マガジンのカバー画像

note pro自己紹介記事まとめ

553
noteでは、読者へ運営方針を表明するのがコツです。このマガジンでは、note proを利用するクリエイターの、自己紹介記事をまとめました。
運営しているクリエイター

#エンターテック

まずは自己紹介記事を書いてみよう

noteをはじめたら、個人の方でも法人の方でも、まずは自己紹介記事を書くことをおすすめします。自己紹介記事に、大きな決まりはありませんが、つくっておくだけでさまざまないいことがあるはずです。 なぜ自己紹介記事が必要なの?noteでは、好きな記事を、「プロフィール」として、クリエイターページに登録することができます。あなたがどこの誰で、何をしてきて、何をしようとしているのか。これらを書いておくことで、より読者とつながりやすくなります。 読者に”自分のことを伝える”仕組みをつ

スキ
440

総合エンターテックのplayground、公式noteをはじめます。

はじめまして、playground 広報の田代です。 この度、playgroundの取り組みや社内の雰囲気などを発信する場として、note公式アカウントを立ち上げることになりました。 これから、どうぞよろしくお願いいたします! さて今回は、ご挨拶代わりに、playgroundの事業紹介をさせていただきます! リアルイベントにデジタル革命をplaygroundは、リアルイベントにデジタル革命を起こすために、「エンターテインメントにデジタル技術を持ち込み、100万人が熱狂する

スキ
25