マガジンのカバー画像

note pro自己紹介記事まとめ

460
noteでは、読者へ運営方針を表明するのがコツです。このマガジンでは、note proを利用するクリエイターの、自己紹介記事をまとめました。
運営しているクリエイター

#マンガ

固定された記事

まずは自己紹介記事を書いてみよう

noteをはじめたら、個人の方でも法人の方でも、まずは自己紹介記事を書くことをおすすめします。自己紹介記事に、大きな決まりはありませんが、つくっておくだけでさまざまないいことがあるはずです。 なぜ自己紹介記事が必要なの?noteでは、好きな記事を、「プロフィール」として、クリエイターページに登録することができます。あなたがどこの誰で、何をしてきて、何をしようとしているのか。これらを書いておくことで、より読者とつながりやすくなります。 読者に”自分のことを伝える”仕組みをつ

スキ
350

ファンギルド、noteはじめます。

はじめまして、新宿二丁目(新宿御苑のおとなり!)で電子コミックの出版をしています! 記念すべき1本目となるこの記事では、私たちの紹介や今後noteでどんなことを発信していくのか、についてまとめてみたいと思います! ファンギルドについてファンギルドは、おもしろい(FUN)仲間たち(GUILD)と「おもしろい」ものをつくり続ける出版社です。 電子・紙問わず国内外に様々なジャンルのコミックスを届けています。 「ストーリーの力で、人生にFUNを。」  ~FUN for ALL,

スキ
31

鳥取県立美術館がnoteでチャレンジしたいこと

みなさん、はじめまして。 鳥取県立美術館広報担当です。(やや、緊張気味) 2020年秋に公式FB、その後21年春にプレサイトを立上げ、いよいよnoteを始めることとしました。これを読んでくれる方がどんなことに興味を持ってもらえるのか、楽しみに読んでもらえるかな?と試行錯誤しながら使い方を覚えていくというチャレンジングな投稿となりますが、心あたたかく見守っていただけると嬉しいです。 さて、なぜnoteをスタートさせたかをお話しする前に、簡単に鳥取県立美術館(以下、鳥取県美)の

スキ
58

ようこそ!映画『るろうに剣心』10周年記念特別企画オフィシャルページへ!

映画『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』の公開を記念して、期間限定でオフィシャルページを開設! 毎週火曜日・木曜日に投稿していきます! 本ページでは、“前作を超える”という信念の元常にシリーズを進化させ続けた、限界知らずのスタッフ・キャストによるチーム「るろうに剣心」の10年間の軌跡を振り返ります。 映画『るろうに剣心』シリーズは、誰も体験したことのない衝撃的なスピードで繰り広げられる圧倒的な迫力のアクションと、胸を揺さぶるエモーションな

スキ
1,680

「マンガBANG!」の"中の人"! 公式noteはじめます

はじめまして。 株式会社Amaziaで人事担当をしている渡邉と申します。 この度、公式noteを開設することとなりました! 株式会社Amaziaとは?「Amazia」という社名に覚えがなくても、「マンガBANG!」というアプリ名はご存知だったり、使っていただいていたりする方はいらっしゃるかもしれません。 株式会社Amaziaはマンガアプリ「マンガBANG!」の開発運営会社、いわゆる”中の人”になります。 主軸事業がマンガアプリということもあり、「Amaziaさんはマン

スキ
15

読みたい漫画が見つかるレビューサイト、始めます。

いま、日本で一番おもしろい漫画は『鬼滅の刃』なのかみなさん、漫画を読んでますか? ここ最近で話題になった漫画と言えば、週刊少年ジャンプ(集英社)で連載されていた、吾峠呼世晴さんの『鬼滅の刃』を避けては通れません。2018年6月のアニメ化発表時は350万部ほどだった累計発行部数が1年半で10倍以上の6000万部(※2020年5月8日のYahoo!ニュース記事より)にまで膨れ上がった本作は、人気絶頂の中で4年3ヶ月の週刊連載に幕を閉じました。 吾峠呼さんからの「ありがとう」が

スキ
64