マガジンのカバー画像

自治体のnote proまとめ

62
noteの「地方公共団体支援プログラム」を利用中の自治体の、自己紹介記事まとめです。noteは、自治体が地域の課題解決や魅力発信に使えるようnote proを無償提供し、継続的に… もっと読む
運営しているクリエイター

#地方自治体

固定された記事

自治体にnote proを無償提供、noteの地方公共団体支援プログラム

noteは自治体に対して、オウンドメディアやホームページ構築が簡単にできる「note pro」を無償提供します。noteディレクターによる運用フォローアップも行い、自治体の情報発信を支援していきます。 地域の魅力を広く発信したり、事業者や住民や団体の声やイベント情報を集めたり。自治体の情報発信ポータルサイトづくりにご活用ください。 noteの地方公共団体支援プログラム概要 対象 全国の地方公共団体 ※都道府県市区町村(区は23区のみ)につき、1アカウントまで。  申込主体

スキ
162

金沢市がnoteをはじめたワケ

はじめまして。 金沢市広報広聴課です。 ご覧いただき、ありがとうございます。 皆さんは金沢がどんなまちかご存知ですか? 加賀藩前田家の拠点として栄え、伝統芸能や工芸が盛んなまち。 アートや建築なんかも有名です。 もちろん「食」も忘れちゃいけません。 甘エビ、カニ、のど黒などなど。 よだれが垂れそうです…。 どうしてnoteなのか。私達は普段、金沢市が進める施策やイベント情報について発信しています。 主に新聞・テレビ・ラジオ・HPで。 それぞれの媒体で読者の年齢層や発信内

スキ
122

粟島の”今”を知ってもらいたい

こんにちは。粟島浦村公式noteです。このnoteでは 島内外に住む方に ”今”の「観光」「生活」「文化」「行政情報」  をお伝えし より粟島を好きになってもらいたい そんな想いをもって不定期に情報発信を行います。 1.新潟県 粟島浦村・・・「粟島」の紹介 まず始めに、私たちが住んでいる粟島をご紹介いたします。  粟島浦村は、新潟県の北部に浮かぶ一島一村の離島です。村上市岩船港~粟島港まで35kmの航路を有し、人口は令和3年度で約340人と、日本では4番目に小さな

スキ
10

~市制50周年に向けて~ 春日市制50周年記念事業公式noteはじめました

みなさん、はじめまして。 春日市制50周年記念事業プロジェクトチームのタケゾエです。 このたび、春日市制50周年に向けて、公式noteを始めることになりました! まずは、市の紹介も兼ねて、このnoteで何を伝えていきたいかお話したいと思います。 どうぞ最後までお付き合いください。 1 春日市ってこんなところ 春日市は、福岡県にある人口約11万人の自治体です。 福岡の中心部から10km圏内にあり、車でも電車でもすぐに中心部に行けるところが魅力の1つです。 面積は14.1

スキ
33

下川町公式note「リスタート」します!

二度目ましてご無沙汰しております、下川町の清水です。半年程記事の掲載が途切れてしまっていて、あれ?元気かな?とご心配をおかけしました。我々はすこぶる元気です。この場を借りて、下川町の進化に伴ったnote活用の方向転換についてお伝えさせてください。 北海道下川町役場公式で町民参加型noteはじめます! ー「しもかわまちづくりノート」自己紹介記事 と宣言してから丁度3年が経ちました。 なんとも早いもので、3年の間、下川町は進化し続け、気づいたらコロナ禍に突入。環境をはじめと

スキ
44

にいがた県、noteはじめました。

はじめまして。 新潟県創業・イノベーション推進課です。 本日、新潟県とnote株式会社は「産業振興を目的とした情報発信に関する連携協定」を締結し、 👏👏新潟県note公式アカウントを開設しました👏👏 note株式会社との協定は、全国の自治体で“初”とのことです。 (新潟県・花角知事とnote・加藤社長の協定式の様子) ↑noteの加藤社長は新潟県出身で、あの有名な「もし高校野球の女子マネージャーがドラッガーの『マネジメント』を読んだら」(岩崎夏海著 略して「もしドラ

スキ
154

初めまして、高知県の日高村です〜なぜ自治体公式noteを運用することにしたのか〜

初めまして。日本の高知のほどよい田舎『日高村』です。 
日高村ではこれまでも公式ホームページのほか、YouTubeやFacebookなどで情報を発信してきましたが、この度「note」の運用も開始することになりました。 とりあえず最初に日高村のここだけは知って欲しい! "日"本の"高"知の"村"=日高村。日高村は人口5000人弱の小さな村です。
高知県の県庁所在地である高知市からは西に車で約25分。市街地からそれほどに遠くなく、ほどよい田舎と呼ばれています。 日高村の特

スキ
35

おおずのnote はじめます

愛媛県は南予地方に位置する人口4万人の町「大洲市」 〈観光まちづくり〉を推し進めるこのまちの観光に特化した公式noteをはじめます。 まずは大洲についての振りかぶり、執筆者紹介、このnoteの目的を書いていきますのでぜひ最後までお目通しください! 大洲のあれこれ 大洲市は平成17年に旧大洲市・長浜町・肱川町・河辺町が合併してできた市です。 海と山と川に囲まれ、大洲城下町には昔ながらの風情ある町並みが保全されています。が、はっきり言って日本のどこにでもありそうな町です

スキ
24

\選択されるマチへ/北海道猿払村がnote で実現したい4つのこと

北海道猿払村公式noteスタート noteで実現したい4つのこと 猿払村民に猿払をもっと好きになってほしい 猿払を好きな人にもっと好きになってほしい 猿払を知っている人に猿払を好きになってほしい 猿払を知らない人に猿払を知ってほしい そして、選択されるマチへ 猿払村を簡単にご紹介 日本で最北の村といわれ、東京23区に匹敵する面積を有しています。 そんな、日本の政治経済の中心東京から遥か、1,500キロ離れた猿払村ですが、約2,700人が生活を営んでいます。 厳し

スキ
138

鹿児島県東串良町公式noteはじめます。

はじめに はじめまして! 鹿児島県 東串良町(ひがしくしらちょう)の企画課、広報担当です。 この春から、町の公式noteが始まります! 東串良町ってこんなところ九州最南端、鹿児島県本土の東部中央にあり、人口は約6,500人。 周辺に鹿屋、都城といった買い物や子育てに便利な商業地域があると同時に、海・山・空の自然に囲まれた町です。 また、鹿児島県内にはJAXA(国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構)のロケット打ち上げ基地が2つあります。 今回、トップ画像に使わせて頂い

スキ
141

和歌山市広報note、はじめます。

はじめまして。 ご覧いただきありがとうございます。 和歌山市広報広聴課です。 「和歌山市広報note」の運用を開始し、主に県外にお住いのみなさまに、和歌山市を応援したい、行ってみたい、住んでみたい、と思っていただけるような、選りすぐりの情報をお届けしたいと思っています。 まずは、下記の2点についてお話したいと思います。 1. 誰が発信しているの?和歌山市広報広聴課、上野が編集・執筆を担当します。 「和歌山市広報note」の運用など、県外への和歌山市のPRをしています。

スキ
81

『水上村公式note』はじめました。熊本県の隠れ里の魅力を全国へ発信

熊本県の南部に位置する球磨郡にある"水上村"をご存知ですか? 雄大にそびえ立つ霊峰市房山、清らかな水が流れる球磨川という大自然の宝に恵まれた水上村には「ほんとうの空気」と「ほんとうの水」が存在します。 この度、水上村の「暮らしやすさ」「働きやすさ」「遊びやすさ」などの”水上村のすべて”を発信していく水上村公式noteを立ち上げました。 私たちが水上村を愛する理由、水上村にしかない魅力などをこの水上村公式noteを通してたっぷりご紹介していきます。 水上村の魅力 都会から程

スキ
15

南伊豆町noteはじめます。「静岡県南伊豆町のプロフィール」

はじめに 皆さまはじめまして!このたび、南伊豆町では企画課地方創生室と商工観光課共同で公式noteアカウントを開設することになりました。 noteアカウントでは町が力を入れている移住・ワ―ケーション・ふるさと寄付情報などを中心にホームページや広報だけではなかなか伝わりにくい町の取り組みや魅力をお届けします。 (アカウント名に(仮)と入っていますが、現在「公式」にできるか審議中?であるためいったん仮営業となっています。このあたりのお話しについてはまた後ほど) 記念すべき

スキ
65

浜松市公式noteを始めました!

こんにちは! 浜松市の公式noteをスタートします。 私たち広聴広報課の広報編集メンバーは、普段、市の広報紙「広報はままつ」をつくっています。今まで、浜松市の公式ウェブサイト内でWEB限定記事「広報はままつ編集室のこぼればなし」を掲載してきました。その記事をさらに多くの人に読んでもらいたいという思いから、noteに移転することにしました。 静岡県浜松市の全世帯に配布している「広報はままつ」。その制作は、情報収集や取材から紙面編集作業まで、ほとんどを私たち広聴広報課の広報編

スキ
40

世界の中心で、緑茶愛をさけぶ

初めましての方も、ご存じの方も、こんにちは。 静岡県島田市(しまだし)広報課シティプロモーション室です。 だいぶ懐かしいタイトルですね。ちょっと調べたら20年くらい前だそうで、血の気が引きました。 さて、島田市は、静岡県の中部に位置し、茶畑が広がるのどかなまちです。 静岡といえばお茶、お茶といえば静岡、の県内でも有数の茶産地です。 かつて「箱根八里は馬でも越すが、越すに越されぬ大井川」と唄われ、東海道の宿場町として栄えました。 大井川に架かる蓬莱橋は、世界一長い木造歩道橋と

スキ
49