マガジンのカバー画像

note pro自己紹介記事まとめ

551
noteでは、読者へ運営方針を表明するのがコツです。このマガジンでは、note proを利用するクリエイターの、自己紹介記事をまとめました。
運営しているクリエイター

#クリエイティブ

まずは自己紹介記事を書いてみよう

noteをはじめたら、個人の方でも法人の方でも、まずは自己紹介記事を書くことをおすすめします。自己紹介記事に、大きな決まりはありませんが、つくっておくだけでさまざまないいことがあるはずです。 なぜ自己紹介記事が必要なの?noteでは、好きな記事を、「プロフィール」として、クリエイターページに登録することができます。あなたがどこの誰で、何をしてきて、何をしようとしているのか。これらを書いておくことで、より読者とつながりやすくなります。 読者に”自分のことを伝える”仕組みをつ

スキ
438

HAKUTEN note はじめます。

はじめまして!HAKUTEN note編集部です。 突然ですがみなさま、博展という会社をご存知でしょうか? 名前だけは聞いたことがある方も、一緒にお仕事をさせていただいた方もいらっしゃるかもしれませんが、初めてお会いする方には「楽天さんですか?」とか「博報堂グループでしたっけ?」と間違えられてしまうので...      まずは博展という会社について紹介させてください。 博展って何をしている会社なの? 弊社は「ココロ揺さぶる瞬間を創り、世の中を次へ動かす。」をビジョン

スキ
40

行列のできるラーメン屋さんに入って、カルボナーラを注文する!?

行列のできるラーメン屋さんに入って、カルボナーラを注文する。 高級フレンチのシェフに、たこ焼きをオーダーする。 バラエティ番組なら、盛り上がりそうな企画ですが、日常の世界でこんなチャレンジングなことをする人は、ほぼいませんよね。 でも、じつは広告クリエイティブの世界では「あるある」だったりします。 知らず知らずのうちに起きてしまう冗談のような悲劇。これって、お互いにとってハッピーではありませんよね。           ここで言う「お客さん」は、クライアントさん。 「料理

スキ
137

はじめまして。博報堂アイ・スタジオです。

こんにちは! 株式会社博報堂アイ・スタジオでは、このたび公式noteを立ち上げることとなりました。 ▶︎博報堂アイ・スタジオって?はじめに、博報堂アイ・スタジオのことをご存知ない方も多いと思いますのでちょっとだけ自己紹介をさせてください。 博報堂アイ・スタジオは、2000年に設立した、博報堂DYグループのデジタル領域に特化したクリエイティブ企業です。「アイスタ」の愛称で呼ばれることが多いです。 情報生活を「分かりやすく楽しく」するWEBサイトやアプリ、デジタルプロモーショ

スキ
35