note pro自己紹介記事まとめ

444
固定された記事

まずは自己紹介記事を書いてみよう

noteをはじめたら、個人の方でも法人の方でも、まずは自己紹介記事を書くことをおすすめします。自己紹介記事に、大きな決まりはありませんが、つくっておくだけでさまざまないいことがあるはずです。 なぜ自己紹介記事が必要なの?noteでは、好きな記事を、「プロフィール」として、クリエイターページに登録することができます。あなたがどこの誰で、何をしてきて、何をしようとしているのか。これらを書いておくことで、より読者とつながりやすくなります。 読者に”自分のことを伝える”仕組みをつ

スキ
318

文部科学省「#教師のバトン」プロジェクトを始めます!

私たちは、文部科学省内の若手職員、教員経験者、広報担当職員などを中心に結成された「#教師のバトン」プロジェクト担当です。 このたび、文部科学省では「#教師のバトン」プロジェクトを立ち上げ、公式noteを始めることになりました。 キャッチコピーは「未来へつなぐ、教師のバトン」。 公式noteを始めるにあたって、私たちが、なぜ「#教師のバトン」プロジェクトを立ち上げたのか、どのような課題意識を持ち、どのような未来を目指しているのか、公式noteでお伝えしたいことは何か、を

スキ
135

NHK学園高等学校デザインラボ、noteはじめます!

NHK学園は、NHKの放送を利用した通信制高校として1962年に開校しました。 NHKの放送を利用するので、学習の場の制限がありません。「いつでも、どこでも、だれでも」をコンセプトにSDGsの議論が始まる50年も前から「質の高い教育をみんなに!」という理念を持って、誕生した学校です。 今も昔も、生徒は高校卒業という共通目標を持って入学してきます。でも、一方で、高校生の時期特有の、「自分とは何か」「自分は何がしたいか、何が向いているか」「どんな将来を思い描くか」といった自己と

スキ
56

英語教育の“今” を知る。明日からの授業が変わる。

グローバル時代を迎え、大きな転換期を迎えた日本の英語教育。 地球的視野を持って、多様な価値観をもつ人々と協働し、社会課題を解決するために行動を起こすことのできるグローバル人材の育成は喫緊の課題とされています。 このような時代をたくましく生き抜く力を育むために、2020年度からは新学習指導要領が学校種ごとに実施されていきます。 英語教育の重要性はさらに高まっています。 だからこそ、今、英語教育に関わる教員の皆さんには、「生涯にわたり学び続ける自律した学習者を育てること」が求

スキ
18