note pro自己紹介記事まとめ

365
固定された記事
まずは自己紹介記事を書いてみよう

まずは自己紹介記事を書いてみよう

noteをはじめたら、個人の方でも法人の方でも、まずは自己紹介記事を書くことをおすすめします。自己紹介記事に、大きな決まりはありませんが、つくっておくだけでさまざまないいことがあるはずです。 なぜ自己紹介記事が必要なの? noteでは、好きな記事を、「プロフィール」として、クリエイターページに登録することができます。あなたがどこの誰で、何をしてきて、何をしようとしているのか。これらを書いておくことで、より読者とつながりやすくなります。 読者に”自分のことを伝える”仕組み

214
和歌山市広報note、はじめます。

和歌山市広報note、はじめます。

はじめまして。 ご覧いただきありがとうございます。 和歌山市広報広聴課です。 「和歌山市広報note」の運用を開始し、主に県外にお住いのみなさまに、和歌山市を応援したい、行ってみたい、住んでみたい、と思っていただけるような、選りすぐりの情報をお届けしたいと思っています。 まずは、下記の2点についてお話したいと思います。 1. 誰が発信しているの? 和歌山市広報広聴課、上野が編集・執筆を担当します。 「和歌山市広報note」の運用など、県外への和歌山市のPRをしています

76
こんにちは!加和太建設です〜地方ゼネコンが”元気”をつくる これからのまちづくりへの思い〜

こんにちは!加和太建設です〜地方ゼネコンが”元気”をつくる これからのまちづくりへの思い〜

はじめまして、加和太(かわた)建設 広報の村上です。 私たちは創業74年を迎える、静岡県三島市 JR三島駅北口の目の前に本社を置く「地方ゼネコン」です。1946年に兵庫県で創業し、1958年にこの地域で甚大な被害をもたらした狩野川台風の復興事業をきっかけに伊豆営業所を開設、その後1962年に本社を三島市移転し、この地に根づきました。 現在は「つくっているのは、元気です」というスローガンを掲げて、建設工事に加え、様々な「まちづくり」に関わる事業を行う私たちのことを、より多く

44