note pro自己紹介記事まとめ

416
固定された記事
まずは自己紹介記事を書いてみよう

まずは自己紹介記事を書いてみよう

noteをはじめたら、個人の方でも法人の方でも、まずは自己紹介記事を書くことをおすすめします。自己紹介記事に、大きな決まりはありませんが、つくっておくだけでさまざまないいことがあるはずです。 なぜ自己紹介記事が必要なの?noteでは、好きな記事を、「プロフィール」として、クリエイターページに登録することができます。あなたがどこの誰で、何をしてきて、何をしようとしているのか。これらを書いておくことで、より読者とつながりやすくなります。 読者に”自分のことを伝える”仕組みをつ

スキ
291
コープがDXに目覚めたので、note始めます

コープがDXに目覚めたので、note始めます

はじめまして。DX-CO・OPプロジェクト note担当のさきむらです。 この度、noteでの発信を始めることにしました! どんなことを発信していくのか? そもそもDXって? を少しだけご紹介させていただきます! コープなのにDXをやってみる 「コープ(生協)」と聞くと宅配やお店(スーパー)を想像し、日常生活に近い存在であると思い浮かべてくださる方も多いのではないでしょうか。 一方で「DX」は世の中では少しずつ浸透してきている言葉ではありますが、普段の生活とはほど遠い感じ

スキ
11
【会社紹介】SQUEEZE、note始めます!
+2

【会社紹介】SQUEEZE、note始めます!

はじめまして、株式会社SQUEEZE(スクイーズ)広報チームです。 私たちはこれからnoteを始めることにしました。この初回の記事では、私たちの会社紹介とnoteで発信する概要についてお届けいたします。 SQUEEZEのミッションは、テクノロジーを使って「価値の詰まった社会を創る」ことです。私たちは、宿泊業界のアップデートや新しい街・社会を創造するオペレーション・テック企業です。 このnoteでは、当社が目指す世界観や、取り組み事例、これからの宿泊施設や空間のあり方につい

スキ
22
はじめまして、リックソフトです。

はじめまして、リックソフトです。

みなさん、初めまして!リックソフト マーケティング部の佐橋夏実と申します。 本日2021年7月15日より、当社は公式noteをオープンしました。このnoteを読むだけで、話題のITにまつわる情報やトレンドがなんとなく分かる、と思っていただけるようなプラットフォームを目指します。具体的には、主に以下のトピックをメインに情報発信をしていきます。 - ITトレンド情報やIT用語のやさしい解説 - さまざまなITツールの比較や使い方に関するベストプラクティスの提案 - 柔軟で効率

スキ
18
観光庁「観光×DX」推進チーム、noteはじめました。

観光庁「観光×DX」推進チーム、noteはじめました。

 はじめまして、観光庁「観光×DX」推進チームです。このたび、観光業界のDXを推進する取組をレポートするために、noteを立ち上げました。  観光庁では観光DXを力強く推し進めるために、「これまでにない観光コンテンツやエリアマネジメントを創出・実現するデジタル技術の開発事業(以下、開発事業)」及び「来訪意欲を増進させるためのオンライン技術活用事業(以下、活用事業)」の公募を実施しました。そして、すでに5つの開発事業と12の活用事業が採択され、実証実験に向けて取組が進められて

スキ
34
初めまして。KDDIとアクセンチュアのジョイントベンチャー『ARISE analytics(アライズ アナリティクス)』です

初めまして。KDDIとアクセンチュアのジョイントベンチャー『ARISE analytics(アライズ アナリティクス)』です

初めまして、ARISE analytics(アライズ アナリティクス)広報の岡村です。 私は2020年5月(コロナ禍真っ只中‥)にARISE analyticsに入社しました。現在は社内コミュニケーション活性化のために社内報を毎週更新したり、HPやSNS運用、社内外イベントの運営を行ったり、ARISE analyticsの魅力発信のために奔走(!)しています。 👆ARISE登山部で山登りしている時の写真です。ちなみに私は、素手で木を触れないくらい自然が苦手なのですが、後ろ

スキ
60
DXマーケ担当者を応援するメディア「DXnote」はじめました。CDPに関する情報を中心にお届けします。
+1

DXマーケ担当者を応援するメディア「DXnote」はじめました。CDPに関する情報を中心にお届けします。

みなさま、こんにちは。UNCOVER TRUTHの小畑です。弊社の公式noteをリニューアルしましたのでご報告です! 以前から細々と(本当に細々とw)noteを書いていたのですが、この度CDPに関する情報を中心としたDXマーケ担当者の皆さまを応援するメディアとして再スタートします!以前からお読みいただいてる方も、これから読んでいただける方も、あらためまして、どうぞよろしくお願いします! |note再起動の背景 note再スタートのきっかけは、CDPの専門書籍を出版したこと

スキ
33
tunageru 公式noteはじめました。
+3

tunageru 公式noteはじめました。

こんにちは! tunageru(ツナゲル) note編集チームです。 この度、tunageru 公式noteを始めることになりました! 実は記事自体はすでに何本かアップしており、ご挨拶が遅くなってしまいました。。 tunageruとは tunageruは、スタートアップ企業、株式会社ディープラストレーディングが運営する「生地工場とアパレルメーカーをつなげるプラットフォーム」です。 tunageru 公式サイト 某繊維業界紙などでは、「BtoB(企業間取引)向けのプラ

スキ
17
メンバーズ、公式noteをはじめました ーこのままじゃマズい!脱炭素社会の到来に向けて企業のDX推進を本気で取り組みたくてー

メンバーズ、公式noteをはじめました ーこのままじゃマズい!脱炭素社会の到来に向けて企業のDX推進を本気で取り組みたくてー

はじめまして、株式会社メンバーズのマーケティング・広報担当 兼 Members+編集長のもえかです。この度、「Members+ ‐私たちの未来とビジネスを考える‐」という名前でnoteアカウントを立ち上げました。 初回の投稿では、株式会社メンバーズとはどんな会社なのか・このnoteで何を発信するのか・どういった方に読んでほしいのかをご紹介します。 メンバーズってどんな会社? メンバーズでは、デジタルビジネス運用支援をおこなう「EMC事業」とデジタルクリエイター人材の提供を

スキ
83
磐梯町公式noteはじめます

磐梯町公式noteはじめます

はじめまして。 磐梯町デジタル変革戦略室、DX推進プロジェクトマネージャーの星です。 地域活性化起業人(旧:地域おこし企業人)として複業・テレワークなどを中心に、磐梯町のDX施策の推進しています。 磐梯町は福島県会津磐梯山南山麓に位置する、人口約3400人の小さな町です。 雄大な自然を有し、星野リゾートアルツ磐梯スキー場があったり、一眼レフカメラで知られるシグマの工場があります。カメラの他メーカーが製品を海外生産に移行するなか、ほとんどの製品を磐梯町で製造し、ふるさと納税の

スキ
45
弥生、公式noteはじめます。「弥生会計」だけじゃない私たちのこと。

弥生、公式noteはじめます。「弥生会計」だけじゃない私たちのこと。

はじめまして、弥生 note編集部です。 2021年3月より公式noteをはじめます。 会計ソフトメーカーから「事業コンシェルジュ」へ弥生は中小企業・個人事業主・起業家向けに「弥生会計」や「やよいの青色申告」をはじめとする業務ソフトウエアを提供しています。 現在は登録ユーザー数が220万を超え、多くの事業者に私たちのソフトウエアやサービスをお使いいただいています。 日本の事業者の9割近くを占めるスモールビジネスは日本経済の根幹を担っていると言っても過言ではありません。弥

スキ
100