note pro自己紹介記事まとめ

400
固定された記事
まずは自己紹介記事を書いてみよう

まずは自己紹介記事を書いてみよう

noteをはじめたら、個人の方でも法人の方でも、まずは自己紹介記事を書くことをおすすめします。自己紹介記事に、大きな決まりはありませんが、つくっておくだけでさまざまないいことがあるはずです。 なぜ自己紹介記事が必要なの? noteでは、好きな記事を、「プロフィール」として、クリエイターページに登録することができます。あなたがどこの誰で、何をしてきて、何をしようとしているのか。これらを書いておくことで、より読者とつながりやすくなります。 読者に”自分のことを伝える”仕組み

スキ
267
お届けします、私たちの『原動力』

お届けします、私たちの『原動力』

はじめまして。株式会社ダンクハーツの長谷川春菜です。 ソーシャルゲームアプリ開発・運営や、Vtuber事業を担う私たちですが、この度、社員全員が自身の技術/スキル/知識を発信できる場としてこの『DankHeartsEngine』を開設いたしました。 この記事ではこの場を作るに至った経緯や、今後お届けしたいと思っている記事についてご説明をさせて頂きます。 *** DankHeartsEngineの開設理由:技術と人柄の見える化ダンクハーツは、光栄なことに現在多くの有名I

スキ
15
はじめまして、くもん出版です。

はじめまして、くもん出版です。

本日から、noteをはじめることになりました、 くもん出版です。 「くもん出版」…ご存知でしょうか? 「やっててよかった公文式! のくもんね」 「くもんいくもん!」 「小学生のころ、学習していました!」といってくださる方もいらっしゃいます。 もちろん、まちがってはいませんが、少しだけちがいます。 かんたんに紹介させてください。 世界57の国と地域で372万人(2021年3月現在)が学習する、公文式教室を展開しているのは「公文教育研究会」。「くもん出版」は、公文式教室で

スキ
29
にいがた県、noteはじめました。
+3

にいがた県、noteはじめました。

はじめまして。 新潟県創業・イノベーション推進課です。 本日、新潟県とnote株式会社は「産業振興を目的とした情報発信に関する連携協定」を締結し、 👏👏新潟県note公式アカウントを開設しました👏👏 note株式会社との協定は、全国の自治体で“初”とのことです。 (新潟県・花角知事とnote・加藤社長の協定式の様子) ↑noteの加藤社長は新潟県出身で、あの有名な「もし高校野球の女子マネージャーがドラッガーの『マネジメント』を読んだら」(岩崎夏海著 略して「もしドラ

スキ
142
「ダーンディッシュプロジェクト」公式note、はじめます。

「ダーンディッシュプロジェクト」公式note、はじめます。

はじめまして。「株式会社ダーンディッシュプロジェクト」です。 私たちの活動について、より多くの方に知ってもらいたいと思い、noteをはじめました。 初投稿の今回は、私たちがどんな企業なのか、何を目指しているのか、noteで今後どんな発信をしていくのかをお伝えします。 「株式会社ダーンディッシュプロジェクト」について新潟市を中心に飲食店を運営しています。現在、直営店として運営しているのは『肉山』新潟、『練馬鳥長・新潟』、『海鮮居酒屋 魚魯こ』の3店舗。 ※『肉山』新潟と

スキ
10
はじめまして 山野楽器です

はじめまして 山野楽器です

こんにちは。皆さんは、「山野楽器」と聞いてまっさきに想い描くのは、どんなことですか。 友だちがピアノを買った楽器店 ジャニーズやアイドルなどのソフトを予約しに行くCD屋さん テイラーやリッケンバッカーといったギターの輸入代理店 会社の友人が通っている音楽教室 大学時代に青春をかけたビッグバンドジャズコンテストを行っている会社 ニュースでよく見る銀座4丁目交差点の本店の建物 はたまた、 演歌のイベントをやっているところ ライブ会場でよく即売しているスタッフさんを見ます 近

スキ
32
はじめまして!

はじめまして!

はじめまして! プラネットポディウム編集部です。 わたしたちはロードレースの盛んな欧州から、ロードバイク用のフレームやパーツ、用品などを輸入し、専門店を通じて販売している会社です。 noteに“プラネット・ポディウム”を開設したのは、ヨーロッパのメーカーの声を、ロードバイクに興味のある人たちに伝える場所が必要だと考えていたからです。 プラネット・ポディウムという名称は、月刊誌サイクルスポーツを通じて配布してきたタブロイド紙と一緒です。これまで発信できていなかった“作り手

スキ
32
弥生、公式noteはじめます。「弥生会計」だけじゃない私たちのこと。

弥生、公式noteはじめます。「弥生会計」だけじゃない私たちのこと。

はじめまして、弥生 note編集部です。 2021年3月より公式noteをはじめます。 会計ソフトメーカーから「事業コンシェルジュ」へ 弥生は中小企業・個人事業主・起業家向けに「弥生会計」や「やよいの青色申告」をはじめとする業務ソフトウエアを提供しています。 現在は登録ユーザー数が220万を超え、多くの事業者に私たちのソフトウエアやサービスをお使いいただいています。 日本の事業者の9割近くを占めるスモールビジネスは日本経済の根幹を担っていると言っても過言ではありません

スキ
97
「みんなの銀行」公式note、はじめます

「みんなの銀行」公式note、はじめます

はじめまして、noteをご覧の皆さん。デジタルバンク「みんなの銀行」で広報を担当する市原です。このたびnoteの運営担当として『みんなの銀行 公式note』編集部の編集長を任命され、今回が初めての投稿となります。このnoteを通して皆さんとつながり、自分たちの大切なお金のことや、これからの銀行について、一緒に考えていく場にできたら嬉しいです。 まずは数あるnoteの記事の中から、「みんなの銀行」のページにお立ち寄りくださり、ありがとうございます。初回は私たち「みんなの銀行

スキ
206
アンダーアーマー、ガチのnote始めます。

アンダーアーマー、ガチのnote始めます。

はじめまして。 アンダーアーマーnote編集部です。 このたび、「アンダーアーマー公式note」を開設いたしました。 これからこの場所でどんなことをしていきたいかについては、後ほどご説明いたします。まずは初めての投稿になりますので、少しだけ自己紹介をさせてください。 アンダーアーマーの原点、それはアスリートのために生まれた一枚のシャツでした。 アンダーアーマーの創業者であり、元学生アメフト選手だったケビン・プランクはプレー中にコットンシャツが汗で重くなり、ベタベタと肌に

スキ
229