マガジンのカバー画像

note pro自己紹介記事まとめ

460
noteでは、読者へ運営方針を表明するのがコツです。このマガジンでは、note proを利用するクリエイターの、自己紹介記事をまとめました。
運営しているクリエイター

#AI

固定された記事

まずは自己紹介記事を書いてみよう

noteをはじめたら、個人の方でも法人の方でも、まずは自己紹介記事を書くことをおすすめします。自己紹介記事に、大きな決まりはありませんが、つくっておくだけでさまざまないいことがあるはずです。 なぜ自己紹介記事が必要なの?noteでは、好きな記事を、「プロフィール」として、クリエイターページに登録することができます。あなたがどこの誰で、何をしてきて、何をしようとしているのか。これらを書いておくことで、より読者とつながりやすくなります。 読者に”自分のことを伝える”仕組みをつ

スキ
350

DeepX、noteはじめます!

「あらゆる機械を自動化し、世界の生産現場を革新する」 DeepXは、このミッションを掲げて活動している会社です。 はじめまして。DeepXは東京大学 松尾研究室発のスタートアップです。私たちは、AI技術をベースとした多様な技術を活用して、従来は自動化が難しかった領域の機械を自動化し、生産現場を革新していくことを目指しています。 こちらのnoteでは、以下のトピックを中心に、これから定期的な発信をしていこうと思います。 ・メンバーのインタビュー ・事業内容について ・社内での

スキ
32

about_ZIKU WORKSTYLE LAB

『はたらく』を考えるウェビナー、ZIKU WORKSTYLE LAB(時空ワークスタイルラボ)についてご説明します!! 今だから、『はたらく』を考えよう新しい『はたらく』を考えるラボ と銘打った、これからのはたらき方を考えるウェビナーです。 リモートワークやサテライトオフィス、オンラインでの会議やイント。 今、働き方に大きな変化が起きています。 この変化の中で、あなたは何をして、何を選びますか・・・? ZIKU WORKSTYLE LABでは、 既に新しいWORKST

スキ
7