マガジンのカバー画像

note pro自己紹介記事まとめ

459
noteでは、読者へ運営方針を表明するのがコツです。このマガジンでは、note proを利用するクリエイターの、自己紹介記事をまとめました。
運営しているクリエイター

#ブランディング

固定された記事

まずは自己紹介記事を書いてみよう

noteをはじめたら、個人の方でも法人の方でも、まずは自己紹介記事を書くことをおすすめします。自己紹介記事に、大きな決まりはありませんが、つくっておくだけでさまざまないいことがあるはずです。 なぜ自己紹介記事が必要なの?noteでは、好きな記事を、「プロフィール」として、クリエイターページに登録することができます。あなたがどこの誰で、何をしてきて、何をしようとしているのか。これらを書いておくことで、より読者とつながりやすくなります。 読者に”自分のことを伝える”仕組みをつ

スキ
348

共創する自動車保険「&e(アンディー)」、公式noteはじめました!〜前編〜

はじめまして!「&e(アンディー)」公式note編集部です。 まもなく、イーデザイン損保がご提案する全く新しい自動車保険「&e(アンディー)」が誕生します。この公式noteでは、「&e」に関わる様々な立場の“中の人”が登場しながら、「&e」の特長やサービス作りへの想い、そして難しくとらえられがちな自動車保険のあれこれについてご紹介していく予定です。 記念すべき第1回は、お客さま体験の改善・向上に取り組むCX推進部リーダーであり、noteの編集長でもある田屋和美さんに、「&e

スキ
91

Hello! We are Fjord Tokyo.

皆さん、こんにちは。アクセンチュア インタラクティブのデザインスタジオFjord Tokyoです。この度、2021年からnoteにて公式ブログを開設することになりました。初回となる今回の記事では、Fjord Tokyoの自己紹介とデザインに対する想い、そしてこのブログを始める理由についてお話ししたいと思います。 私たちが信じているデザインの可能性を皆さんと共有することで、日本のデザイン業界を共に盛り上げていければという気持ちで書いていきます。   それでは、はじめていきます

スキ
144

ソウルドアウト、公式noteはじめます。

はじめまして。 ソウルドアウト株式会社 マーケティングカンパニー 執行役員COOの浅見(@goasami)と申します。 この度みなさんと一緒に地方および中小・ベンチャー企業のデジタルマーケティングを盛り上げる場として、note公式アカウントを立ち上げました。 はじめましての今回は、編集長のみやたけ(@udon_miyatake)のご紹介とともに、私たちがなぜnote公式アカウントを立ち上げたのか、どんな場所にしていきたいのかをみなさんにお届けしたいと思います。 うどん

スキ
159

note、はじめました

はじめまして、チエノワnote編集部です。私たちは、シュンビン(株)が運営するオウンドメディアチームです。 この度、チエノワnoteというオウンドメディアを立ち上げました。はじめましての今回はご挨拶の代わりに、私たちがどんな会社で、noteでどんなことをしていきたいのかについてお届けします。 シュンビンとは、こんな会社です 京都に拠点を置く デザイン × コンサル の会社です。 元々は洗瓶業(瓶を回収、洗浄しリユースする事業)をしていましたが、瓶の需要減少に伴い廃業の危機

スキ
19

【PR NOWはじめます】New normal時代のPRとは?

PR NOWはじめますはじめまして。 総合PR会社プラチナムです。 弊社はベクトルグループの戦略PR事業として2002年に設立以来、「PRの力で商品や企業、ブランドの価値を創り、社会に貢献する」というミッションの下、あらゆる良いモノを世の中に広めるために、約200人のメンバーが日々活動しています。 設立から18年、弊社は変わりゆく「PR」にとことん向き合ってきました。 そんな「PR」は今、大きな転換期を迎えていると感じています。 新型コロナウイルスの感染拡大により、奇

スキ
66

セイタロウデザイン、公式noteをはじめます。

はじめまして。 東京・金沢を拠点にするデザイン事務所、セイタロウデザインです。 私たちは、普段、ブランディングを軸に、CI(ロゴ)・広告・映像・WEBサイト、プロダクトや建築と多様なチャネルの企画・アートディレクション・メッセージ設計・デザインなどを生業にしています。 いつもお客様のブランディングやプロモーションをお手伝いしておきながら、自分たちの情報発信はめっきり後回しになってしまい、今までに何度も挫折してきました。 が、先月、久しぶりにコーポレートHPもリニューアル

スキ
45