note pro自己紹介記事まとめ

415
固定された記事
まずは自己紹介記事を書いてみよう

まずは自己紹介記事を書いてみよう

noteをはじめたら、個人の方でも法人の方でも、まずは自己紹介記事を書くことをおすすめします。自己紹介記事に、大きな決まりはありませんが、つくっておくだけでさまざまないいことがあるはずです。 なぜ自己紹介記事が必要なの?noteでは、好きな記事を、「プロフィール」として、クリエイターページに登録することができます。あなたがどこの誰で、何をしてきて、何をしようとしているのか。これらを書いておくことで、より読者とつながりやすくなります。 読者に”自分のことを伝える”仕組みをつ

スキ
291
休館中もわたしたちを身近に感じていただきたくて。横浜美術館公式note、はじめます。

休館中もわたしたちを身近に感じていただきたくて。横浜美術館公式note、はじめます。

はじめまして、横浜美術館です。ただいま、長らく休館中の横浜美術館。 お休みの間もわたしたちを身近に感じていただきたくて。このたび公式noteアカウントを立ち上げることになりました。 横浜美術館にいらしたことのある方もない方も、どうぞよろしくお願いいたします。 ところで、みなさんにとって「美術館」って、どんな存在ですか? 家族やお友だちと訪れる、お出かけの場所。 ひとりで作品と向き合う、たいせつな場所 誰かとすごした、おもいでの場所。 美術館で働くわたしたちにとっては、愛

スキ
55
鳥取県立美術館がnoteでチャレンジしたいこと

鳥取県立美術館がnoteでチャレンジしたいこと

みなさん、はじめまして。 鳥取県立美術館広報担当です。(やや、緊張気味) 2020年秋に公式FB、その後21年春にプレサイトを立上げ、いよいよnoteを始めることとしました。これを読んでくれる方がどんなことに興味を持ってもらえるのか、楽しみに読んでもらえるかな?と試行錯誤しながら使い方を覚えていくというチャレンジングな投稿となりますが、心あたたかく見守っていただけると嬉しいです。 さて、なぜnoteをスタートさせたかをお話しする前に、簡単に鳥取県立美術館(以下、鳥取県美)の

スキ
57
横山美術館、noteはじめます

横山美術館、noteはじめます

こんにちは、横山美術館と申します。 このたびnoteを運用することになりました。これが記念すべき(?)最初の記事となります! ※21.5.21追記 その他の記事の例はこちらをどうぞ 「横山美術館って何?」「どういうものを展示しているの?」という方も多いのではないかと思いますので、この記事では、簡単に美術館の紹介をさせていただきます。 元々よく知っていただいている方も、よろしければぜひお読みください。 ※夜は開館していないですが、ライトアップされて綺麗です。 横山美術館

スキ
93
はじめまして。東京アートポイント計画です。

はじめまして。東京アートポイント計画です。

はじめまして。「東京アートポイント計画」です。 東京アートポイント計画は、地域社会を担うNPOとアートプロジェクトを展開する文化事業です。2009年より東京都と公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京が実施しています。 11年目を迎えた文化事業。50の団体と都内各地でアートプロジェクトを展開。2009年にスタートして、今年で11年目。 東京アートポイント計画では現在(2020年5月)までに、NPOを中心に50団体と40件のアートプロジェクトを共催してきました

スキ
26
あなたの手のひらにアートの最前線をお届けするnote、始動!

あなたの手のひらにアートの最前線をお届けするnote、始動!

こんにちは。そしてはじめまして。株式会社The Chain Museumです。 The Chain Museumという会社のこと、またリリース中のアプリ「ArtSticker」のことをもっと知っていただくために、この度、公式noteを立ち上げました。 そもそも、The Chain Museumってなんですか?株式会社The Chain Museum(以下、TCM)の主な事業は3つあります。 ●MUSEUM アーティストと共に「プロジェクト」を立ち上げ、ビジネス・テクノロジ

スキ
27