note pro自己紹介記事まとめ

415
固定された記事
まずは自己紹介記事を書いてみよう

まずは自己紹介記事を書いてみよう

noteをはじめたら、個人の方でも法人の方でも、まずは自己紹介記事を書くことをおすすめします。自己紹介記事に、大きな決まりはありませんが、つくっておくだけでさまざまないいことがあるはずです。 なぜ自己紹介記事が必要なの?noteでは、好きな記事を、「プロフィール」として、クリエイターページに登録することができます。あなたがどこの誰で、何をしてきて、何をしようとしているのか。これらを書いておくことで、より読者とつながりやすくなります。 読者に”自分のことを伝える”仕組みをつ

スキ
291
はじめまして、旺文社ココマナ編集部です。

はじめまして、旺文社ココマナ編集部です。

みなさん、はじめまして。 旺文社の岡崎です。 私たち旺文社は、参考書や問題集、辞書、学習アプリなどを提供している教育出版社です。 うん、なかなかお堅いイメージですよね。  「あ~、地図の会社ね!」 「どんな週刊誌出してるとこだっけ?」 と言われたりもするのですが、実に地道に創業から90年、コツコツ「学ぶ人」に寄り添い、そして、わかる喜びに対し、良質な教育コンテンツを届けたいという思いを持ってきました。 特に英語学習に関しては、定期試験や大学受験、英検やTOEICなど

スキ
103
フラーのデジタルノート、はじめます

フラーのデジタルノート、はじめます

スマホアプリが誕生してから10年以上が経過した2021年、スマホは私たちの生活の中に浸透し、ウェブやアプリといった体験は生活の質を劇的に向上させました。同時に、デジタル領域での事業の成功は企業や業態の新旧を問わず必須の時代が到来しています。 数多くの企業がデジタルに舵を切る一方で、デジタル領域で事業を展開するにあたっては社内の技術的なナレッジの蓄積や他社との連携を含む推進体制の確立など、まだまだ課題とする部分が多いのが現状です。 そこでフラーは、フラーのnoteをリニュー

スキ
28
tunageru 公式noteはじめました。
+3

tunageru 公式noteはじめました。

こんにちは! tunageru(ツナゲル) note編集チームです。 この度、tunageru 公式noteを始めることになりました! 実は記事自体はすでに何本かアップしており、ご挨拶が遅くなってしまいました。。 tunageruとは tunageruは、スタートアップ企業、株式会社ディープラストレーディングが運営する「生地工場とアパレルメーカーをつなげるプラットフォーム」です。 tunageru 公式サイト 某繊維業界紙などでは、「BtoB(企業間取引)向けのプラ

スキ
17
本の本当の楽しさを伝えたくて。マガジンハウス書籍部、noteはじめます。

本の本当の楽しさを伝えたくて。マガジンハウス書籍部、noteはじめます。

書籍編集の仕事を15年ほどやってきました。 こんなに楽しい仕事は他にない。毎日そう思いながら本作りをしています。 面白い原稿をいただけた時のホクホク感。 その原稿が、様々なプロの力によって一冊の本に仕上がり書店に並ぶ時のドキドキ感。 数ヶ月から時に数年かかるその過程には、いくつもの発見、いくたびもの心揺さぶられる出来事があります。 一冊の本がどのように生まれ、どんな風に世に受け入れられるか。 本を作り、本を届ける楽しさを、noteの場を借りて、これからお伝えしていきたいと

スキ
70
noteはじめました✨
+2

noteはじめました✨

フィードフォースのミッション 「働く」を豊かにする。 企業内のビジネスワークフローにはまだまだ改善の余地がたくさんあり、それらは SaaS や AI などのテクノロジーを活用することで劇的に生産性を向上できるはずです。 そうすることでオペレーショナルな業務から解放され、本来人がやるべきクリエイティブな仕事に時間を使えるようにしたい、というのがわたしたちフィードフォースがミッションに込めている想いです。 テクノロジーの活用で、「働く」はもっと豊かになる。ということをより多くの

スキ
24