マガジンのカバー画像

note pro自己紹介記事まとめ

460
noteでは、読者へ運営方針を表明するのがコツです。このマガジンでは、note proを利用するクリエイターの、自己紹介記事をまとめました。
運営しているクリエイター

#note初心者

固定された記事

まずは自己紹介記事を書いてみよう

noteをはじめたら、個人の方でも法人の方でも、まずは自己紹介記事を書くことをおすすめします。自己紹介記事に、大きな決まりはありませんが、つくっておくだけでさまざまないいことがあるはずです。 なぜ自己紹介記事が必要なの?noteでは、好きな記事を、「プロフィール」として、クリエイターページに登録することができます。あなたがどこの誰で、何をしてきて、何をしようとしているのか。これらを書いておくことで、より読者とつながりやすくなります。 読者に”自分のことを伝える”仕組みをつ

スキ
350

はじめまして!常総市ふるさと納税です。

はじめまして。茨城県常総市ふるさと納税担当の松﨑です。 ふるさと納税に関するマガジンを配信いたします! ふるさと納税とはふるさと納税制度は、「生まれ育ったふるさとに貢献できる制度」、「自分の意思で応援したい自治体を選ぶことができる制度」として創設されました。 ふるさとに限らず、応援したい自治体に寄付をすることができます。 また、ふるさと納税の理念として三つの意義が挙げられています。 ふるさと納税には三つの大きな意義があります。  第一に、納税者が寄附先を選択する制

スキ
10

【株式会社CHAPTER TWO】公式noteはじめました

会社紹介会社名:株式会社CHAPTER TWO 設立:2018年6月13日 代表:西原一貴 事業内容: Instagramマーケティング   (運用代行・コンサルティング・インフルエンサーキャスティング等) みなさま。はじめまして。 株式会社CHAPTER TWO(チャプターツー)です。 この度、noteをはじめました。 名前にチャプターが入っていることで、動画作成や映画関連の会社と勘違いされることが多いですが、Instagramマーケティングの会社です。 アカウントの

スキ
8

山形県鶴岡市の「ふるさと納税」公式noteをスタートします。

山形県鶴岡市の「ふるさと納税」公式noteをスタートします。 今回は初めましてのご挨拶として、自己紹介文を書いていきたいと思います。 このnoteを書く人はじめまして、こんにちは。 山形県鶴岡市「ふるさと納税」スタッフの鈴木と申します。 昨年、神奈川県から移住してきて鶴岡での生活はまだ2年目です。 今年の4月からふるさと納税にまつわる撮影や文章の作成を担当していて、この度noteも受け持つことになりました。どうぞ宜しくお願いいたします。 このページは、鶴岡の皆さまと共に

スキ
91

はじめまして!!須坂市「ふるさと納税」です。

みなさま、初めまして。長野県須坂市です。「須坂市」は「す『ざ』かし」と読みます。まだまだ県外の方には知っていただく機会が少なく、ふるさと納税のお問合せでも「す『さ』かし?」、「ん~、何て読むんですか?」などとお尋ねいただくこともあります。せっかくご縁があって全国数多くの自治体から須坂市を選んでいただいているので、何とか市名をしっかり記憶に残したい!そんな思いがありながらも、地名やイメージの浸透はなかなか難しいと感じます。 須坂市のふるさと納税 須坂市のふるさと納税は2019

スキ
44

\選択されるマチへ/北海道猿払村がnote で実現したい4つのこと

北海道猿払村公式noteスタート noteで実現したい4つのこと 猿払村民に猿払をもっと好きになってほしい 猿払を好きな人にもっと好きになってほしい 猿払を知っている人に猿払を好きになってほしい 猿払を知らない人に猿払を知ってほしい そして、選択されるマチへ 猿払村を簡単にご紹介 日本で最北の村といわれ、東京23区に匹敵する面積を有しています。 そんな、日本の政治経済の中心東京から遥か、1,500キロ離れた猿払村ですが、約2,700人が生活を営んでいます。 厳し

スキ
138

はじめまして 山野楽器です

こんにちは。皆さんは、「山野楽器」と聞いてまっさきに想い描くのは、どんなことですか。 友だちがピアノを買った楽器店 ジャニーズやアイドルなどのソフトを予約しに行くCD屋さん テイラーやリッケンバッカーといったギターの輸入代理店 会社の友人が通っている音楽教室 大学時代に青春をかけたビッグバンドジャズコンテストを行っている会社 ニュースでよく見る銀座4丁目交差点の本店の建物 はたまた、 演歌のイベントをやっているところ ライブ会場でよく即売しているスタッフさんを見ます 近

スキ
33

テレビ局がnoteを始めてみるまでの話① ~「まずは、決意表明のようなもの」~

こんにちは。 note初心者の『日テレR&Dラボ』と申します。 始まったばかりのこのページを開いてくださってありがとうございます! これを読んでいる皆さんは「日テレ」という会社や番組は知ってくださっていても、この「R&Dラボ」という組織があることはほとんど、いや99.99%知らないと思います。 なので、ちょっとだけ自己紹介させてください。 私たち「R&Dラボ」は、2016年に発足した「日テレラボ」という組織から、将来の価値を考え生み出す役割を引きついで、2019年6月に出

スキ
103

南伊豆町noteはじめます。「静岡県南伊豆町のプロフィール」

はじめに 皆さまはじめまして!このたび、南伊豆町では企画課地方創生室と商工観光課共同で公式noteアカウントを開設することになりました。 noteアカウントでは町が力を入れている移住・ワ―ケーション・ふるさと寄付情報などを中心にホームページや広報だけではなかなか伝わりにくい町の取り組みや魅力をお届けします。 (アカウント名に(仮)と入っていますが、現在「公式」にできるか審議中?であるためいったん仮営業となっています。このあたりのお話しについてはまた後ほど) 記念すべき

スキ
66

Hamee公式note、「ほんとに」はじめます。

2020年ももう終わりますね… 今年も全力疾走、全力投球で駆け抜けました。 やり残したことなどはありま…… …… …… いや、ある!!! 実は2019年8月にこんな記事を書いていました。で、一瞬で終わりました。「noteやりたいけど、他の業務があって続けられない」というnoteあるあるを見事に私たちも経験したのですが、やっぱりHameeの情報を発信していきたいと思い、体制新たにnoteを始めます!! なぜ「今」noteをリニューアルするのか コロナ以降、在宅勤務で

スキ
121

はじめまして!改めてアウトドアウェブマガジン「hinata」の会社、vivitがnoteを開始しました。

こんにちは!vivit広報のもっちです。note投稿は5回目となりますが、改めて私たちvivitと、運営担当の広報もっちについて自己紹介をさせていただきたいと思います。 vivitってこんな会社 vivitは、2014年に設立し、「きっとそとが好きになる」をコンセプトにアウトドアウェブマガジン「hinata」を開設。その後、キャンプ用品の買取サービス「hinata リユース」やキャンプ用品レンタルサービス「hinata レンタル」などを展開しています。キャンプだけでなく、

スキ
24

フロンターレとわたし。それぞれの物語。

フロンターレ、noteはじめました。はじめまして! サッカー・J1リーグに所属する川崎フロンターレがこのたび、note公式アカウント「川崎フロンターレnote部」を開設しました! ホーム戦会場で販売している「マッチデープログラム」の編集部が運用し、マッチデープログラムのインタビューや対談、コラムなどをnote上で公開 していく他、制作の裏側や本誌には掲載し切れなかったインタビューのフルバージョンなど、ここでしか読めないコンテンツを展開していきます。 マッチデープログラムで

スキ
159

「あたらしい学びノート」を発信します!

はじめまして、Fasu(ファス)編集部と申します。  「あたらしい家族のための、あたらしいスタンダード」をフィロソフィーとし、子育て世代が豊かに暮らせるファッション、インテリア、食、教育、アート等のライフスタイル情報を、ウェブサイトとSNSで発信しています。 そして、この度“子どもへの教育”というテーマに焦点を当てた「あたらしい学びノート」を立ち上げました。 はじめましての今回は、なぜ立ち上げたか、これからどのようなことを発信していきたいかをお届けできたらと思い

スキ
13