note pro自己紹介記事まとめ

366
固定された記事
まずは自己紹介記事を書いてみよう

まずは自己紹介記事を書いてみよう

noteをはじめたら、個人の方でも法人の方でも、まずは自己紹介記事を書くことをおすすめします。自己紹介記事に、大きな決まりはありませんが、つくっておくだけでさまざまないいことがあるはずです。 なぜ自己紹介記事が必要なの? noteでは、好きな記事を、「プロフィール」として、クリエイターページに登録することができます。あなたがどこの誰で、何をしてきて、何をしようとしているのか。これらを書いておくことで、より読者とつながりやすくなります。 読者に”自分のことを伝える”仕組み

215
星槎国際高等学校「スポーツコラム」始めます。

星槎国際高等学校「スポーツコラム」始めます。

星槎は50年にわたり、通信制高校の仕組みを活用しながら「学校に合わせなさい」だけではなく、「学校が(も)生徒に合わせる」ことをテーマに、もっと違った学びを求めている人、スポーツやアートなどに没頭したい人、あるいは、もう一度学校で再チャレンジしたい人など、一人ひとりの希望と学びやすさに配慮しながら、それぞれが輝くことができる場面作りを大切にしてきました。 インターネットだけでは育み切れない、生きるための“関わり合う力”を育むための手段の一つに、スポーツがあると考えます。自分と

38
Player!公式note、はじめます。

Player!公式note、はじめます。

こんにちは、Player!公式note編集部です。 このたび、スポーツエンターテイメントアプリ「Player!」では、新たに公式noteを開設することとなりました。 誰もが自分の好きなマイスポーツをつくり、応援して楽しめることができるよう、Player!公式noteでは大きく以下のことを発信していく予定です。 ・Be a Player! PROJECTのご紹介 ・Player!の最新情報や楽しい使い方のご紹介 まず第一弾として、自分らしい道でスポーツに関わる大学生への

60
アンダーアーマー、ガチのnote始めます。

アンダーアーマー、ガチのnote始めます。

はじめまして。 アンダーアーマーnote編集部です。 このたび、「アンダーアーマー公式note」を開設いたしました。 これからこの場所でどんなことをしていきたいかについては、後ほどご説明いたします。まずは初めての投稿になりますので、少しだけ自己紹介をさせてください。 アンダーアーマーの原点、それはアスリートのために生まれた一枚のシャツでした。 アンダーアーマーの創業者であり、元学生アメフト選手だったケビン・プランクはプレー中にコットンシャツが汗で重くなり、ベタベタと肌に

225