マガジンのカバー画像

学校のnote proまとめ

21
noteの「学校支援プログラム」を利用中の学校の自己紹介記事やおすすめ記事のまとめです。noteは、学校の魅力発信や生徒の探究学習に活用できるようnote proを無償提供し、継… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

固定された記事

学校にnote proを無償提供、noteの学校支援プログラム

noteは学校に対して、オウンドメディアやホームページ構築が簡単にできる「note pro」を無償提供します。noteディレクターによる運用フォローアップも行い、学校の情報発信を支援していきます。 公立・私立は問わず、全国の小学校・中学校・高等学校・特別支援学校が対象です。 学校の行事や特別授業のレポートを発信したり、児童・生徒の探究学習のアウトプットをまとめたり、入試広報に活用したり。学校の情報発信ポータルサイトづくりにご活用ください。 noteの学校支援プログラム概

スキ
257

日吉ヶ丘高校note、「発刊」します!

はじめまして。京都市立日吉ヶ丘高校です。このnoteでは本校の探究活動を生かした進路指導の取り組みについて生徒・教員・学生ボランティアが発信し、「探究×キャリア」をテーマに進路指導の新しい価値を提案します。 進路に関する取組の評価を量的評価だけに頼るのではなく、社会・大学・教育に関心のある人たちから広く質的に評価される場にしていきたいと考えています。 また、学校のホームページでは発信しにくい、学校に関わる様々な人の声を「一人称」で発信できる場にもしていきたいと考えています。

スキ
17

はじめまして。立教新座中学校・高等学校です。

はじめまして。立教新座中学校・高等学校です。 このたび、受験生やその保護者のみなさまへ、わたしたち立教新座中学校・高等学校が取り組んでいることや生徒たちのことをお伝えしていく場として、note公式アカウントを開設しました。 まずは、4つのキーワードをもとに立教新座をご紹介したいと思います。 「自由と自律」の学び舎―「真理を探究する力」を育てる 立教新座中学校・高等学校は、「キリスト教に基づく人間教育」を建学の精神に据える立教学院に属する、立教大学の付属校です(立教では一

スキ
26

岡山後楽館高校を紹介します

本校は、平成11年岡山市に、公立高校としては全国初の併設型中高一貫教育校として開校しました。旧中国四国農政局庁舎を暫定校舎とし、平成24年に移転し、現在に至ります。(旧岡山市立南方小学校があった場所です。ちなみに、旧校舎は現在RSKイノベイティブ・メディアセンターとなっています。) 単位制総合学科の本校では、令和4年度の入学生から、5つの系列(人文・理数、国際・文化、生活・福祉、ビジネス・情報、建築・デザイン)から選択し、進路実現に向けて学習します。 これから、この no

スキ
28

はじめまして「まなび創造コース」です

はじめまして。高知県に位置する土佐塾中学・高等学校に設置されている「まなび創造コース」です。いわゆる『STEAM教育』に振り切ったことをやろうという思いでスタートさせたのが『まなび創造コース』です。2021年の4月から、24名の中学1年生が属しています。 教科を学ぶのではなく、活動の中から教科の概念を学ぶことで、身の回りに学ぶ対象が存在することを理解できる環境を模索しながら、生徒たちの成長を見守っています。 1学期はアイスをテーマに、アイスのルーツを学んだり、成分のことか

スキ
53

夢描け!ここがキミの道標。

進学探究コースが、独自のnoteページを運営いたします。 2022年度に学科再編を行い、1期生を迎える進学探究コース。 「進学探究コースってどんなコースなんだろう?」 「コースについている探究って何?」 ということを記事を通して知ってもらえたらと立ち上げました。 コース以前に、聖光学院高校について知ってほしいので、まずは学校紹介をしたいと思います。 聖光学院高校60周年聖光学院は、1962(昭和37)年4月高等学校を設置して、60年になります。創設者たちは、この伊達の地に『

スキ
51

山吹生の生の声をお届けします

みなさんこんにちは!新宿山吹高校情報科のnoteへお越しいただきありがとうございます。ここでは、新宿山吹高校や情報科の紹介、そのとき感じたちょっとしたことなど、山吹生の様々な声をお届けしたいと思います。 書き手は、情報科の授業「情報メディア」を受講している生徒たちです。「note」というメディアを通して、情報発信を行う実習です。 内容の良し悪しを競うわけではなく、一言でも良いので、新宿山吹生という立場から世の中へ情報発信する経験をしてほしいと考えています。

スキ
51

はじめまして、新渡戸文化小学校です

はじめまして、新渡戸文化小学校note編集部の染原(そめはら)です。今回、新渡戸文化小学校の公式noteを立ち上げることにしました。 このnoteでは、日本中の学校のユニークな取り組みや公教育の営み、それらを考える先生や専門家の方へのインタビューなどを通じて、皆さんが学校について考えるたくさんのきっかけを提供していけたらと考えています。その中で、もちろん私たちの小学校の具体的な取り組みについても、少しずつご紹介していきたいと考えています。 初めての今回は、このnoteを立

スキ
110

はじめまして、大熊町教育委員会です(前編)

大熊町って?大熊町は、福島県の「浜通り」と呼ばれる太平洋に面した地域にある、人口1万人ほどの自治体です。とはいえ、普通の町とは少し事情が異なります。 2011年3月11日の東日本大震災に伴う原子力発電所の事故で、一時は全ての町民が町外に避難しました。「全町避難」と呼ばれるその状況は8年余り続き、町役場が町内での業務を再開したのが2019年5月。それから、公営住宅が建ち、商業施設ができ、福祉施設が完成し、2021年9月には交流施設と宿泊施設がオープンしました。私たちはまさにゼ

スキ
98

兵庫教育大学附属小学校の公式noteを開設しました。

兵庫教育大学附属小学校では,公式noteを開設しました。 このnoteでは,次の2つで活用をしていく予定です。 ①日々の子どもの様子(保護者向け) 子どもの様子については,HPでの公開と同様の規則で公開していきます。 ②本校の研究の情報について(教育関係者向け) 本校で開催している実践交流会や研究大会,各教科部の研究の成果などを公開していきます。 今後,公式noteも活用しながら,本校の情報を公開していきます。

スキ
47

淑徳SC 本校のキャリア教育をnoteで発信していきます

 こんにちは。東京都の文京区小石川にある淑徳SC中等部・高等部です note初投稿!以前、note株式会社に表現力を養うための出前授業をお願いしてから早数か月…ようやく動き出せそうです。 淑徳SC中等部・高等部について 文京区小石川が、淑徳の発祥の地です。 120年の歴史が支える伝統の女子教育は、夏目漱石の時代、すでに花開いていました。淑徳はお隣の伝通院ゆかりの学校です。校祖輪島聞声先生が、生徒5人だけの「寺子屋」から始めました。そのため、伝統的な教育スタイルは「少人数教

スキ
75

どうやらちょっと変わった学校のようです。

みなさん、はじめまして。 今年4月に開校した北海道大空高等学校(以下、大空高校)の初代校長の大辻雄介です。 大空高校は北海道網走郡にある大空町の【町立】高校です。県立や道立は聞いたことがあるかもしれませんが、町立っていうのは珍しいですよね。大空町にはもともと道立の女満別高校と町立の東藻琴高校があったのですが、その2つの高校が発展的統合をし、大空高校が誕生しました。 統廃合して新たに高校を創るなら…と町が主導して「主体性を育む」「ICTを活用する」など意欲的な教育改革を進

スキ
100

能勢分校がnoteをはじめます!

 初投稿の記事をご覧いただきありがとうございます!大阪府立豊中高等学校能勢分校の公式noteです。  旧能勢高等学校から大阪府立豊中高校能勢分校へと改編して丸3年が経過しました。  目指したい人材像を「グローカル人財」と定め、豊中高校(本校)と分校間で連携をしながら教育活動に取り組んでいます。グローバルとローカルの両方のセンスを持ち合わせ、広い視野で考えながら地域の課題を設定・解決できる人財、国際社会や地域の魅力化・活性化を担える人財、すなわち「グローカル人財」を生徒・教職

スキ
88

星槎国際高等学校「スポーツコラム」始めます。

星槎は50年にわたり、通信制高校の仕組みを活用しながら「学校に合わせなさい」だけではなく、「学校が(も)生徒に合わせる」ことをテーマに、もっと違った学びを求めている人、スポーツやアートなどに没頭したい人、あるいは、もう一度学校で再チャレンジしたい人など、一人ひとりの希望と学びやすさに配慮しながら、それぞれが輝くことができる場面作りを大切にしてきました。 インターネットだけでは育み切れない、生きるための“関わり合う力”を育むための手段の一つに、スポーツがあると考えます。自分と

スキ
55

「PBLフェスタ2021オンライン」を開催します!

「PBLフェスタ2022オンライン」オープンしました! 1 鹿児島純心のPBLについてこれからの社会には「知識だけでなく,自ら考え表現できる人」が求められるといわれています。 本校では,これからの時代を生きる生徒たちのために,基礎基本から入試学力までを養成する「PIL」,答えが1つではない問い・課題に向き合う「PBL」,一人ひとりの多様な学びを支援する「ICT」,英語だけでなくその活用まで幅広く学ぶ「PE」を通し,21世紀型の新しい学びを実践しています。 ただ1つの正解が,

スキ
60