マガジンのカバー画像

note pro自己紹介記事まとめ

550
noteでは、読者へ運営方針を表明するのがコツです。このマガジンでは、note proを利用するクリエイターの、自己紹介記事をまとめました。
運営しているクリエイター

#暮らし

まずは自己紹介記事を書いてみよう

noteをはじめたら、個人の方でも法人の方でも、まずは自己紹介記事を書くことをおすすめします。自己紹介記事に、大きな決まりはありませんが、つくっておくだけでさまざまないいことがあるはずです。 なぜ自己紹介記事が必要なの?noteでは、好きな記事を、「プロフィール」として、クリエイターページに登録することができます。あなたがどこの誰で、何をしてきて、何をしようとしているのか。これらを書いておくことで、より読者とつながりやすくなります。 読者に”自分のことを伝える”仕組みをつ

スキ
438

【断熱先生のダンネツノートvol.0】住まいと断熱についての公式note、はじめます!

みなさん、はじめまして。「断熱先生」こと、住まいStudio東京館長の古溝洋明です! この度、住まいの断熱性や省エネ、快適な暮らしについて発信したく、公式noteアカウントとしてこの【断熱先生のダンネツノート】を立ち上げました。 今回は自己紹介ということで、どうして今、住まいの断熱なのか、アカウントを立ち上げた理由や今の思い、これからここでどんなことを発信していきたいのか、お話したいと思います。 なぜ、断熱についての公式noteを始めようと思ったか? 私はLIXILが

スキ
22

「住まいの窓口」公式note、OPENしました!

はじめまして! LIFULL HOME'S 住まいの窓口 です。 突然ですが、『家を買おう』と思ったとき、みなさんならどうしますか? インターネットや本などを調べれば、たくさんの情報が出てきます。 なんとなく見つけた不動産会社や住宅展示場に飛び込んでいけば、とりあえず、マイホームを手に入れることはできます。 ただ、 『ネットや参考書を色々見たけれど、難しくてよくわからない』 『いくらの物件であれば買っても平気かわからない』 『実際に暮らしてみると

スキ
23

はじめまして、「リノベる」です。

みなさん、はじめまして。 「リノベる」です。 私たちがリノベーションを提供する会社として「リノベる」を立ち上げたのは、2010年。 「リノベーションをする」が、いつか「リノベる」という動詞になるくらい、多くの方に知ってもらえたらいいな…という想いから、付けた名前です。 今、少しだけその願いが叶い始めています。 (もちろん、私たちの力だけではないのですが) 「リノベーション」を「リノベ」と略すことも普通になり、動詞として「リノベる」と使っていただけることも増えました。 と

スキ
52

はじめまして、VUILDです。

はじめまして、VUILD株式会社です。 代表・秋吉浩気は、これまで専門家しか携わることのできなかった建築分野においてデジタルファブリケーションを組み合わせることで、みなさんに「つくる喜び」を取り戻して欲しい、そんな思いで「建築の民主化」を目指すスタートアップを2017年に設立しました。 近代の産業化が人々から「ものづくり」を遠ざけた突然ですが、みなさんは最近どんなものをつくりましたか? 産業革命以降、ありとあらゆる物を安価に入手できる様になった一方で、高度に細分化された

スキ
70

CRAFT STOREもnoteをはじめます!

はじめまして!CRAFT STOREのMinamiです。 以前からnoteは開設していたものの、あまり更新できず……。そんな時にnoteの方から直接お話しを伺う機会があり、やさしい世界観や素敵なnoteの数々をみせてもらい「やってみたい!」と熱量が上がり今に至ります。 さて前置きが長くなりましたが、CRAFT STOREについてちょっとお話をさせてください。 CRAFT STOREは日本の食器や生活雑貨をセレクトしたネットショップです。 「めぐり会う。日本のいいもの、

スキ
34