文化施設のnote proまとめ

22
固定された記事
文化施設にnote proを無償提供、noteの文化施設支援プログラム
+2

文化施設にnote proを無償提供、noteの文化施設支援プログラム

noteは文化施設(図書館、美術館、博物館、動物園、水族館、植物園、科学館が対象)に対して、オウンドメディアやホームページ構築が簡単にできる「note pro」を無償提供します。noteディレクターによる運用フォローアップも行い、文化施設の情報発信を支援していきます。 イベントや活動のレポートを広く発信したり、施設ならではの魅力をまとめたり。文化施設の情報発信ポータルサイトづくりにご活用ください。 noteの文化施設支援プログラム概要 対象 全国の図書館、美術館、博物館、

スキ
188
【IT革命】NEW偉人館雑報

【IT革命】NEW偉人館雑報

お初にお目にかかります。 こちらは石川県は金沢市にある、金沢ふるさと偉人館(中の人:学芸員 山岸)です。 web媒体はHP一本だった偉人館にもついにIT革命の波が(失礼)。 さてさて、ウチの館は7月末から今年度二度目の閉館中…。今までHPのブログ(偉人館雑報 https://www.kanazawa-museum.jp/ijin/blog/index.html)で金沢ゆかりの偉人たちを紹介してきましたが、これからはより多くの人に情報を発信していかねかん!どうせ休館もしとる

スキ
14
鳥取県立美術館がnoteでチャレンジしたいこと

鳥取県立美術館がnoteでチャレンジしたいこと

みなさん、はじめまして。 鳥取県立美術館広報担当です。(やや、緊張気味) 2020年秋に公式FB、その後21年春にプレサイトを立上げ、いよいよnoteを始めることとしました。これを読んでくれる方がどんなことに興味を持ってもらえるのか、楽しみに読んでもらえるかな?と試行錯誤しながら使い方を覚えていくというチャレンジングな投稿となりますが、心あたたかく見守っていただけると嬉しいです。 さて、なぜnoteをスタートさせたかをお話しする前に、簡単に鳥取県立美術館(以下、鳥取県美)の

スキ
55
山種美術館、note始めます。

山種美術館、note始めます。

こんにちは。山種美術館です。 当館は1966年に日本初の日本画専門の美術館として開館し、2009年からは東京・渋谷区広尾に施設を構えて活動しています。 このたびのコロナ禍を機に、世界は大きく変わりつつありますが、当館でも、従来の活動を見直すとともに、ニューノーマル時代に即した、新しい美術館のあり方を求めて、さまざまな試みに取り組んでいます。 まず、昨年の春に緊急事態宣言が出された際には、ご自宅でも当館のコレクションに親しんでいただけるよう、さまざまな所蔵作品を気軽に楽しめ

スキ
142
note開始、はじめましてのごあいさつ

note開始、はじめましてのごあいさつ

奥出雲多根自然博物館は1987年(昭和62年)に生まれた自然史博物館です。主に化石や鉱物の展示で、生命の進化や地球の歴史、人の出会いの不思議さを感じ取っていただくミュージアムとなっています。  当初はメガネの三城と旧仁多町(現在の奥出雲町)の出資による第3セクターとしての出発でしたが、1990年(平成2年)に登録博物館となり、財団法人奥出雲多根自然博物館としてリニューアルしました。その後2011年に公益財団法人として登録と同時に一部リニューアルを行い、現在では宿泊できるミュ

スキ
18
日本ラジオ博物館について

日本ラジオ博物館について

日本ラジオ博物館は、2000点を超えるラジオのコレクションを所蔵しています。ネット上のバーチャルミュージアムとともに、この中から厳選した収蔵品を長野県松本市の展示施設で公開しています。 重要なお知らせ9月3日から12日まで、長野県の集中対策期間に合わせて臨時閉館します。 ごあいさつ1925年(大正14年)にラジオ放送が始まってからテレビが普及する1960年(昭和35年)頃までの約35年間、ラジオは家庭の情報、娯楽の中心でした。また、真空管を使った電子回路の最初の応用製品で

スキ
11
横山美術館、noteはじめます

横山美術館、noteはじめます

こんにちは、横山美術館と申します。 このたびnoteを運用することになりました。これが記念すべき(?)最初の記事となります! ※21.5.21追記 その他の記事の例はこちらをどうぞ 「横山美術館って何?」「どういうものを展示しているの?」という方も多いのではないかと思いますので、この記事では、簡単に美術館の紹介をさせていただきます。 元々よく知っていただいている方も、よろしければぜひお読みください。 ※夜は開館していないですが、ライトアップされて綺麗です。 横山美術館

スキ
91
海士町の図書館、noteはじめました。

海士町の図書館、noteはじめました。

はじめまして。海士町中央図書館は、島根県の隠岐諸島にある小さな公共図書館です。 ずっと図書館がなかった島に、待望の図書館ができたのは2010年のことで、まだ歴史を歩み始めたばかりの新しい図書館です。 一般的な公共図書館と比べると、とても小規模です。木造建築ならではのぬくもりや、窓から見える美しい田んぼ風景、アットホームな雰囲気が利用者に愛されています。 特色は、「島まるごと図書館」という取り組みを行っていることです。海士町では、島内のいろんな施設に図書館の本棚を設置して

スキ
24
365日オープンまるびぃ:開かれた美術館への1歩「市民美術の日」

365日オープンまるびぃ:開かれた美術館への1歩「市民美術の日」

この金沢21世紀美術館交流課のnoteをスタートさせる11月3日は「市民美術の日 オープンまるびぃ」が開催される日です。私はこのプログラムを担当している森といいます。 この機会に「オープンまるびぃ」の背景やこれから目指したいことを紹介します。 市民美術の日「オープンまるびぃ」について 金沢21世紀美術館は「新しい文化の創造」と「新たなまちの賑わいの創出」を目的に2004年に開館しました。 「まちに活き、市民とつくる、参画交流型の美術館」をミッションの1つに掲げる当館は展覧

スキ
14
妖怪美術館のnoteはじめます。

妖怪美術館のnoteはじめます。

初めまして妖怪美術館の店舗マネージャーとSNSを担当している、さとうみきと申します。ふだんは妖怪美術館で受付をしたり、Twitterで小豆島の観光アカウントとわちゃわちゃしたり、インスタで妖しいリールをUPしたり、YouTubeを撮影&編集したり、島メシ家で皿洗いをしたり、、、と、まぁ色々なことをしております。そして、この度「note」を始めることにしました。noteでは妖怪美術館の作品の紹介や、迷路のまちのことを中心に書いていきたいと思っています。 この仕事をしていると「

スキ
28
砂漠の天使 スナネコ誕生

砂漠の天使 スナネコ誕生

みなさんこんにちは。 今回のブログは、今年生まれたスナネコの赤ちゃんをご紹介します。 赤ちゃんは、2020年4月27日、シャリフ(♂)と ジャミール(♀)の間に生まれました。 お父さんの「シャリフ」↓ 母さんのジャミール↓ ジャミールは3頭出産。 先に生まれた2頭は、残念ながら死産でした。 一番小さく生まれた3頭目の赤ちゃんは生きていてくれましたが 初産だったジャミールは赤ちゃんを どう抱いたらいいか分からない様子でした。 巣箱から出てウロウロしたり、戻ってきて

スキ
195