マガジンのカバー画像

note pro自己紹介記事まとめ

459
noteでは、読者へ運営方針を表明するのがコツです。このマガジンでは、note proを利用するクリエイターの、自己紹介記事をまとめました。
運営しているクリエイター

2020年4月の記事一覧

固定された記事

まずは自己紹介記事を書いてみよう

noteをはじめたら、個人の方でも法人の方でも、まずは自己紹介記事を書くことをおすすめします。自己紹介記事に、大きな決まりはありませんが、つくっておくだけでさまざまないいことがあるはずです。 なぜ自己紹介記事が必要なの?noteでは、好きな記事を、「プロフィール」として、クリエイターページに登録することができます。あなたがどこの誰で、何をしてきて、何をしようとしているのか。これらを書いておくことで、より読者とつながりやすくなります。 読者に”自分のことを伝える”仕組みをつ

スキ
348

BizteX Journal 、はじめます

はじめまして、BizteXの編集チームです。 この度公式ノートとして皆様にお届けする『BizteX Journal』を開始するにあたって、はじめにBizteXがお伝えしたいことについて書いていきたいと思います。 まずは『BizteX』ってどんな会社?という読者の方が大半かと思いますので、『BizteX』というスタートアップ企業について紹介させて下さい。 オートメーションテクノロジーで新しいワークスタイルを実現する国内初のクラウドRPA「BizteX cobit」と人材紹

スキ
14

年齢を美しさに変える未来。「デザインの境界線」

はじめまして、JBIG(ジャパン・ビューティ・イノベーショングループ)の野田泰平です。 スキンケアメーカーである僕たちの会社が持つP.G.C.D.というブランドは、お客さまに直接商品を届けるEコマース(通信販売)に特化しています。会社名もブランド名も初めて名前を聞いたという方がほとんどだと思います。 今年は、僕が会社を立ち上げてから10周年という節目です。少しでも僕たちのことを知ってほしい。そんな思いから、noteを始めることにしました。 ちなみに、P.G.C.D.は、

スキ
34

はじめまして。NECネッツエスアイです!

はじめまして! NECネッツエスアイ/ コーポレートカルチャーデザイン室の北川 龍樹です。 この度、NECネッツエスアイの取り組みをもっとみなさまに知ってほしいとの想いからnoteをはじめました。現在、私たちが行っている分散型ワークの取り組みやテレワークでのtips、新しいツールの活用方法....などなど、幅広くみなさまに私たちの取り組みをお伝えしていきます! また、オープン社内報としても活用し社内の情報をオープンにしていきますので、ぜひチェックしてみてください! さて、

スキ
32

コーポレートサイトリニューアルのお知らせ

この度Coum株式会社はコーポレートサイト(https://coum.co.jp/)を全面リニューアルいたしました。 今回のリニューアルでは、当社の事業内容や支援実績をよりわかりやすくお伝えするため、サイト構成とコンテンツ内容を刷新いたしました。 今後もコンテンツ拡充を図り、コーポレートサイトを通じてよりよい情報を発信してまいります。 また公式noteページでは、Coumからのビジネスレポートや、社内の様子、お知らせなどの情報を発信していきます。 是非ページのフォローをよ

スキ
7

神奈川大学ノート、はじめます。

はじめまして。神奈川大学です。 横浜と湘南ひらつかにキャンパスを構え、8学部22学科2プログラムからなる私立総合大学です。創立者・米田吉盛の理念である「教育は人を造るにあり」を受け継ぎながら、教職員が一体となって学生の成長を支援しています。 2028年の創立100周年に向けて、今、神奈川大学は動いています。 大学創設の地にほど近く、日本の近代化や国際化の玄関口として発展してきた、横浜のシンボル的な存在である「みなとみらい21地区」に、多様な人が集い、交わる「知の拠点」とし

スキ
54

マーケティングに関する課題解決の場に。トライバルがnoteで発信していきたいこと

こんにちは、トライバル noteチームです。 いつもnoteをご覧いただき、ありがとうございます! 2019年7月にnoteを開設し、自己紹介noteを公開してから約9カ月が経過しました。 トライバルが考えるマーケティングや会社・スタッフのことについて発信したところ、多くの方にご覧いただくことができました。ありがとうございます! ▼PV数が多かったnoteはこちら 1)ソーシャルメディアで「売上」を作る、最新プロモーション思考法 https://note.triba

スキ
83

おとなもあそぶ、つながる、ココカラPARK

おとなになってからできた友達って何人いますか? 子どものころは、クラスメイトだったり、部活が一緒だったり、時を気にせず過ごす時間をともにすることで、なんとなく自然に友達になっていた気がします。 だけど、おとなになると、 職場の◯◯さん、取引先の●●さん、◯◯くんのママなんて、何かの肩書きのようなものにしばられて、子どもの時のように何も考えずに、つながっているというのが少ない気がするのです。 ココカラPARKを作った理由だけど、おとなだって 「何も気にせず、気の合う仲間をど

スキ
68

ご挨拶。美容専門出版社 女性モード社

美容師向けの雑誌や書籍を出版して60年の女性モード社と申します。 この度、noteアカウントを立ち上げまして、美容師や理容師などヘアデザイナーの皆さまに情報を発信していくことになりました。 美容の仕事は、とても素敵なものです。美容室はほとんどの方々が定期的に利用する場所で、美容師はお客さまに数時間もの長い時間接し、キレイになってお帰りいただく。しかも、感謝の言葉を贈られながら。さまざまな世代のお客さまと、数十年にわたる長いお付き合いをし、絶大な信頼関係で結ばれる本当に素敵

スキ
12

小売の未来を一緒に創るフェズnoteスタート

突然ですが、在宅勤務や活動自粛をしているあなたに質問です。 いつもより小売店舗のこと気になりませんか? トイレットペーパーやお米が買えて、生活ができる安心感。 すごくありがたいと思いませんか? 私たちの生活に必要不可欠な商品を、どんな状況下でも供給してくれる小売店舗。 一方で、消費が陰り厳しい状況に追い込まれている店舗も。 新型コロナウィルス感染症 (COVID-19)の影響拡大で生活環境が一変し、小売や消費の大切さを感じる日々ですよね、、、。 はい! 申し遅れました

スキ
22

採用公式noteをスタートします

はじめまして。GMOアドパートナーズ採用担当です! 本日より公式noteをスタートしました。 私たちGMOアドパートナーズは、1999年に創業した「総合ネットメディア・広告」事業をおこなうインターネット企業です。 東京・渋谷駅前に本社オフィスを構え、連結グループ全体で現在パートナー数(社員)は747名。2000年よりJASDAQ市場に上場しています。 GMOアドパートナーズはホールディングスとなっており、インターネット広告事業を担う、おもな連結グループ4社が事業展開をし

スキ
23

About ASOBISYSTEM - noteをはじめます。

ブームを作ることよりも、カルチャーを創る。 今の時代に発信すべき「アソビ」をもっと。 ASOBISYSTEMのnote mediaへようこそ! 私たちASOBISYSTEM(アソビシステム )は、原宿を拠点に展開するカルチャープロダクションです。 2006年の会社設立から、クリエイティブなパワーが溢れる原宿の街が生み出すヒト、ファッション、カルチャーなどのさまざまなコンテンツをサポートしたり、国内や世界に向けて発信してきました。このnoteでは、HPやSNSではお伝えし

スキ
70

[en] デジプロ公式note、はじめます。

はじめまして、エン・ジャパンのデジプロです。エン・ジャパンのデジプロって言われても、よくわからないですよね。 ちょっとだけ、説明させてください。 私たちは、デジタルプロダクト開発本部(通称デジプロ)というエン・ジャパンの企画・開発部署です。エン・ジャパンが出すプロダクトの大半の企画・開発を担っています。 今回、自分たちが持っている知識や経験などを世の中にシェアすることで、社会に何かを還元できるのではないかと考え、noteを始めることにしました。 --- 私たちは、自

スキ
22

英語教育の“今” を知る。明日からの授業が変わる。

グローバル時代を迎え、大きな転換期を迎えた日本の英語教育。 地球的視野を持って、多様な価値観をもつ人々と協働し、社会課題を解決するために行動を起こすことのできるグローバル人材の育成は喫緊の課題とされています。 このような時代をたくましく生き抜く力を育むために、2020年度からは新学習指導要領が学校種ごとに実施されていきます。 英語教育の重要性はさらに高まっています。 だからこそ、今、英語教育に関わる教員の皆さんには、「生涯にわたり学び続ける自律した学習者を育てること」が求

スキ
18

TikTok、公式noteはじめます♪

はじめまして。TikTok公式note編集部です。 この度、TikTokをすでにお楽しみ頂いている方はもちろん、まだTikTokをよく知らない方にも、TikTokについてより知って頂く場として、note公式アカウントを立ち上げました。 初投稿となる今回は、今後このnoteをどのような情報発信の場にしていきたいか、についてお届けします。 TikTok公式noteでは大きく以下の情報について発信していく予定です。 ・TikTok最新トレンドのご紹介 ・TikTokクリエイ

スキ
92