自治体のnote proまとめ

51
固定された記事
自治体にnote proを無償提供、noteの地方公共団体支援プログラム
+5

自治体にnote proを無償提供、noteの地方公共団体支援プログラム

noteは自治体に対して、オウンドメディアやホームページ構築が簡単にできる「note pro」を無償提供します。noteディレクターによる運用フォローアップも行い、自治体の情報発信を支援していきます。 地域の魅力を広く発信したり、事業者や住民や団体の声やイベント情報を集めたり。自治体の情報発信ポータルサイトづくりにご活用ください。 noteの地方公共団体支援プログラム概要 対象 全国の地方公共団体 ※都道府県市区町村(区は23区のみ)につき、1アカウントまで。  申込主体

スキ
154
愛媛県東温市のnoteはどんなコンテンツ?

愛媛県東温市のnoteはどんなコンテンツ?

はじめまして。愛媛県東温市(とうおんし)です。このたびnoteでの広報活動が始まりました(イエーイ)。見出し画像のように大きく成長することが目標です。 まずは、誰が発信しているか、誰に読んでほしいか、どんなコンテンツを出していくか、の3つをさらっとお話します。最後までお付き合いいただけると嬉しいです。 誰が発信しているか広報担当2人を中心に執筆します。 コイデ 85' 2009年採用、高齢福祉→農林振興→情報管理→地域振興→2018年から広報担当、高校時代はバスケ部、趣

スキ
78
土佐町、公式note始めました!

土佐町、公式note始めました!

初めまして!土佐町公式「note」始めました。 高知県の嶺北(れいほく)地方にある、人口約3,800人の町、土佐町(とさちょう)からお送りいたします。 このnoteを更新するのは、土佐町役場の職員と、土佐町で活躍する地域おこし協力隊です。これから、土佐町の暮らしや行政の取り組み、そして、令和2年度に新しくオープンした「さめうらカヌーテラス」などについて、発信していきます。 第1回目の今回は、『土佐町の自己紹介』をテーマに、土佐町役場の職員、岡本(おかもと)がお送りいたしま

スキ
18
五島に移住する前に(移住マメ知識付き)

五島に移住する前に(移住マメ知識付き)

1. noteで書くこと 「空き家も多そうだし、家はすぐ見つかりますよね?」 「島は仕事が限られそうだから、その中から選ぶしかないですよね?」 これらは実際に移住相談員に寄せられた質問です。 この質問、ざっくり答えるとどちらもNOです。 なぜ家がそう簡単に見つからないのか 島にはどんな仕事があるのか よくある相談をもとに五島市の移住定住チームが、五島のこと、島暮らしのこと、移住するまでにやること、島あるあるなど五島の移住についてまとめるためにnoteを立ち上げました。

スキ
60
人口約2,250人の挑戦の島 海士町。公式noteはじめました。
+15

人口約2,250人の挑戦の島 海士町。公式noteはじめました。

このたび、海士町公式noteをはじめることになりました。この場を借りて、海士町の紹介や開設のきっかけなどについてお伝えさせてください。 海士町とは島根県隠岐諸島に位置する人口約2,250人の町、海士町。海・山・田畑のそろった自給自足のできる半農半漁の島です。2011年にないものはない宣言。2015年に隠岐ユネスコ世界ジオパークに認定されました。教育の魅力化をはじめ、様々な取り組みを推し進める挑戦の島です。 動画の音声は英語です。島の雰囲気をお楽しみください。 なくてもよ

スキ
55
『水上村公式note』はじめました。熊本県の隠れ里の魅力を全国へ発信

『水上村公式note』はじめました。熊本県の隠れ里の魅力を全国へ発信

熊本県の南部に位置する球磨郡にある"水上村"をご存知ですか? 雄大にそびえ立つ霊峰市房山、清らかな水が流れる球磨川という大自然の宝に恵まれた水上村には「ほんとうの空気」と「ほんとうの水」が存在します。 この度、水上村の「暮らしやすさ」「働きやすさ」「遊びやすさ」などの”水上村のすべて”を発信していく水上村公式noteを立ち上げました。 私たちが水上村を愛する理由、水上村にしかない魅力などをこの水上村公式noteを通してたっぷりご紹介していきます。 水上村の魅力 都会から

スキ
15
名古屋市広報課、何でnoteなの?

名古屋市広報課、何でnoteなの?

名古屋市公式note、始めます! 「発信しきれなかった情報を届けたい、伝えたい。」 こういった想いで、noteを始めていきます。 今回書いているのは広報課広報係の職員、いわゆる中の人です。 名古屋市は人口230万人以上(世帯数は110万世帯以上)と、政令指定都市では横浜市、大阪市に次いで3番目の規模をほこります。 そんな名古屋市の写真ですが、皆さん、この写真2つどこか分かりますか? ※こちらの写真は、名古屋市広報課のフォト蔵で公開しています。 1つ目は名古屋駅です。

スキ
143