note pro自己紹介記事まとめ

343
固定された記事
まずは自己紹介記事を書いてみよう

まずは自己紹介記事を書いてみよう

noteをはじめたら、個人の方でも法人の方でも、まずは自己紹介記事を書くことをおすすめします。自己紹介記事に、大きな決まりはありませんが、つくっておくだけでさまざまないいことがあるはずです。 なぜ自己紹介記事が必要なの? noteでは、好きな記事を、「プロフィール」として、クリエイターページに登録することができます。あなたがどこの誰で、何をしてきて、何をしようとしているのか。これらを書いておくことで、より読者とつながりやすくなります。 読者に”自分のことを伝える”仕組み

185
LINE Blockchain、noteをはじめます。

LINE Blockchain、noteをはじめます。

はじめまして、LINE Blockchainのマーケティング担当Moeです。 この度、みなさんにLINE Blockchainについてもっと知ってもらうための場として、note公式アカウントをはじめることになりました。 はじめましての今回はLINE Blockchainの自己紹介をしたいと思います! 最後までお付き合いいただけると幸いです。 🧱 LINE Blockchainの生い立ち 「LINE Blockchain」は、LINEの経済圏「LINE トークンエコノ

18
LayerX #history はじめます

LayerX #history はじめます

はじめまして。すべての経済活動を、デジタル化したい、LayerXです。 LayerXのことをもっと知っていただくために、この公式noteを作りました。 #history について タイトルにある #history は、Slackのチャネル名です。LayerXでは、その日にあった何気ない出来事や、日々変化するオフィスの様子、みんなのカジュアルコミュニケーション、時にはランチ、メンバーが業務中に寝ている写真などをアルバムのように #history チャンネルに残しています(↓

56
僕たちに「ブロックチェーン」はいらない 〜Aerialチームの座標ゼロ〜

僕たちに「ブロックチェーン」はいらない 〜Aerialチームの座標ゼロ〜

noteにたどり着いていただきありがとうございます。 株式会社Aerial Partners(読み:エアリアルパートナーズ、以下「Aerialチーム」)代表の沼澤健人です。 Twitterでは「二匹目のヒヨコ(※)」として活動しています。 Aerialチームは2017年から、仮想通貨交換業者やDapps開発事業者を中心とするブロックチェーン企業、そして個人の仮想通貨(暗号資産)利用者のサポートを行っています。 今回、Aerialチームがどんな想いで事業に取り組んでいるか

50