note pro自己紹介記事まとめ

413
固定された記事
まずは自己紹介記事を書いてみよう

まずは自己紹介記事を書いてみよう

noteをはじめたら、個人の方でも法人の方でも、まずは自己紹介記事を書くことをおすすめします。自己紹介記事に、大きな決まりはありませんが、つくっておくだけでさまざまないいことがあるはずです。 なぜ自己紹介記事が必要なの? noteでは、好きな記事を、「プロフィール」として、クリエイターページに登録することができます。あなたがどこの誰で、何をしてきて、何をしようとしているのか。これらを書いておくことで、より読者とつながりやすくなります。 読者に”自分のことを伝える”仕組み

スキ
289
アーニー(Ernie)、noteをはじめます!

アーニー(Ernie)、noteをはじめます!

梅雨も終わり夏の空になってきましたね。 はじめまして、アーニーMLG株式会社平野です。 早速ですが、この度アーニー(Ernie)グループの公式noteを立ち上げました。 アーニーってどんな会社? 博多駅筑紫口より徒歩2分でオフィスについちゃいます! アーニーは福岡の博多に開発拠点を置き、Webサービス開発や機械学習を展開するベンチャー企業。平成26年にアーニー株式会社、令和1年にアーニーMLG株式会社をそれぞれ設立しました。 福岡だけにとどまらず、世界各地で働くス

スキ
38
地方の国際バカロレア・ワールドスクールが、「ミライの学校をデザインする」はなし。つまりは自己紹介。

地方の国際バカロレア・ワールドスクールが、「ミライの学校をデザインする」はなし。つまりは自己紹介。

みなさん、こんにちは。 広島県福山市にある英数学館小・中・高等学校(以下、英数学館)のnoteです。 今回は、英数学館がnoteを通してみなさんにお伝えしたいことを、3つの項目に分けてお話ししようと思います。 1. なんのnoteなの?私たち英数学館は誰しもが持っている、自分だけの「好き」×「得意」をみつけるお手伝いができればと日々奮闘中です!! そんな西日本唯一の小学校 – 高等学校の国際バカロレア・ワールドスクール認定校である英数学館が「学びに役立つ情報」を中心に、英数

スキ
48
WOWOWの公式noteがスタートします。

WOWOWの公式noteがスタートします。

「エンターテインメントは人生に欠かせないものだ」 WOWOWはそう信じています。 人生をちょっと豊かにするような、観終わったあとに心持ちが変わるようなエンターテインメントに出会ってほしい。 エンターテインメントとの新しい出会いをもっと届けるにはどうしたらいいだろうか。 このWOWOW 公式アカウントの開設は、その思いの延長線上にあります。 映画、ドラマ、音楽、スポーツ、ステージ、アニメ、ドキュメンタリー…   これまでお客さまとエンターテインメントの橋渡し役に徹し、

スキ
196
山梨県立大学がnoteをはじめます。

山梨県立大学がnoteをはじめます。

はじめまして。山梨県立大学で広報を担当している兼清慎一と申します。 山梨県立大学では高校生をはじめ多くの方々とオンラインでコミュニケーションを深めたいと考え、noteでの情報発信を始めました。 noteでは、大学の公式ホームページとはひと味違った「人が見える。声が聞こえる」投稿をしていきたいと考えています。 山梨県立大学は、東京・新宿から特急で約1時間半、山梨県の県庁所在地である甲府に、飯田キャンパス(人間福祉学部、国際政策学部)と池田キャンパス(看護学部)という2つの

スキ
43
広島県、noteはじめます!

広島県、noteはじめます!

はじめまして。 広島県公式noteでは、おもに「広島県の外」にいる方に対して、広島に興味を持ってもらうための情報を発信していきます。 2つのチームによる2つのチャレンジです。 初期のnoteクリエイターは、商工労働局県内投資促進課と地域政策局地域力創造課の2つのチームが中心になります。 部署名がえらく長いですよね…。 前者は企業誘致を担当する「toB(企業向け)の営業部」、後者は移住促進を担当する「toC(個人向け)の営業部」です。 どちらも顧客(=県民・地元企業

スキ
189
デジマのGlossom、noteはじめました

デジマのGlossom、noteはじめました

Glossomは、グリーグループの広告事業を担う会社として2007年に設立し、今や領域をデジタルマーケティングに広げ、包括的にクライアントのご支援をしている会社です。「グロッサム」と読みます。 Glossomのnote担当、森山からお届けします。 初めましての方もそうじゃない方も、よろしくお願いします! note と メルマガ で繋がりたいです このnoteは、私たちが何を大事にし、クライアント様とどんな絆を築いているか、事業や事例と共に発信するメディアです。 より多く

スキ
65
スペースリー公式note始めました。

スペースリー公式note始めました。

まだスペースリーのことを知らない方々と出会い、スペースリーのことを少しでも知っていただける場として、この度note公式アカウントを立ち上げました! 読んで良かったと感じていただけるコンテンツ創りができるよう頑張りますので、お付き合いいただければ幸いです。 今回はご挨拶代わりに、株式会社スペースリーが何を目指しどんな事をしている会社なのか、ここでどんなコンテンツを発信をしていく予定かを、スペースリー唯一のHRとして公式note運営を担当する養安(@ayoan_0121)が書

スキ
34
私がメディアを立ち上げた本当の理由

私がメディアを立ち上げた本当の理由

初めまして!編集長のLeeです。 ☁️𝐿𝑒𝑒🕊 (@fjapanxxx) いつも私のくだらない投稿を見てくれてるフォロワーの皆さんありがとうございます。 皆さんにとって私のイメージはどんな感じですか?強そう?悩みとかなさそう?まあ今は圧倒的に幸せです、正直。でも当たり前に最初からこうだった訳ではないです。特に中学校・高校の学生時代はとにかくコンプレックスだらけで、いつも誰かと比べては陰で一人落ち込んだりしていました。今こんな風に自分に自信を持てているのは私だけの力ではないし

スキ
41
about_ZIKU WORKSTYLE LAB

about_ZIKU WORKSTYLE LAB

『はたらく』を考えるウェビナー、ZIKU WORKSTYLE LAB(時空ワークスタイルラボ)についてご説明します!! 今だから、『はたらく』を考えよう新しい『はたらく』を考えるラボ と銘打った、これからのはたらき方を考えるウェビナーです。 リモートワークやサテライトオフィス、オンラインでの会議やイント。 今、働き方に大きな変化が起きています。 この変化の中で、あなたは何をして、何を選びますか・・・? ZIKU WORKSTYLE LABでは、 既に新しいWORKST

スキ
7
はじめまして、シン・エナジーです

はじめまして、シン・エナジーです

はじめまして、《シン・エナジーnote》編集部です。 このたび、「これからの地域」「これからの地球」をみなさんといっしょに考える場として、《シン・エナジーnote》を立ち上げることになりました。 初回はnoteアカウントを立ち上げた経緯、今後の展望についてお話しします。 「これからの地域」「これからの地球」 これからの地域、これからの地球をみなさんと考えたい、と言いました。 ん? 地域と地球、規模感が違うのでは? と思われるかもしれません。 でもどちらにも「地」とい

スキ
49