マガジンのカバー画像

note pro運営がすてきと感じた法人noteまとめ

173
note pro運営チームが読んで、note proを利用するみなさんにもぜひおすすめしたいと思った、すてきな法人noteを集めたマガジンです。自社ならではの独自性をもちながら、… もっと読む
運営しているクリエイター

2021年9月の記事一覧

中古マンションって大丈夫…?あとどれくらいもつの?_リノベを科学する

『リノベを科学する』は中古住宅やリノベーションに対する不明や不安、素朴な疑問について、ビギナー研究員・田形と中堅研究員・千葉が専門家へのインタビューを通して、データを用いながらわかりやすくお答えする連載企画です! 昨年より多くの専門家の方にご協力を頂きながら、11本の記事を発信してまいりました。今回は『中古マンションって大丈夫…?あとどれくらいもつの?』という多くの方が抱く疑問についてまとめたいと思います。 「どれくらいもつのか」については実はいろいろな切り口、要素がある

スキ
48

15年以上UI・UXデザインしてきた私が、SaaS企業でプロダクトマネジメントに挑戦する理由

デザイナーとプロダクトマネジメントの境界は溶け始めています。「The Product Management Triangle」で描かれたプロダクトマネジメントのカバー領域と、UXデザインがカバーすべき領域の重なりを考えると、自然な流れなのかもしれません。 一方でプロダクトマネジメントも、UXデザインも、一人が担うには領域が広範に渡ります。境界は溶けているものの、どのようにその道程を歩むかはまだまだ探索が必要なフェーズ。先人の歩みを共有することは、デザイナーの可能性を広げるこ

スキ
96

東京スポーツ新聞社〝超ゲリラ採用〟のおしらせ

 東京スポーツ新聞社では2022年度新卒及び中途社員を募集することになりました。9月24日(金)に始まった募集期間は9月30日(木)までとマジで短い6日間。なぜこんなにも募集期間が短いのか。上層部はどんな採用計画を思い描いているのか。疑問を感じた記者が採用担当の初田秋彦管理局長を直撃取材しました。(デジタル・事業室 森中航) 東スポに就職して本当に大丈夫なのか――突然の社員募集に驚いてます  初田 若い人がいないと会社の未来がありませんから。 ――会社の存続が不安視され

スキ
119

「地域をつくる人」に会いにいく。東北大学インターンシップ生たちの遠野ツアー

「ものづくりの上流から下流までを見てもらうこと」を通じて、多様な働き方や地域との関わりを体感してもらうプログラムとしてスタートしたキリンビール仙台工場のインターンシップ。 仙台市、東北大学、キリンビールの三者が連携して進めているプロジェクトで、今年は5人の学生が参加してくださることになりました。 そんなインターンシップの内容を伝える「#杜の都のビール学舎」の第2弾。今回はインターン生たちが「地域をつくる人」に会いにいくツアーに、キリンビールのnote編集部が同行しました。

スキ
67

【2022年度版】ベーシックを知るならフォローしておきたいTwitterアカウント

こんにちは、株式会社ベーシックnote編集部です。 2019年に「ベーシックに在籍する魅力的な社員をもっと知ってほしい!」と思い、以下のnoteを公開しました。 ただ、公開から2年が経過し、メンバーや役割が変更したことから上記のnoteを刷新することにしました。ベーシック社員の役割・Twitterアカウントの最新情報をまとめていますので、気になったアカウントがあればぜひフォローしてみてくださいね! ボードメンバー代表取締役 ベーシックの代表である秋山のアカウントです。

スキ
54

【やってみた】Canva中の人が「メルカリ背景あり/なし どっちが売れるか比較テスト! feat.Canva」をリアルにレポート!

2021年8月某日、Canvaの中の人は、ねとらぼさんの記事を読んでいました。 https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2108/16/news107.html それは、Canvaを使ってワンクリックで背景を消すことで、メルカリでの出品作業がとても簡単になるというもの。 日用品などを手軽に売買しあえるフリマプラットフォームとして消費者の生活に溶け込んで久しいメルカリですが、いざ何かを出品しようとなると、意外と時間がかかってしまうこと

スキ
154

noteで出会いつながるための、愛とアイデアの旅はじまります。

旅の醍醐味の1つ、それは、普段の生活では出会えない人と出会えることです。 いつも生活している場所から離れ、遠くへ旅をすると、そこでは自分と全く違う人、だけど、共感したり、ワクワク期待したり、尊敬できる人たちに出会えることがあります。 私たちの言葉で表現するなら、「SUGOI!」と感じられる人たちとの出会いです。 このような人たちとは、自分の世界に閉じこもっていては決して出会えません。自分たちの居場所から、踏み出して、自分の足で歩いた結果、生まれた出会いです。 旅に出る

スキ
71