マガジンのカバー画像

note pro自己紹介記事まとめ

551
noteでは、読者へ運営方針を表明するのがコツです。このマガジンでは、note proを利用するクリエイターの、自己紹介記事をまとめました。
運営しているクリエイター

#ワーケーション

まずは自己紹介記事を書いてみよう

noteをはじめたら、個人の方でも法人の方でも、まずは自己紹介記事を書くことをおすすめします。自己紹介記事に、大きな決まりはありませんが、つくっておくだけでさまざまないいことがあるはずです。 なぜ自己紹介記事が必要なの?noteでは、好きな記事を、「プロフィール」として、クリエイターページに登録することができます。あなたがどこの誰で、何をしてきて、何をしようとしているのか。これらを書いておくことで、より読者とつながりやすくなります。 読者に”自分のことを伝える”仕組みをつ

スキ
437

はじめまして、コワーケーション.comです

「コワーケーション.com」とは?コワーケーション(coworkation).comは、企業の合宿やオフサイトミーティング時に最適な滞在施設、研修・体験コンテンツ、そして必要な機材準備まで一括手配するコンシェルジュ型サービスです。 組織やチームでのワーケーションを企画 / 探している方々に向けて ホテルや旅館、会議施設、キャンプ場など「体験」に最適な場 チームビルディングや研修プログラム、地域ツアーやアクティビティなどワーケーションならではの体験コンテンツ をご希望に

スキ
14

沖縄の新しいワーケーションスタイルをお届け!Re:sort@OKINAWAです!

はじめまして! この度、新しい沖縄の滞在を提案する会員制サービス「Re:sort@OKINAWA」のnoteがスタートしました! Re:sort@OKINAWAでは、新しい沖縄の滞在として、仕事×旅行を組み合わせた「ワーケーション」というスタイルをご提案しています。 そのサービスを開発する様子や沖縄のワーケーション情報を記事にして、多くのみなさんからアイデアや応援をいただきたく、このnoteを始めることとなりました。 まだまだ新しい考え方であるワーケーションについて、

スキ
80

はじめまして、ワーケーション研究部 公式noteスタートします!

はじめまして、Work&Us / ワーケーション研究部です。 この度、みなさんと未来に向けた「変化する働き方のヒントを見つける場所」について一緒に考え・つくり上げる場がほしいと思い、note公式アカウントを立ち上げることにしました。 立ち上げた経緯や、どんな研究をしていきたいか等について今回はお話しします。 ※ まず、私たちがなぜワーケーション研究部を作ったのか。 コロナウィルスにより労働環境の変化が訪れ、急激にテレワーク導入の企業が増えました。そんな中、ワーク(Work

スキ
32