note pro自己紹介記事まとめ

372
固定された記事
まずは自己紹介記事を書いてみよう

まずは自己紹介記事を書いてみよう

noteをはじめたら、個人の方でも法人の方でも、まずは自己紹介記事を書くことをおすすめします。自己紹介記事に、大きな決まりはありませんが、つくっておくだけでさまざまないいことがあるはずです。 なぜ自己紹介記事が必要なの? noteでは、好きな記事を、「プロフィール」として、クリエイターページに登録することができます。あなたがどこの誰で、何をしてきて、何をしようとしているのか。これらを書いておくことで、より読者とつながりやすくなります。 読者に”自分のことを伝える”仕組み

218
法人向けプラン「note pro」のnote、はじめます。

法人向けプラン「note pro」のnote、はじめます。

こんにちは。note pro運営事務局です。このnoteは、企業やチームがnote proを最大限活用するための参考情報を発信するメディアです。 このnoteの目的 私たちは、みなさんがnote proを活用し、ビジネス上の課題を解決するためのヒントを提供したいと考えています。noteがはじまって5年以上が経ち、数百にもわたる法人が、さまざまな目的で書き続けてくださっています。 定期的に開催している法人向け勉強会で、noteを上手に使っているこれらの法人事例をご紹介した

29
noteはじめました✨

noteはじめました✨

フィードフォースのミッション 「働く」を豊かにする。 企業内のビジネスワークフローにはまだまだ改善の余地がたくさんあり、それらは SaaS や AI などのテクノロジーを活用することで劇的に生産性を向上できるはずです。 そうすることでオペレーショナルな業務から解放され、本来人がやるべきクリエイティブな仕事に時間を使えるようにしたい、というのがわたしたちフィードフォースがミッションに込めている想いです。 テクノロジーの活用で、「働く」はもっと豊かになる。ということをより多くの

24
僕たちに「ブロックチェーン」はいらない 〜Aerialチームの座標ゼロ〜

僕たちに「ブロックチェーン」はいらない 〜Aerialチームの座標ゼロ〜

noteにたどり着いていただきありがとうございます。 株式会社Aerial Partners(読み:エアリアルパートナーズ、以下「Aerialチーム」)代表の沼澤健人です。 Twitterでは「二匹目のヒヨコ(※)」として活動しています。 Aerialチームは2017年から、仮想通貨交換業者やDapps開発事業者を中心とするブロックチェーン企業、そして個人の仮想通貨(暗号資産)利用者のサポートを行っています。 今回、Aerialチームがどんな想いで事業に取り組んでいるか

49
専門家@メディアのnote「専門家@ホーム」を始めます

専門家@メディアのnote「専門家@ホーム」を始めます

専門家@メディアとは? 専門家@メディアとは、株式会社エンファクトリーが運営する、Webメディアなどへの専門家によるコンテンツ制作支援サービスです。 Webメディアを運営していて「専門的な記事コンテンツを作りたいけれど、誰に頼めばいいかわからない」「専門家との接点がないためコンテンツ制作ができない」という企業の方々と、知識・経験豊富な専門家さんとのマッチング、そして、コンテンツ制作の支援を行っています。 専門家@ホーム(note)をどんな場にしたいか このnote・専

15