マガジンのカバー画像

note pro自己紹介記事まとめ

552
noteでは、読者へ運営方針を表明するのがコツです。このマガジンでは、note proを利用するクリエイターの、自己紹介記事をまとめました。
運営しているクリエイター

#クリエイター

まずは自己紹介記事を書いてみよう

noteをはじめたら、個人の方でも法人の方でも、まずは自己紹介記事を書くことをおすすめします。自己紹介記事に、大きな決まりはありませんが、つくっておくだけでさまざまないいことがあるはずです。 なぜ自己紹介記事が必要なの?noteでは、好きな記事を、「プロフィール」として、クリエイターページに登録することができます。あなたがどこの誰で、何をしてきて、何をしようとしているのか。これらを書いておくことで、より読者とつながりやすくなります。 読者に”自分のことを伝える”仕組みをつ

スキ
438

LANCER UNITの公式noteをはじめます

はじめまして、LANCER UNIT(ランサーユニット)note編集部です。 この度、ランサーユニットのことを一人でも多くの人に知ってもらい、サービスを活用していただきたいと思い、noteの公式アカウントを立ち上げることになりました。 公式noteをはじめるにあたり、ランサーユニットnote編集部として「なぜnoteをはじめたのか」「どんなことを発信していくのか」「これから私たちがnoteで伝えたいこと」を簡単にお伝えできればと思います。 LANCER UNITとはどん

スキ
28

6つの質問形式で読む㈱メンバーズ|メンバーズのIR noteをはじめました。

メンバーズとはどんな会社なのか。はじめに読んでいただきたい記事です。 こんにちは。株式会社メンバーズです。 株主や投資家の皆さまをはじめ、多くの方々に当社について知っていただきたく、Members IR noteと題し、本noteを開設いたしました。 初回記事では、メンバーズの目指す姿や事業内容、成長力について、6つの観点からご紹介します。 (この記事は約5分で読めます) Q1.メンバーズが目指すものは?当社では、マーケティングの基本概念を「人の心を動かすもの」、そ

スキ
77

こんにちは、HIGH-FIVEです。改めて自己紹介。

この記事では、改めて私たち「HIGH-FIVE」が何者なのか、何を発信しようとしているのかをご紹介します。 私たちは「クリエイターに寄り添う」集団です。まず私たちの会社、クリーク・アンド・リバー社(以下、C&R社)についてお話しします。 クリエイター·エージェンシーのパイオニアとして、1990年に設立して以来、「ゲーム・映像・Web・IT・データなどのクリエイティブ領域」で活躍するプロフェッショナルクリエイターの皆さんのキャリア支援をしています。 「プロフェッショナルの生

スキ
68

行列のできるラーメン屋さんに入って、カルボナーラを注文する!?

行列のできるラーメン屋さんに入って、カルボナーラを注文する。 高級フレンチのシェフに、たこ焼きをオーダーする。 バラエティ番組なら、盛り上がりそうな企画ですが、日常の世界でこんなチャレンジングなことをする人は、ほぼいませんよね。 でも、じつは広告クリエイティブの世界では「あるある」だったりします。 知らず知らずのうちに起きてしまう冗談のような悲劇。これって、お互いにとってハッピーではありませんよね。           ここで言う「お客さん」は、クライアントさん。 「料理

スキ
137