マガジンのカバー画像

note pro自己紹介記事まとめ

459
noteでは、読者へ運営方針を表明するのがコツです。このマガジンでは、note proを利用するクリエイターの、自己紹介記事をまとめました。
運営しているクリエイター

#ブランド

固定された記事

まずは自己紹介記事を書いてみよう

noteをはじめたら、個人の方でも法人の方でも、まずは自己紹介記事を書くことをおすすめします。自己紹介記事に、大きな決まりはありませんが、つくっておくだけでさまざまないいことがあるはずです。 なぜ自己紹介記事が必要なの?noteでは、好きな記事を、「プロフィール」として、クリエイターページに登録することができます。あなたがどこの誰で、何をしてきて、何をしようとしているのか。これらを書いておくことで、より読者とつながりやすくなります。 読者に”自分のことを伝える”仕組みをつ

スキ
348

『BESSの家』公式noteはじめます。

はじめまして、BESSの家 note編集長ウエダです! 入社8年(2回の産休含む)のBESS社員です。 ちょっと緊張ぎみの初投稿ですが、おつきあいください。 今回は、BESSとはどんなブランドなのか、noteをはじめた経緯、 noteで発信していきたいことについて、お話しします。 1.BESSの家について わたしたちは、「BESS」というブランド名で、ログハウスをはじめとした個性的な木の家で、手間や工夫をおもしろがる暮らしを提案しています。 1986年、「家は道具」と

スキ
74

はじめに

はじめまして、株式会社Hacoaが運営するハコア塾です。 この記事では、ハコア塾の紹介とこれからnoteで発信する概要についてお伝えします。 1. ハコア塾の紹介 ハコア塾を運営する株式会社Hacoaは、伝統工芸である漆器産業が盛んな福井県鯖江市に本社があり、東京を拠点として全国に17店舗の直営店を展開しています。 ブランド創立20周年を迎えた今年の4月には、東京・中目黒の目黒川のほとりに、カフェを併設した「KNOCKING ON WOOD」をオープンしました。 これま

スキ
15

アンダーアーマー、ガチのnote始めます。

はじめまして。 アンダーアーマーnote編集部です。 このたび、「アンダーアーマー公式note」を開設いたしました。 これからこの場所でどんなことをしていきたいかについては、後ほどご説明いたします。まずは初めての投稿になりますので、少しだけ自己紹介をさせてください。 アンダーアーマーの原点、それはアスリートのために生まれた一枚のシャツでした。 アンダーアーマーの創業者であり、元学生アメフト選手だったケビン・プランクはプレー中にコットンシャツが汗で重くなり、ベタベタと肌に

スキ
240