マガジンのカバー画像

note pro自己紹介記事まとめ

459
noteでは、読者へ運営方針を表明するのがコツです。このマガジンでは、note proを利用するクリエイターの、自己紹介記事をまとめました。
運営しているクリエイター

2020年12月の記事一覧

固定された記事

まずは自己紹介記事を書いてみよう

noteをはじめたら、個人の方でも法人の方でも、まずは自己紹介記事を書くことをおすすめします。自己紹介記事に、大きな決まりはありませんが、つくっておくだけでさまざまないいことがあるはずです。 なぜ自己紹介記事が必要なの?noteでは、好きな記事を、「プロフィール」として、クリエイターページに登録することができます。あなたがどこの誰で、何をしてきて、何をしようとしているのか。これらを書いておくことで、より読者とつながりやすくなります。 読者に”自分のことを伝える”仕組みをつ

スキ
348

星槎国際高等学校「スポーツコラム」始めます。

星槎は50年にわたり、通信制高校の仕組みを活用しながら「学校に合わせなさい」だけではなく、「学校が(も)生徒に合わせる」ことをテーマに、もっと違った学びを求めている人、スポーツやアートなどに没頭したい人、あるいは、もう一度学校で再チャレンジしたい人など、一人ひとりの希望と学びやすさに配慮しながら、それぞれが輝くことができる場面作りを大切にしてきました。 インターネットだけでは育み切れない、生きるための“関わり合う力”を育むための手段の一つに、スポーツがあると考えます。自分と

スキ
46

valuedesign公式『value note(バリューノート)』はじめました!

はじめまして。 年末のバタバタしているこの時期ですが、プリペイド×マーケティングでお客様とお店のつながりをつくる会社valuedesign(バリューデザイン)の公式アカウント『value note』を始めました! valuedesign公式『value note』では、 ・valuedesignがやってきたこと、やりたいこと ・valuedesignで働いているスタッフについて ・valuedesignとお客様とのお話 ・その他(ゆるい話) などなどを話して行きたいと思っ

スキ
20

コードな探検、はじめよう!

一緒に探検,はじめよう! 準備はキーボードのついたコンピュータまたはタブレットと,試してみたいという気持ちだけです.プログラミングやコーディングに関する事前知識や経験も必要ありません. オンラインの探検,はじめよう! 情報学部の大学生がプログラミングを学ぶ環境と同じ環境を,オンラインで使うことができます.オンラインが初めての人も顔出しや声出しをする必要がないので安心して参加できます. 自分のペースで進める探検,はじめよう! 探検に行くとき,同行する人と歩調を合わせることが

スキ
19

Hamee公式note、「ほんとに」はじめます。

2020年ももう終わりますね… 今年も全力疾走、全力投球で駆け抜けました。 やり残したことなどはありま…… …… …… いや、ある!!! 実は2019年8月にこんな記事を書いていました。で、一瞬で終わりました。「noteやりたいけど、他の業務があって続けられない」というnoteあるあるを見事に私たちも経験したのですが、やっぱりHameeの情報を発信していきたいと思い、体制新たにnoteを始めます!! なぜ「今」noteをリニューアルするのか コロナ以降、在宅勤務で

スキ
121

東芝テックCVCの公式note、はじめました

みなさん、はじめまして、東芝テックCVCチームの上野です。 私はチームの中でコミュニティマネージャーとしてPR活動に取り組んでいます。 東芝テックCVC(コーポレート・ベンチャーキャピタル)は、投資を通してスタートアップ企業やVCの皆さまと一緒に未来の新規事業をつくりたい。そんな想いで活動しているチームです。 そんな私たちがnoteを始めるに至った経緯、伝えていきたいことをまずはお話させていただきます。 なぜnote公式アカウントを始めようと思ったのか私はCVCチーム

スキ
26

はじめまして!改めてアウトドアウェブマガジン「hinata」の会社、vivitがnoteを開始しました。

こんにちは!vivit広報のもっちです。note投稿は5回目となりますが、改めて私たちvivitと、運営担当の広報もっちについて自己紹介をさせていただきたいと思います。 vivitってこんな会社 vivitは、2014年に設立し、「きっとそとが好きになる」をコンセプトにアウトドアウェブマガジン「hinata」を開設。その後、キャンプ用品の買取サービス「hinata リユース」やキャンプ用品レンタルサービス「hinata レンタル」などを展開しています。キャンプだけでなく、

スキ
24

「本が好き」な みなさんと 何かをやりたいと思っているのですが、お知恵を貸してくださいませんか?

「出版社に何ができるのか、みなさんの声を聞かせてください」 はじめまして、朝日新聞出版です。 まずは会社の紹介をさせてください。 朝日新聞出版は2008年、朝日新聞社の出版部門が独立して生まれました。 若い出版社ですが、一方で私たちの出版活動は新聞と同じ長い歴史を歩んでいます。 朝日新聞創刊が1879年(明治12年)1月で、同じ年の10月には文芸誌を発行しました。 こう書くと、なんだか頭が固く、古めかしいイメージがしてくるかもしれません。 なぜいま、私たちがnoteを

スキ
29

世界の中心で、緑茶愛をさけぶ

初めましての方も、ご存じの方も、こんにちは。 静岡県島田市(しまだし)広報課シティプロモーション室です。 だいぶ懐かしいタイトルですね。ちょっと調べたら20年くらい前だそうで、血の気が引きました。 さて、島田市は、静岡県の中部に位置し、茶畑が広がるのどかなまちです。 静岡といえばお茶、お茶といえば静岡、の県内でも有数の茶産地です。 かつて「箱根八里は馬でも越すが、越すに越されぬ大井川」と唄われ、東海道の宿場町として栄えました。 大井川に架かる蓬莱橋は、世界一長い木造歩道橋と

スキ
49

NHK公式 「取材ノート」、はじめます

はじめまして、「NHK 取材ノート編集部」です。 ご覧いただきありがとうございます! このたびNHKの報道の記者を中心に「公式note」を立ち上げることになりました。 キャッチコピーは「取材ノート、ひろげます」 この記事は「NHK 取材ノート編集部」の最初のページです。 まず私たちがなぜ「note」を立ち上げたのか、どんな場所にしていきたいのか。「取材ノート、ひろげます」というコンセプトに込めた思いとともに、お話します。 どうしてNHKの記者たちが「note」を?編

スキ
2,614

フロンターレとわたし。それぞれの物語。

フロンターレ、noteはじめました。はじめまして! サッカー・J1リーグに所属する川崎フロンターレがこのたび、note公式アカウント「川崎フロンターレnote部」を開設しました! ホーム戦会場で販売している「マッチデープログラム」の編集部が運用し、マッチデープログラムのインタビューや対談、コラムなどをnote上で公開 していく他、制作の裏側や本誌には掲載し切れなかったインタビューのフルバージョンなど、ここでしか読めないコンテンツを展開していきます。 マッチデープログラムで

スキ
159

hacomono公式noteはじめました

はじめまして。 サブスク店舗向け会員管理・予約・決済プラットフォームhacomono公式アカウントの運用をはじめました! このnoteでは、hacomonoを支えるメンバーのこと・hacomonoが考えるデザイン・私たちが大切にしているチームバリューなどを発信していきたいと思っています。 hacomonoとはリアル店舗の経営をテクノロジーで進化させる フィットネスクラブ、ヨガスタジオ、スクールなど月謝制店舗のための次世代会員管理・予約・決済サービス「hacomono」を

スキ
21

AI inside、公式noteはじめました、Nice to meet you.

はじめまして、「世界中の人・物にAIを届け、豊かな未来社会に貢献する」というミッションのもと、AI技術を活用した製品を開発・提供する、AI inside 株式会社の公式noteです。 これまでは主にプレスリリースで情報を発信していましたが、プレスリリースでは伝わらないストーリーをもっと知ってもらいたい、多くの方との出会いのきっかけにしたい、という想いからnoteをはじめることにしました。 まずは、私たちの自己紹介を簡単に。 私たちがやっていることAI inside 株式

スキ
46

東急リバブル、公式noteを始めました

noteのみなさま、はじめまして。 東急リバブルです。 このたび、公式noteを始めることになりましたので、この場でご挨拶をさせてください。 東急リバブルは、1972年に創業した、総合不動産流通企業です。昭和30〜40年代の高度成長時代に、不動産仲介業のパイオニアとして誕生しました。創業から40年以上にわたり、一貫して人々の「豊かな暮らし」「住みよい暮らし」を実現するためのお手伝いをしてきました。 一般的には、水色の看板が目印の「物件の売買や賃貸の会社」というイメージの

スキ
93

Y-SAPIX公式note、はじめます

はじめまして。 難関大学への現役合格を目指す、高校生および中高一貫校に通う中学生のための進学塾、Y-SAPIX(ワイサピックス)です。 これまでY-SAPIXでは、下のような冊子を使って大学受験に関する情報提供を積極的に行ってきました。 ・難関大学を目指す中学生・高校生のための受験情報誌  『Y-SAPIX JOURNAL』 ・入試情報をデータや出題された問題から分析した  『出題傾向リサーチ』 ・東京大学や京都大学、各大学の医学部についての入試情報をまとめた  『

スキ
38