マガジンのカバー画像

note pro自己紹介記事まとめ

459
noteでは、読者へ運営方針を表明するのがコツです。このマガジンでは、note proを利用するクリエイターの、自己紹介記事をまとめました。
運営しているクリエイター

#みてね

固定された記事

まずは自己紹介記事を書いてみよう

noteをはじめたら、個人の方でも法人の方でも、まずは自己紹介記事を書くことをおすすめします。自己紹介記事に、大きな決まりはありませんが、つくっておくだけでさまざまないいことがあるはずです。 なぜ自己紹介記事が必要なの?noteでは、好きな記事を、「プロフィール」として、クリエイターページに登録することができます。あなたがどこの誰で、何をしてきて、何をしようとしているのか。これらを書いておくことで、より読者とつながりやすくなります。 読者に”自分のことを伝える”仕組みをつ

スキ
348

すべての子ども、その家族が幸せに暮らせる世界を目指して

*追記(2021年12月10日) 「みてね基金」は現在第二期助成期間中となり、公募は行っておりません。第二期助成詳細はこちらから。 「みてね基金」の今後の公募の予定等最新情報は、「みてね基金Twitter」より随時発信してまいりますので、フォローどうぞよろしくお願いします。 「みてね基金」とは「家族アルバムみてね」は、「みてね」の事業責任者でもある株式会社ミクシィ取締役会長の笠原 健治が個人として寄付する資金10億円を原資に、「みてね」の5周年を迎えた2020年4月13日に

スキ
48