性をもちながら、… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

車大好きなわたしが職場で電気自動車を導入しようとしてみたら

「あなたのところは、どんな環境対策をしているんですか?」 訪問先のお客様からこんな質問をされることが多くなってきました。 以前から、仕事先の企業で環境対策に取り組んでいる様子をたびたび目にしていたので、企業が環境対策に力を入れ始めていることは知っていました。 しかし、いざ自分の組織のことを聞かれると、なんて答えればいいのか分からない…。 質問を受けるたびに、明確に答えられない自分に恥ずかしさや後ろめたさを感じていました。 そんな環境に対する知識も経験もゼロだった私が一

スキ
58

自然経験こそ、最上の教育【前編】|この先10年で大事な人生観・仕事観

この記事は、2021年10月30日〜31日に開催された「森のようちえん全国交流フォーラムin奈良」にて、株式会社ヤマップCEOの春山慶彦が行った講演を記事化したものです。 本講演では、自然教育に携わる教育者の方々を前に、今という時代・社会の捉え方、これからの企業のあり方、私たちはどう生きるか、そして未来を担う子どもたちについてなどが語られました。クローズドなイベントだったにも関わらず、参加者から大きな反響が。より多くの方に届けるためにも、主催者に許可をいただいた上でnote

スキ
129

“何のために”より“どうやるか”の方が難しい「法人note」、続けた先の出会いとは。

こんにちは。東芝テックCVC note担当の上野です。 試行錯誤しながらもなんとか1年半継続してきた私たちの法人note。 今回は、note運営やコンテンツ企画・制作に注力する中で、つい忘れがちな“振り返り”をすることで、自分たちのこれからのnote運営に活かすとともに、法人note運営に携わろうとしている人や同じく日々取り組んでいる人たちへ情報共有できればと思っています。 お伝えしたい内容は主に2つです。 法人noteを継続して感じた3つのこと ぜひ読んでほしいおす

スキ
20

失敗したワークショップの話

こんにちは、「みんなのデザイン思考とアジャイル」をリコーで運営している武田です。 この記事を読んでいる方の中には、社内や社外でワークショップやイベントを企画し、ファシリテーションまで行い、試行錯誤しながらスキルを磨いている方もいれば、これからやっていきたいと思っている方もいると思います。 そんな方々にむけて、先日やってしまった私の失敗をシェアすることで、何らかのお役に立てばいいなと思っています。逆に言えば以下の点を注意すれば、円滑なワークショップやファシリテーションを実施す

スキ
81

より良い顧客体験創出のために、ホワイトペーパーをやめます

こんにちは。データフィード管理ツール「dfplus.io」のマネジャーをしている松下です。 いまやBtoBマーケティングにおいて、「ホワイトペーパー」は定番施策のひとつですよね。見込み顧客のリードを入手する手段として、多くの企業で実践されていることと思います。 ですが、dfplus.io ではホワイトペーパーをやめることにしました。この記事では、なぜわたしたちがホワイトペーパーをやめることにしたのか。その理由をお伝えできればと思います。 ホワイトペーパーはリード獲得に有効

スキ
48

インフレ特別手当を支給!急激なインフレに特急対応した舞台裏

2022年7月13日に「インフレ特別手当」についてのプレスリリースを公開しました。  このnote記事では、「インフレ特別手当」支給の背景と支給決定までの裏側をご紹介します。実際の社内メンバーの声や議論の様子も載せていますので、舞台裏を覗いている雰囲気を感じてもらえたらと思います! 1.なぜインフレ特別手当を支給する? インフレ特別手当を支給するコンセプトは、下記の通りです。 サイボウズメンバーが 急激なインフレによる生活の不安を軽減でき、業務に集中できること この

スキ
204

松江で非日常と癒しを感じるワーケーション!実際にやってみて気付いたワーケーションのコツとは?

「Workation NEXT」で3泊4日松江へワーケーションに行ってきた今回松江を訪れることになったのは、「Workation NEXT」をご紹介いただいたのがきっかけ。こちらはワーキングヘルスケアプログラムMATSUEコンソーシアムが主催し、ワークアット株式会社が企画・運営する、松江で行われる3泊4日のワーケーションプログラムで、ワーケーションを行うことで「いつもと違う空間で、普段出会わない人と関わり、地域の歴史文化に触れながら、地域とのコミュニケーションを通じて『自己認

スキ
30

70ページを5分で!超分かりやすい経産省「スタートアップファイナンスガイダンス」解説<シード~ミドル編>

「スタートアップ担当相」の新設に向けた動きが報じられるなど、岸田内閣が目玉の一つとして力を入れるスタートアップ振興策。今年4月、経済産業省は、スタートアップ、VC、投資銀行、研究者などへのヒアリングをベースに、「スタートアップの成長に向けたファイナンスに関するガイダンス」を取りまとめました。 スタートアップの経営層向けに、「ファイナンスの全体像やポイントを予め把握する」ことを目的としてまとめられた本ガイダンスでは、未上場時からIPO後まで各ステージでの論点を概観。スタートア

スキ
45

月の投稿記事数0本からnote公式セミナー登壇まで。デジプロ公式note2年間の記録

こんにちは!デジプロデイズ編集長の渡邊です。 デジタルプロダクト開発本部の公式note「デジプロデイズ」を始めて2年が経過しました。 読んでいただいている方、気にしていただいている方、また協力してもらっている社員の皆さんも、いつもありがとうございます! 今回は2年が経過したこともあり、今まで行ってきたこと・考えてきたこと、そしてこれからの展望について記載させていただきます。 「採用広報」を目的として運営を行い、まだまだできていないことも多くありますが、少しずつ、本当に

スキ
32

日本代表として世界に挑んだPRプランナーの「チャーミングな企画術」【 ヤングカンヌ2022|カンヌライオンズ 】

世界最大の広告・PRクリエイティビティの祭典「カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル」の、30歳以下を対象とした「ヤングライオンズ・コンペティション(以下、ヤングカンヌ)」。この国内PR部門で2021年秋、PRX Studio Qの佐藤佑紀・森光菜子ペアが最高賞となるGOLDを受賞しました。 日本代表となった2人は、2022年5月に28カ国・56人の代表が集う本選に臨み、海外の若手と戦いました。本記事では、「制限時間24時間」でアイデアを形にする、熱い本選の

スキ
181

ヨットの帆を生まれ変わらせてみたら—。 【Colmun- 潮気、のようなもの】

 朝、ひと仕事終えてから愛犬と散歩に出かけるのが筆者の日課だ。最近、その散歩用のバッグを変えた。犬のオモチャやペットボトルの水、おやつを入れるのに少し大きめだけれど、シンプルで頑丈なショルダーバッグで、それを襷《たすき》掛けにして出かけている。物の出し入れがしやすくて、身体にほどよい感じでフィットする。けっこうオシャレだと思っていて、とても気に入っている。不要になったヨットのセールを利用してバッグなどを作って販売している〈Re Sail Factory(リセイルファクトリー)

スキ
90

育休中のみんなへ。ここ1年間のフィードフォースの変化をお知らせします

2022年6月現在、5人の社員が育児休業取得中のフィードフォース。育休中のみなさんが、元気に・健やかに復帰することを楽しみにしています。 ただ、フィードフォースは事業・組織の変化が速く激しい会社なので、育休復帰後についていけるか不安という方もいると思います。 そこでこの記事では、育休中のパパ・ママたちが安心して復帰できるよう、ここ1年間(2021年6月~2022年6月)に起きた変化をまとめました。 ソーシャルPLUSが分社化し、「株式会社ソーシャルPLUS」へまず、ひとつ

スキ
54

ミーティング、資料作成、プレゼン等々...日々の業務に使える「デザイン・マインド」

こんにちは。「みんなのデザイン思考とアジャイル」notePRチームです! 私たちリコーは、デザイン思考やアジャイルに関する情報や資料を誰でも必要な時に使えるよう、社内ポータルで共有しています。今日はその中から、日常業務から実践できるデザイン思考についてご紹介したいと思います。 デザイン思考に重要な「デザイン・マインド」デザイン思考って普段の日常業務に使えるの?新しいプロジェクトの時に使うものじゃないの?私にはあまり関係ないのでは?と疑問に持たれている方もいるかもしれません。

スキ
176

おむすび🍙で「心」も「身体」も元気に

はじめまして☀ 海士町役場 地産地商課でお世話になっております、島体験生の木村 明日香(きむら あすか)です。 富山県で生まれ育ち、東京の大学に進学。 今年の4月から半年間大学を休学し、海士町で暮らしています。 元々「食」に興味があった私は、生産者から消費者の手元に届くまで、 全てをつなぐ「地産地商課」の役割の大きさに惹かれ、気がつけば、地産地商課のデスクに座っていました。 今回は、そんな私が全力を注ぐ「明日《あした》おむすび🍙プロジェクト」について、その経緯や想いをみ

スキ
64