マガジンのカバー画像

note pro自己紹介記事まとめ

458
noteでは、読者へ運営方針を表明するのがコツです。このマガジンでは、note proを利用するクリエイターの、自己紹介記事をまとめました。
運営しているクリエイター

#note書き初め

固定された記事

まずは自己紹介記事を書いてみよう

noteをはじめたら、個人の方でも法人の方でも、まずは自己紹介記事を書くことをおすすめします。自己紹介記事に、大きな決まりはありませんが、つくっておくだけでさまざまないいことがあるはずです。 なぜ自己紹介記事が必要なの?noteでは、好きな記事を、「プロフィール」として、クリエイターページに登録することができます。あなたがどこの誰で、何をしてきて、何をしようとしているのか。これらを書いておくことで、より読者とつながりやすくなります。 読者に”自分のことを伝える”仕組みをつ

スキ
346

~市制50周年に向けて~ 春日市制50周年記念事業公式noteはじめました

みなさん、はじめまして。 春日市制50周年記念事業プロジェクトチームのタケゾエです。 このたび、春日市制50周年に向けて、公式noteを始めることになりました! まずは、市の紹介も兼ねて、このnoteで何を伝えていきたいかお話したいと思います。 どうぞ最後までお付き合いください。 1 春日市ってこんなところ 春日市は、福岡県にある人口約11万人の自治体です。 福岡の中心部から10km圏内にあり、車でも電車でもすぐに中心部に行けるところが魅力の1つです。 面積は14.1

スキ
33

noteを読むとわかること

みなさん、こんにちは! 2021年9月、これから株式会社ベルパークの採用公式noteを立ち上げます! 初回のこの投稿では なぜ私たちがnoteをはじめようと思ったのか? noteで何を伝えたいのか? どんな人に読んでほしくて、どう思ってもらいたいのか? など、noteのコンセプトに関わるお話と、note運用チームのメンバー4人の紹介をしたいと思います。 なぜnoteをはじめたのかそれではさっそく、私たちがなぜnoteをはじめようと思ったのか、をお伝えしてまいります。

スキ
22

【株式会社CHAPTER TWO】公式noteはじめました

会社紹介会社名:株式会社CHAPTER TWO 設立:2018年6月13日 代表:西原一貴 事業内容: Instagramマーケティング   (運用代行・コンサルティング・インフルエンサーキャスティング等) みなさま。はじめまして。 株式会社CHAPTER TWO(チャプターツー)です。 この度、noteをはじめました。 名前にチャプターが入っていることで、動画作成や映画関連の会社と勘違いされることが多いですが、Instagramマーケティングの会社です。 アカウントの

スキ
8

ソウルドアウト、公式noteはじめます。

はじめまして。 ソウルドアウト株式会社 マーケティングカンパニー 執行役員COOの浅見(@goasami)と申します。 この度みなさんと一緒に地方および中小・ベンチャー企業のデジタルマーケティングを盛り上げる場として、note公式アカウントを立ち上げました。 はじめましての今回は、編集長のみやたけ(@udon_miyatake)のご紹介とともに、私たちがなぜnote公式アカウントを立ち上げたのか、どんな場所にしていきたいのかをみなさんにお届けしたいと思います。 うどん

スキ
159

観光庁「観光×DX」推進チーム、noteはじめました。

 はじめまして、観光庁「観光×DX」推進チームです。このたび、観光業界のDXを推進する取組をレポートするために、noteを立ち上げました。  観光庁では観光DXを力強く推し進めるために、「これまでにない観光コンテンツやエリアマネジメントを創出・実現するデジタル技術の開発事業(以下、開発事業)」及び「来訪意欲を増進させるためのオンライン技術活用事業(以下、活用事業)」の公募を実施しました。そして、すでに5つの開発事業と12の活用事業が採択され、実証実験に向けて取組が進められて

スキ
38

「くりやまのおと」へようこそ

皆さま、はじめまして北海道栗山町です。2021年7月より町の公式note「くりやまのおと」をスタートしました。TOP画像は、ハサンベツ地域にある里山で、子どもたちが田植えした稲が実った様子です。ここ栗山では「ハサンベツ里山」を中心として、自然教育に力をいれています。 TOP画像:第5回くりやま景観フォトコン応募作品「ハサンベツの秋」 くりやまのおとも、この稲穂と同じく、頭が垂れるよう成長していければと思います。 小学生が行う田植え体験の様子。田植え以外にも稲刈りや生き物

スキ
42

Synamonは、ただのVR企業ではありません!XRで未来をつくるスタートアップです

はじめまして。 XR技術で未来づくりに挑戦しているスタートアップ・株式会社Synamonで採用担当をしている荒木( @araki_shoko )です。 私たちSynamonは、2016年8月に創業してまして、今は5期目・第4四半期を駆け抜けているところですが… このタイミングで、いよいよSynamonも noteをはじめることになりました!! 記念すべき初投稿は、お決まりの自己紹介とnoteをはじめる理由などをお伝えさせていただきます。 Synamonって何をしている

スキ
35

\選択されるマチへ/北海道猿払村がnote で実現したい4つのこと

北海道猿払村公式noteスタート noteで実現したい4つのこと 猿払村民に猿払をもっと好きになってほしい 猿払を好きな人にもっと好きになってほしい 猿払を知っている人に猿払を好きになってほしい 猿払を知らない人に猿払を知ってほしい そして、選択されるマチへ 猿払村を簡単にご紹介 日本で最北の村といわれ、東京23区に匹敵する面積を有しています。 そんな、日本の政治経済の中心東京から遥か、1,500キロ離れた猿払村ですが、約2,700人が生活を営んでいます。 厳し

スキ
138

デジタル庁は「行政の透明化」を掲げ、noteでの発信を始めます。

こんにちは! 内閣官房IT総合戦略室の広野 萌と申します。 普段はアプリやWebサービスをつくるデザイナーとして働いています。 今年の4月に、デジタル庁創設に向けた民間人材として内閣官房に入庁して、非常勤の国家公務員となりました。 現在の担当領域は「情報発信基盤」ということで、主に 1. 政府 → 国民への情報発信 2. 国民 → 政府への意見募集 3. 政府 ↔ 自治体の情報交換 の3つの観点で奔走していく予定ですので、今後のnoteで楽しみにしていただければと思い

スキ
3,361

愛媛県東温市のnoteはどんなコンテンツ?

はじめまして。愛媛県東温市(とうおんし)です。このたびnoteでの広報活動が始まりました(イエーイ)。見出し画像のように大きく成長することが目標です。 まずは、誰が発信しているか、誰に読んでほしいか、どんなコンテンツを出していくか、の3つをさらっとお話します。最後までお付き合いいただけると嬉しいです。 誰が発信しているか広報担当2人を中心に執筆します。 コイデ 85' 2009年採用、高齢福祉→農林振興→情報管理→地域振興→2018年から広報担当、高校時代はバスケ部、趣

スキ
81

南伊豆町noteはじめます。「静岡県南伊豆町のプロフィール」

はじめに 皆さまはじめまして!このたび、南伊豆町では企画課地方創生室と商工観光課共同で公式noteアカウントを開設することになりました。 noteアカウントでは町が力を入れている移住・ワ―ケーション・ふるさと寄付情報などを中心にホームページや広報だけではなかなか伝わりにくい町の取り組みや魅力をお届けします。 (アカウント名に(仮)と入っていますが、現在「公式」にできるか審議中?であるためいったん仮営業となっています。このあたりのお話しについてはまた後ほど) 記念すべき

スキ
65

東芝テックCVCの公式note、はじめました

みなさん、はじめまして、東芝テックCVCチームの上野です。 私はチームの中でコミュニティマネージャーとしてPR活動に取り組んでいます。 東芝テックCVC(コーポレート・ベンチャーキャピタル)は、投資を通してスタートアップ企業やVCの皆さまと一緒に未来の新規事業をつくりたい。そんな想いで活動しているチームです。 そんな私たちがnoteを始めるに至った経緯、伝えていきたいことをまずはお話させていただきます。 なぜnote公式アカウントを始めようと思ったのか私はCVCチーム

スキ
26

はじめまして!改めてアウトドアウェブマガジン「hinata」の会社、vivitがnoteを開始しました。

こんにちは!vivit広報のもっちです。note投稿は5回目となりますが、改めて私たちvivitと、運営担当の広報もっちについて自己紹介をさせていただきたいと思います。 vivitってこんな会社 vivitは、2014年に設立し、「きっとそとが好きになる」をコンセプトにアウトドアウェブマガジン「hinata」を開設。その後、キャンプ用品の買取サービス「hinata リユース」やキャンプ用品レンタルサービス「hinata レンタル」などを展開しています。キャンプだけでなく、

スキ
24

「株式会社ユニークワン公式note」はじめました。

こんにちは。 新潟県新潟市に本社を置くインターネット広告代理店、 株式会社ユニークワンと申します。 2020年9月、満を持してnoteの運用をスタートすることにしました。 弊社のことをあまり知らない方も多いと思います。 私たちが何をしている会社なのか、今後noteでどんな情報を発信していくのがについてこのnoteにまとめました。 株式会社ユニークワンとは?「地方のIT化をリードすることにより、都市部との情報格差を是正し、地域社会の発展に大きく貢献すること。」をミッションに

スキ
36