マガジンのカバー画像

note pro自己紹介記事まとめ

551
noteでは、読者へ運営方針を表明するのがコツです。このマガジンでは、note proを利用するクリエイターの、自己紹介記事をまとめました。
運営しているクリエイター

#スタートアップ

まずは自己紹介記事を書いてみよう

noteをはじめたら、個人の方でも法人の方でも、まずは自己紹介記事を書くことをおすすめします。自己紹介記事に、大きな決まりはありませんが、つくっておくだけでさまざまないいことがあるはずです。 なぜ自己紹介記事が必要なの?noteでは、好きな記事を、「プロフィール」として、クリエイターページに登録することができます。あなたがどこの誰で、何をしてきて、何をしようとしているのか。これらを書いておくことで、より読者とつながりやすくなります。 読者に”自分のことを伝える”仕組みをつ

スキ
437

カムスタ! Come to Startups! - スタートアップのリアルを伝えるメディア - はじめます

はじめまして。 サイバーエージェント・キャピタル(以下CAC)です。 CACは、サイバーエージェント・グループの投資育成部門であり、アーリーステージのスタートアップに投資をするベンチャーキャピタルです。 投資先スタートアップを7カ国9拠点のグローバルネットワークとハンズオンでサポートしています。 このたび、「カムスタ! Come to Startups! - スタートアップのリアルを伝えるメディア -」をはじめました。 このメディアをはじめるにあたり、 カムスタ!とはな

スキ
32

全員副業?エージェンシーでもコミュニティでもないqutoriが"自分たち"について話します

はじめまして!qutoriコミュニケーション担当の野上です。 qutori、noteはじめました!今日はじめてqutoriを知った方も、以前から緩やかに知っていた方にも、もっと"自分たち"を知ってもらいたい!ということで、改めてqutoriってなんなの?という話をさせてください。 qutoriについて設立から3年以上、qutoriがプレスリリースやWEBサイトで公開していたのは、ずっと以下の情報だけでした。 代表者:加藤翼 設立:2018年7月 URL:https://

スキ
30

フラジェリンnote始めます

こんにちは。製薬向けのクラウドサービスを創っているフラジェリンのCTOの浅野(@asanoboy)です。 今日からnoteを通じて私たちのこと、また医療・製薬業界について発信していきます。この記事ではどうしてnoteを始めるのか、その目的について書いていきます。 フラジェリンとは?創業5年目の会社でちょうど10人になろうかというまだ小さなチームです。完全リモートワークを採用しており、東京と大阪を中心にメンバーが分散しています。 社名は同名のタンパク質にちなんで名付けられ

スキ
12

Synamonは、ただのVR企業ではありません!XRで未来をつくるスタートアップです

はじめまして。 XR技術で未来づくりに挑戦しているスタートアップ・株式会社Synamonで採用担当をしている荒木( @araki_shoko )です。 私たちSynamonは、2016年8月に創業してまして、今は5期目・第4四半期を駆け抜けているところですが… このタイミングで、いよいよSynamonも noteをはじめることになりました!! 記念すべき初投稿は、お決まりの自己紹介とnoteをはじめる理由などをお伝えさせていただきます。 Synamonって何をしている

スキ
35

primeNumber(プライムナンバー)、note始めました

 はじめまして。primeNumber(プライムナンバー)です。  記念すべきnote初投稿です。  今日は、primeNumberの自己紹介や、noteを始めた理由、何を書くのか、誰に読んで欲しいのかについて、お話します。 primeNumber自己紹介 我々は、「あらゆるデータを、ビジネスの力に変える。」データテクノロジーカンパニーです。データが爆発的に増えていく時代に、誰もがすばやく、簡単にデータを使える環境を構築し、データ活用までのプロセスを最適化。高度なテクノロジ

スキ
22

アペルザの note の歩き方

アペルザの公式noteに訪問いただき、ありがとうございます! 2021年1月から始めたアペルザのnote、おかげさまで多くの方々に立ち寄っていただいています。 また「もっともっと役に立つ情報を発信したい!」という想いで記事を書くうちに、気づくと記事本数や投稿するアカウントも増えてきました。 そこで、アペルザの公式noteがどのような情報を発信しているのかを訪れてくださった方に知っていただき、より良い体験ができるようにしたいと考え、この記事を作成しました。 その1 :アペ

スキ
11

M&Aクラウドの公式note、始めます!

はじめまして! 「Update M&Aクラウド」編集部のみょんと申します。 「テクノロジーの力でM&Aに流通革命を」をミッションに掲げるスタートアップ、株式会社M&Aクラウドの公式noteを立ち上げました。 まずは、自己紹介。M&Aの世界をオープンにする仕組みづくりに挑んでいます株式会社M&Aクラウドは、M&A・資金調達のマッチングプラットフォーム「M&Aクラウド」を運営しています。 共に会社売却経験のある現・共同代表の2名が出会い、「ブラックボックス部分の大きいM&A

スキ
37

「みんなの銀行」公式note、はじめます

はじめまして、noteをご覧の皆さん。デジタルバンク「みんなの銀行」で広報を担当する市原です。このたびnoteの運営担当として『みんなの銀行 公式note』編集部の編集長を任命され、今回が初めての投稿となります。このnoteを通して皆さんとつながり、自分たちの大切なお金のことや、これからの銀行について、一緒に考えていく場にできたら嬉しいです。 まずは数あるnoteの記事の中から、「みんなの銀行」のページにお立ち寄りくださり、ありがとうございます。初回は私たち「みんなの銀行

スキ
216

ビットキー公式note 「Connect Everyone」はじめます。

こんにちは、ビットキーnote編集部です。 この度、株式会社ビットキーの公式noteとして「Connect Everyone」をリリースいたしました。 第一回目ということで、今回はこのnoteの目的や今後のコンテンツについてお話ししたいと思います。 noteの目的ビットキーとあらゆる人々を「つなげる」ことを目指してこのnoteは生まれました。社員、社員のご家族、内定者、採用候補者など、ビットキーと関わりがある多くのみなさまに向けて記事を公開していきます。 「Conne

スキ
52

東芝テックCVCの公式note、はじめました

みなさん、はじめまして、東芝テックCVCチームの上野です。 私はチームの中でコミュニティマネージャーとしてPR活動に取り組んでいます。 東芝テックCVC(コーポレート・ベンチャーキャピタル)は、投資を通してスタートアップ企業やVCの皆さまと一緒に未来の新規事業をつくりたい。そんな想いで活動しているチームです。 そんな私たちがnoteを始めるに至った経緯、伝えていきたいことをまずはお話させていただきます。 なぜnote公式アカウントを始めようと思ったのか私はCVCチーム

スキ
30

カミナシの公式noteはじめます

こんにちは!カミナシ公式note編集部です。 本日より公式noteをスタートすることになりました! まずは私たちのことやカミナシがお伝えしたいことについて、書きたいと思います。 カミナシって?私たちは、2016年に創業した、ノンデスクワーカー(ブルーワーカー)の働き方を変革することを目指すスタートアップです。 ノーコードで作る現場管理アプリ『カミナシ』を2020年6月から提供しています。 まだまだ十数名の小さなスタートアップですが、メンバーは皆「ノンデスクワーカーの働き

スキ
33

BONXで働くことが最高にエキサイティングなチームプレイである理由

最近、取材や問い合わせ、そしてスタートアップに属する方々から聞かれることが多いので、BONXの経営について少しお話しします。 BONXの経営スタイルBONXの経営は、CEOの宮坂が新卒で入社したボストンコンサルティンググループで養ったロジックオリエンティッドでプロセス進行する組織を指向しています。その上で、Googleでの導入が発端となったOKRを全社的に導入しつつ、メンバー(社員/業務委託/インターン)はティール組織を実践し、会社の掲げる目標へのコミットメントを促しつつ、

スキ
18

スペースリー公式note始めました。

まだスペースリーのことを知らない方々と出会い、スペースリーのことを少しでも知っていただける場として、この度note公式アカウントを立ち上げました! 読んで良かったと感じていただけるコンテンツ創りができるよう頑張りますので、お付き合いいただければ幸いです。 今回はご挨拶代わりに、株式会社スペースリーが何を目指しどんな事をしている会社なのか、ここでどんなコンテンツを発信をしていく予定かを、スペースリー唯一のHRとして公式note運営を担当する養安(@ayoan_0121)が書

スキ
38