マガジンのカバー画像

note pro自己紹介記事まとめ

460
noteでは、読者へ運営方針を表明するのがコツです。このマガジンでは、note proを利用するクリエイターの、自己紹介記事をまとめました。
運営しているクリエイター

#テクノロジー

固定された記事

まずは自己紹介記事を書いてみよう

noteをはじめたら、個人の方でも法人の方でも、まずは自己紹介記事を書くことをおすすめします。自己紹介記事に、大きな決まりはありませんが、つくっておくだけでさまざまないいことがあるはずです。 なぜ自己紹介記事が必要なの?noteでは、好きな記事を、「プロフィール」として、クリエイターページに登録することができます。あなたがどこの誰で、何をしてきて、何をしようとしているのか。これらを書いておくことで、より読者とつながりやすくなります。 読者に”自分のことを伝える”仕組みをつ

スキ
350

【会社紹介】SQUEEZE、note始めます!

はじめまして、株式会社SQUEEZE(スクイーズ)広報チームです。 私たちはこれからnoteを始めることにしました。この初回の記事では、私たちの会社紹介とnoteで発信する概要についてお届けいたします。 SQUEEZEのミッションは、テクノロジーを使って「価値の詰まった社会を創る」ことです。私たちは、宿泊業界のアップデートや新しい街・社会を創造するオペレーション・テック企業です。 このnoteでは、当社が目指す世界観や、取り組み事例、これからの宿泊施設や空間のあり方につい

スキ
23

+tech laboは生活者のしあわせを実装する研究所です

▶+tech laboってなに? 私たち+tech laboは、電通テックの開発型組織として、2018年7月に始動しました。 電通テックは日々クライアントと共に、新しくてワクワクするプロモーションを生み出しています。 その経験を生かして、今度は自社で新しいプロダクトやサービスを生み出すことにチャレンジしてみよう、ということで創設されたのが+tech laboです。 私たちの志はステイトメントに込めておりますので、ぜひご一読ください。 ステイトメントの最後に「私たちはテクノロ

スキ
25

about_ZIKU WORKSTYLE LAB

『はたらく』を考えるウェビナー、ZIKU WORKSTYLE LAB(時空ワークスタイルラボ)についてご説明します!! 今だから、『はたらく』を考えよう新しい『はたらく』を考えるラボ と銘打った、これからのはたらき方を考えるウェビナーです。 リモートワークやサテライトオフィス、オンラインでの会議やイント。 今、働き方に大きな変化が起きています。 この変化の中で、あなたは何をして、何を選びますか・・・? ZIKU WORKSTYLE LABでは、 既に新しいWORKST

スキ
7

本当に必要なモノ・コトを再定義するメディア「Less is More. 」スタート。

この度「Less is More.」というタイトルでnoteを立ち上げました。 初めての投稿は、ご挨拶とともにアカウントを立ち上げた経緯と、コンセプト・どんなことを取り上げていきたいのかをお届けします。 まずは、このアカウントを運営をしているインフォマートについて。 インフォマートとは? 416505社に導入実績がある「BtoBプラットフォーム」を運営しています。 商談・受発注・規格書・請求書・見積書・契約書・業界チャネルの7つのシステムを持ち、企業間取引の電子化により

スキ
134