マガジンのカバー画像

note pro ニュース

87
note proに関するニュースをまとめたマガジンです。カイゼン報告や、法人アカウントのメディア掲載情報をまとめています。
運営しているクリエイター

#notepro

note法人利用が10,000件突破!採用広報やブランディング、プロモーションなど法人サクセスが続々と誕生 -note pro 3周年記念イベントも開催-

noteを利用する法人アカウントの数が2022年2月に10,000件を突破しました!この数は、note・noteプレミアム・note proを利用する法人アカウント数の合計となります。 メディアプラットフォーム「note」では、法人向け有料サービス「note pro」を提供し、法人の情報発信をサポートしています。利用法人は、流通、製造、金融、教育、観光、IT、メディア、行政など。規模や業種業態を問わず、さまざまな法人にご活用いただいています。また、活用方法は、採用向け社員イ

スキ
74

法人のメディア運営やコンテンツ制作を支援するnote pro編集パートナーが18社に。エディット、Camp、TELLIERが新たに参加!

noteは、note pro利用法人のメディア運営やコンテンツ制作を支援するnote pro編集パートナーに、新たにエディット、Camp、TELLIERが参加し、18パートナーになったことを発表します。 noteは2021年5月に、法人のブランド戦略やコンテンツ設計を支援するnote proマーケティングパートナーを発足しました。noteはnote pro編集パートナー、note proマーケティングパートナーとともに、法人クリエイターが発信を続けられる環境づくりを強化しま

スキ
42

企業のメディア運営を戦略から支援するnote proマーケティングパートナーを発足。SCALE Powered by PR、STEKKEY、トライバルメディアハウスが参加しました

noteは、法人のブランド戦略やコンテンツ設計を支援するnote proマーケティングパートナーを発足しました。マーケティング会社、PR会社、クリエイティブエージェンシーなど、法人がnoteでメディア運営を続けるために必要な戦略を構築する専門家を、note pro利用法人の課題やニーズに合わせてご紹介する仕組みです。まずはSCALE Powered by PR(本田事務所・ベクトル)、STEKKEY、トライバルメディアハウスの3パートナーが参加します。 noteはこれまでも

スキ
66

中央省庁・独立行政法人にnote proを無償提供

「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」をミッションに掲げるnoteは、自治体・学校・文化施設に続いて、省庁・独立行政法人に対して「note pro」を無償提供します。 予想できないことが起こる昨今、官公庁の情報発信はますます重要性と注目度が高まっています。noteでは、国の政策を担う省庁が、わかりやすい情報発信をしたり、施策の裏側にあるストーリーや働く人たちの想いを届ける機会を増やしていきたいと考えています。 全庁公式アカウントとしての活用はもちろん、課室ごと、ま

スキ
53

note pro提供開始から2周年。noteの使われ方の幅も広がり、コラボ企画も生まれています !

法人向け情報発信サービス・note proは、3月13日(土)に提供開始から2周年を迎えます。オンラインでの情報発信の重要性がますます高まる中で、企業だけでなく、行政、学校、文化施設、スポーツチームなど、さまざまなジャンルの法人がnoteでオウンドメディアの運営をはじめています。 note proは法人がオウンドメディアをはじめ、続けやすくするための機能の拡充を進めてきました。今後はさらに、note proを利用する法人クリエイター同士をつなぎ、創作を後押しするための取り組

スキ
52

[このキャンペーンは終了しました]note pro2周年記念!2021年2〜3月のお申込み企業は、note proを3ヶ月間半額でご利用いただけます

2周年を迎えるnote proは、新規利用3ヶ月半額キャンペーンをはじめます。対象は、2021年2月1日〜3月31日までにnote proを新規でご契約いただく企業です。企業の情報発信をはじめやすく、続けやすくするnote proを、この機会にぜひご活用ください。 note pro2周年記念半額キャンペーン<概要> 2021年2-3月にnote proを新規でお申し込みいただいた方に、3ヶ月間半額キャンペーン5万円→2.5万円/月(税抜)を適用 ※キャンペーン対象期間は、申

スキ
12

2021年1月に仲間に加わったnote proアカウントを紹介します

新しい年のスタートとなる1月、多くの法人がnoteの仲間に加わりました。このnoteは、2021年1月にnoteデビューしたアカウントから、自己紹介記事を書いてくださっていた法人をセレクトして掲載しています。以前の記事に紹介しきれなかったアカウントも載せています。もし、過不足ありましたらお知らせください。 自己紹介の記事は、その法人の想いがつまった、あなたへのラブレターです。気になるアカウントが見つかったら、ぜひフォローしてみてください。 週刊ヤングジャンプ株式会社ビット

スキ
10

2020年12月に仲間に加わったnote proアカウントを紹介します

あけましておめでとうございます。 おかげさまで2020年は、数多くの法人にnote proを導入していただいた年となりました。本当にありがとうございました。2021年もnote proをより良いサービスに成長させていけるよう、つとめさせていただきます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。 このnoteは、2020年12月にnoteデビューしたアカウントから、自己紹介記事を書いてくださっていた法人をセレクトして掲載しています。また、以前の記事に紹介しきれなかったアカウント

スキ
18

2020年11月に仲間に加わったnote proアカウントを紹介します

今月も全国のさまざまな法人が、noteの仲間に加わりました。このnoteは、2020年11月にnoteデビューしたアカウントから、自己紹介記事を書いてくださっていた法人をセレクトして掲載しています。また、以前の記事に紹介しきれなかったアカウントも載せています。もし、過不足ありましたらお知らせください。 自己紹介の記事は、その法人の想いがつまった、あなたへのラブレターです。気になるアカウントが見つかったら、ぜひフォローしてみてください。 カミナシQスタ!株式会社シオンHud

スキ
31

note proが「HRアワード2020」プロフェッショナル人材採用・雇用部門 優秀賞を受賞しました

法人向け情報発信サービスnote proが、日本の人事部「HRアワード2020」(主催:日本の人事部「HRアワード」運営委員会、後援:厚生労働省)の「プロフェッショナル人材採用・雇用部門」優秀賞を受賞しました。 ※日本の人事部とは、経営者、人事担当者、管理職をはじめとするビジネスパーソン向けの日本最大のHR(Human Resources)ネットワークです。 HRアワードについて 「HRアワード」は人事やHRソリューションの領域において、独創性や先見性、社会性などの点で優

スキ
55

2020年10月に仲間に加わったnote proアカウントを紹介します

うれしいことに今月も全国のさまざまな法人が、noteの仲間に加わりました。このnoteは、2020年10月にnoteデビューしたアカウントから、自己紹介記事を書いてくださっていた法人をセレクトしてまとめています。また、以前の記事に紹介しきれなかったアカウントも載せています。もし、過不足ありましたらお知らせください。 これまであまり関わりのなかった業界の法人が運営しているnoteを読んでみたら、新しい発見があるかもしれませんよ。「面白そう!」と思うアカウントが見つかったら、ぜ

スキ
19

SmartHRの取り組みがメディアで紹介されました

このたび、SmartHRの取り組みが『広報会議』2020年10月号で紹介されました。企業ブランディングの観点からnote上で社内報を外部へ公開した「SmartHRオープン社内報」の取り組みについて掲載されました。 公式noteはこちらからご覧いただけます。 *** 法人のnote活用事例はこちらのマガジンにもまとめています。あわせてご覧ください。 noteの法人プラン「note pro」のお問い合わせはこちらから。

スキ
2

2020年9月に仲間に加わったnote proアカウントを紹介します

今月も、多種多様な業種の法人にnoteに加わっていただきました。このnoteでは、2020年9月にnoteデビューしたアカウントから、自己紹介記事を書いてくださっていた法人をセレクトしてまとめています。8月以前の記事に紹介しきれなかったアカウントも載せています(もし、過不足ありましたらお知らせください)。 自己紹介記事は、そのアカウントが、どういう想いでnoteを始めたのかがよくわかる挨拶状です。気になるアカウントが見つかったら、ぜひフォローしてみてください。 LATIN

スキ
10

シン・エナジーの取り組みがメディアで紹介されました

このたび、シン・エナジーの取り組みが『電気新聞』(2020年9月14日発行)に掲載されました。同社の事業は、その地域の実情に合わせた再生可能エネルギーによる発電事業を行ったり、地域新電力の運営をサポートしてエネルギーや経済が域内循環する仕組みを整えたりすること。このような同社の事業や理念をnoteで発信する取り組みについて、紙面で紹介されました。 公式noteはこちらからご覧いただけます。 *** 法人のnote活用事例はこちらのマガジンにもまとめています。あわせてご覧

スキ
4