note pro公式 | 法人事例や活用ヒントを学べるサイト

「note pro」の契約者に向けて、note proカスタマーサクセスチームが、運用のヒント・参考事例など、noteで「もっと伝えたい」を叶えるための学びをお届けします。利用ご検討の方はこちら → https://pro.lp-note.com/

note pro公式 | 法人事例や活用ヒントを学べるサイト

「note pro」の契約者に向けて、note proカスタマーサクセスチームが、運用のヒント・参考事例など、noteで「もっと伝えたい」を叶えるための学びをお届けします。利用ご検討の方はこちら → https://pro.lp-note.com/

リンク

マガジン

  • note pro運営がすてきと感じた法人noteまとめ

    • 379本

    note pro運営チームが読んで、note proを利用するみなさんにもぜひおすすめしたいと思った、すてきな法人noteを集めたマガジンです。自社ならではの独自性をもちながら、読み手の共感や感動を呼ぶnoteが集まっているので、ぜひ自アカウントでのコンテンツ作成のヒントにご活用ください。

  • note pro自己紹介記事まとめ

    • 627本

    noteでは、読者へ運営方針を表明するのがコツです。このマガジンでは、note proを利用するクリエイターの、自己紹介記事をまとめました。

  • 自治体のnote proまとめ

    • 88本

    noteの「地方公共団体支援プログラム」を利用中の自治体の、自己紹介記事まとめです。noteは、自治体が地域の課題解決や魅力発信に使えるようnote proを無償提供し、継続的に運用のサポートをしています。

  • note proの新しい仲間

    • 32本

    このマガジンでは、note proを新しく始めた仲間をご紹介しています。(自己紹介記事を、新しく書いてくださったアカウントを目視でピックさせていただいています。「わたしまだ紹介されていない…」という方は、自己紹介記事とともに、note proカスタマーサクセスにご一報いただけたらうれしいです!)

記事一覧

ユーザーの「知りたい」が循環する——Springin’がマガジン機能で構築した”つながる…

noteで活躍するクリエイターを紹介する #noteクリエイターファイル 。今回登場するのは、小・中…

読者が知りたい「コンテンツ制作の裏側」をまとめてみる

こんにちは。note pro運営事務局です。 note proのサービスが始まって1年が過ぎました。 いち…

書くネタに困ったら、「お題企画」に参加してみる

こんにちは。note pro運営事務局です。 noteの運用を担当している方から聞くお悩みの中でも多…

【4/21(火)20時】withコロナ時代の企業の情報発信の悩みに答える noteのCXO深津による…

note proは、企業の情報発信のお悩みに答える「公開カウンセリング」を、4月21日(火)20時か…

noteコンテストまとめ

こんにちは。note pro運営事務局です。 この記事では、noteで開催しているコンテストをまとめ…

noteの投稿をまとめてメディアにしよう(マガジン機能を使いこなす)

こんにちは。note pro運営事務局です。 皆さんはnoteの「マガジン」という機能は利用していま…

ユーザーの「知りたい」が循環する——Springin’がマガジン機能で構築した”つながる”メディア #noteクリエイターファイル

ユーザーの「知りたい」が循環する——Springin’がマガジン機能で構築した”つながる”メディア #noteクリエイターファイル

noteで活躍するクリエイターを紹介する #noteクリエイターファイル 。今回登場するのは、小・中学生を対象にしたビジュアルプログラミングアプリ「Springin’(スプリンギン)」を提供している、しくみデザインさんです。

しくみデザインさんは、日本で最初に参加型デジタルサイネージを商業化したパイオニア的存在。人の動きから音を出すなどの、カメラを使ったインタラクティブコンテンツの基本特許を保有し

もっとみる
読者が知りたい「コンテンツ制作の裏側」をまとめてみる

読者が知りたい「コンテンツ制作の裏側」をまとめてみる

こんにちは。note pro運営事務局です。

note proのサービスが始まって1年が過ぎました。
いち早くnote proを導入していただいた法人のみなさんも、noteの運営をはじめて半年、1年を向かえようとしています。

そのような法人のみなさんにおすすめしているのが、運営してきたことを振り返る記事を書くこと。担当者の工夫や苦労、記事にするまでの道のりなどのストーリー自体をまとめてみません

もっとみる
書くネタに困ったら、「お題企画」に参加してみる

書くネタに困ったら、「お題企画」に参加してみる

こんにちは。note pro運営事務局です。

noteの運用を担当している方から聞くお悩みの中でも多いのが、「書くネタが見つからない」「もっと広く読まれるにはどうしたら?」の2つです。

そんな壁にぶつかったとき、ぜひ活用していただきたいのが、note編集部が定期的に募集している「お題企画」です。

書きはじめるきっかけにも、あたらしい読者との出会いにもなる「お題企画」「お題企画」は、書きたい気

もっとみる
【4/21(火)20時】withコロナ時代の企業の情報発信の悩みに答える
noteのCXO深津による「公開カウンセリング」をライブ配信します!

【4/21(火)20時】withコロナ時代の企業の情報発信の悩みに答える noteのCXO深津による「公開カウンセリング」をライブ配信します!

note proは、企業の情報発信のお悩みに答える「公開カウンセリング」を、4月21日(火)20時からライブ配信します。社会の変化が激しいいま企業はどのような情報発信をすべきか、実際にゲストの企業から悩みを聞きながらnoteのCXO・深津が答えます。

登壇者、ゲストの企業、配信スタッフふくめて、全員リモートでライブ配信に参加します。ライブ配信はnote proのTwitterアカウント(@not

もっとみる
noteコンテストまとめ

noteコンテストまとめ

こんにちは。note pro運営事務局です。
この記事では、noteで開催しているコンテストをまとめてみました。

企業やブランドおよび商品の好意形成にご利用いただいたり、クリエイター発掘のきっかけとしていただいたり、さまざまな用途でコンテストをご活用いただいています。

noteコンテストとは
コンテストの概要はこちらの記事にまとめています。

<企業・商品の好意形成にご活用いただいた事例>

もっとみる
noteの投稿をまとめてメディアにしよう(マガジン機能を使いこなす)

noteの投稿をまとめてメディアにしよう(マガジン機能を使いこなす)

こんにちは。note pro運営事務局です。

皆さんはnoteの「マガジン」という機能は利用していますか? マガジンとは、簡単にいえば「いくつかのnoteをひとつのページにまとめる」ことができる機能です。

たとえば、SportifyやApple Musicなどのサービスで、自分のお気に入り曲をまとめたプレイリストをつくるように、noteをかんたんにさくっとまとめられるのがマガジンです。何度も読

もっとみる