マガジンのカバー画像

note pro運営がすてきと感じた法人noteまとめ

173
note pro運営チームが読んで、note proを利用するみなさんにもぜひおすすめしたいと思った、すてきな法人noteを集めたマガジンです。自社ならではの独自性をもちながら、… もっと読む
運営しているクリエイター

#note

運用1年を振り返る。海士町noteの裏側全部!

ないものはない海士町公式noteは2022年1月に、1周年を迎えました! 離島という、少し想像しづらい島の様子をお届けするべく、海士町でのできごとや新しい取り組みなどを発信。これまで約110本以上の記事を掲載してきました。 少し遅くなってしまいましたが、改めてこれまでを振り返り、そこから見えてきた運用のコツやこれからの目標などをお話しできればと思います。 ないものはない海士町公式noteの特徴海士町公式noteでは、海士町の新しい取り組みや、イベントレポート、求人情報な

スキ
43

挑戦を続けた2021年。その振り返りとZIPAIRがnoteで目指していくこと。

こんにちは。ZIPAIR note編集部です。 早いもので今年ももう残りわずか。皆さんにとって2021年はどんな年だったでしょうか? 今回は「ZIPAIRにとっての2021年」「その間にnoteで発信してきたことや新たに実施した企画の裏側」、そして「2022年から取り組んでいきたいこと」をお伝えしたいと思います。 新型コロナウイルス感染症の影響が続くなか、ついに悲願達成。 ZIPAIRが立ち上がった当初からずっと掲げてきた言葉があります。それは「太平洋を横断する初のLC

スキ
54

【2022年度版】ベーシックを知るならフォローしておきたいTwitterアカウント

こんにちは、株式会社ベーシックnote編集部です。 2019年に「ベーシックに在籍する魅力的な社員をもっと知ってほしい!」と思い、以下のnoteを公開しました。 ただ、公開から2年が経過し、メンバーや役割が変更したことから上記のnoteを刷新することにしました。ベーシック社員の役割・Twitterアカウントの最新情報をまとめていますので、気になったアカウントがあればぜひフォローしてみてくださいね! ボードメンバー代表取締役 ベーシックの代表である秋山のアカウントです。

スキ
54

noteで出会いつながるための、愛とアイデアの旅はじまります。

旅の醍醐味の1つ、それは、普段の生活では出会えない人と出会えることです。 いつも生活している場所から離れ、遠くへ旅をすると、そこでは自分と全く違う人、だけど、共感したり、ワクワク期待したり、尊敬できる人たちに出会えることがあります。 私たちの言葉で表現するなら、「SUGOI!」と感じられる人たちとの出会いです。 このような人たちとは、自分の世界に閉じこもっていては決して出会えません。自分たちの居場所から、踏み出して、自分の足で歩いた結果、生まれた出会いです。 旅に出る

スキ
71

ビジネスアカウントとして8カ月間noteを運用してみた!

よく聞くオウンドメディアって効果あるの…? noteって運用したらどうなるの…? 他社の数字って…??? そんな疑問をお持ちの方は多いと思います! なので!! 今回はカンナートがビジネスアカウントとしてnoteを運用し始めての8カ月を経ての数字を公開しようと思います!!! 運用体制 弊社では下記のような運用体制でnoteを運用しています。 1:書き手5名(21年8月より7名) 2:編集長1名 3:契約プランはnote pro 4:更新頻度は毎週火曜と金曜 5:お盆やG

スキ
21

海士町みんなのnoteをご紹介!自然体の海士町をお届けします。

海士町に住み働いているみなさんや移住されたみなさんがnoteを更新されています。海士町の皆さんのnoteを通じて、島の様子を知ることができたり、自分が知っていることとは違った視点で、海士を見ることができるかもしれません。「海士町みんなのnote」マガジンで、海士町でのできごとや取り組み、施設・事業所の情報、イベントなどを知る方法の1つとして活用いただけたらなによりです。 「海士町みんなのnote」に掲載しているみなさんを50音順でご紹介していきますね。 青山 敦士 さん 

スキ
30

読者の心の掴み方は全部Webから教わった|小野美由紀 インタビュー

 エッセイ『傷口から人生。 メンヘラが就活して失敗したら生きるのが面白くなった』やスペインにあるカトリック三大巡礼路のひとつ、カミーノ・デ・サンティアゴを歩いたドキュメント『人生に疲れたらスペイン巡礼  飲み、食べ、歩く800キロの旅』などの著作でも注目され、Webでライターとしても活躍されていた小野美由紀氏。  早川書房のnoteで異例のアクセス数「20万PV」を越えた短編小説『ピュア』 。その後『ピュア』を表題作とした単行本が発売されるやいなや、作品に描かれているフェミニ

スキ
240

1周年、note proのメディア運営で学んだのは「信頼」の大切さ。 ~QUMZINE編集後記~

「QUMZINE(クムジン)」をご存じの方も、初めましての方もこんにちは! “人々の情熱を引き出し、閃きと行動につなげる伴走型のアイディエーションファーム” 株式会社フィラメントのオウンドメディアQUMZINEです。 おかげさまで本日2021年4月9日を以て、QUMZINE1周年=note proデビュー1周年を迎えることができました。これまで取材にご協力いただいたみなさま、執筆にご尽力いただいたライターのみなさま、いつもお世話になっているnote pro運営事務局・カス

スキ
63