見出し画像

note proチームが、顧客と向き合ううえで、大切にしていること

こんにちは。

このnoteでは、noteの法人向けプラン「note pro」のサービス運営に関わるチームのひとりひとりが、顧客である法人クリエイターに向き合ううえで、大切にしていることをお話しします。

とくに、カスタマーサクセスという、法人クリエイターと継続的に向き合うチームにとって、肝心だと思われるポイントをまとめました。

これは、わたしたちnote proチームの所信表明です。

だれもが自由に安全に創作を続けることができる場として、note proをより一層成長させていきたい。そう願うわたしたちの心構えをお伝えします。

少し、長いです。
それでもどうか、最後まで読んでいただけると幸いです。

そもそも、note proとは

noteでは、個人も法人も、ひとしく「クリエイター」と呼んでいます。発信することが初めての方にも、慣れている方にも、スタートアップにも、歴史のある企業にも、わけへだてなくフラットに、真っ白な書きやすいキャンバスを用意しています。

その上で、法人クリエイターには、本格的なメディア運用をしやすい「note pro」というプランを用意しています。

カスタマーサクセスとは、note proの契約企業により添い、noteの運用がうまくいくようにサポートし続ける仕事です。サービスの案内をおこない成約まで導くセールスの担当から、クリエイターのサポート業務の一部を引継ぎ、契約後のクリエイターに伴走しつづけるようなポジションです。

カスタマーサクセスはもちろん、note proチーム全体が良き伴走者となるためにはどうしたらいいのか。わたしたちはこの課題を、①わたしたちがこころがけること、②いっしょにやっていくこと、③みんなでやっていくこと、の3つの視点で考えました。

① わたしたちがこころがけること

傾聴の姿勢で、対話を重ねていきます

note proチームが、noteのクリエイターと向き合う上でもっとも肝心なことは、クリエイターの内なる声に耳を傾けることです。悩みに対しては誠実に寄り添い、多様な観点から質問を投げかけ、クリエイターがかねてより考えていることを引き出すお手伝いをします。

また、対話すること、それ自体を目的とせず、クリエイターに「noteを書いていてよかった」と思っていただくためにできることを考えていきます。note proの成長にしたがって、わたしたちはクリエイターに対する姿勢をアップデートし続けます。

祝意を積極的にフィードバックします

クリエイターがnoteを通じて良いことがあったとき、会う機会があればその場で、あるいはSNSを介して積極的にクリエイターに対してコミュニケーションをとり、祝福の気持ちを伝えます。

クリエイターにとって不都合な事柄も開示します

サービス内のトラブルや障害は、ないにこしたことはありません。ですが、そうした状況が訪れた場合、わたしたちは影響範囲と対象顧客を明確にしたうえで、クリエイターに開示します。そして、クリエイターの不安に対しては、最大限のケアを行います。

② いっしょにやっていくこと

クリエイター自身が目的を設定できるようサポートします

わたしたちは、クリエイターが自身の言葉で創作する目的を語ることが、肝要だと考えます。成功事例を伝えたり、機能を説明したりすることは、あくまで補助的なもの。書いたものが広く読まれるべき、という考えさえ、必ずしも正解というわけではありません。一面的な考えを押し付けることなく、クリエイターそれぞれの考える理想に耳を傾け、目的の設定と達成のためのサポートをします。

日常のなかにひそむコンテンツの”種”を見つけるお手伝いをします

「いい仕事をしていれば、いいnoteは書ける」と、わたしたちは信じています。熱くなった会議のワンシーン、盛り上がった社内行事、かつて丁寧にまとめた社史の中身……そのようなコンテンツの”種”を見つけ出すお手伝いをします。

また、note運用の役に立つ情報を、クリエイターみずから知ることができるよう絶えず整理し、新たな視点を提供し続けられるよう心がけます。

③ みんなでやっていくこと

コミュニティづくりをサポートします

クリエイターどうしでコミュニケーションをはかれる機会を設けます。相談しあい、励ましあい、気づきをシェアする場を用意し、持続可能なコミュニティをつくり出すことを目指します。

コラボレーションを促します

書き始める前の真っ白なnoteと対峙したことがあれば、どんな人でも、ほかの書き手の勇気や忍耐力を自然に尊重できるはずです。法人クリエイターどうしがリスペクトし合い、みずから気づきを得るためのイベントなどの機会を考え、企画していきます。


わたしたちは、だれもが創作をはじめ、続けられる世界を目指し、note proというサービスをより良くするための活動を、これからも続けていきます。

そして、あらゆる法人にとって、note proという選択肢が当たり前のものになるよう、クリエイターの成功と向き合い、わたしたち自身もアップデートし続けられるように心がけ、noteという自由な創作と交流の街のさらなる成長を目指します。

クリエイターのみなさん、ぜひわたしたちと、”noteという街”を一緒につくっていきましょう。


note pro申し込みページはこちら
note proの導入について、くわしく知りたい方は専用ページもどうぞ。資料請求や個別相談、法人向け勉強会へのご参加は、以下ページよりお申し込みいただけます。

ご一緒できましたら幸いです。ぜひご検討くださいませ。

この記事が参加している募集

自己紹介

更新情報はTwitterでおつたえします🐤

スキへのリアクションメッセージは、アカウント設定で追加できます👆
75
「note pro」の契約者に向けて、note proカスタマーサクセスチームが、運用のヒント・参考事例など、noteで「もっと伝えたい」を叶えるための学びをお届けします。利用ご検討の方はこちら → https://start-pro.note.com/

こちらでもピックアップされています

note proをご検討中の担当者さまへ
note proをご検討中の担当者さまへ
  • 10本

note proをご検討いただいているご担当者さま向けの記事やイベントの告知をここでまとめています。