マガジンのカバー画像

note pro自己紹介記事まとめ

551
noteでは、読者へ運営方針を表明するのがコツです。このマガジンでは、note proを利用するクリエイターの、自己紹介記事をまとめました。
運営しているクリエイター

#オウンドメディア

まずは自己紹介記事を書いてみよう

noteをはじめたら、個人の方でも法人の方でも、まずは自己紹介記事を書くことをおすすめします。自己紹介記事に、大きな決まりはありませんが、つくっておくだけでさまざまないいことがあるはずです。 なぜ自己紹介記事が必要なの?noteでは、好きな記事を、「プロフィール」として、クリエイターページに登録することができます。あなたがどこの誰で、何をしてきて、何をしようとしているのか。これらを書いておくことで、より読者とつながりやすくなります。 読者に”自分のことを伝える”仕組みをつ

スキ
438

Huuuuとモメンタム・ホースで自社メディア『CAIXA(カイシャ)』を始めます!

人生でいちばん胸が踊った瞬間はいつですか?  僕の場合は10年ほど前、大学の友人たちと制作した80ページほどの文芸誌が刷り上がり、手に取ったときです。飲み会の与太話から始まった企画が、数ヶ月かけて形になり、真新しいインクの匂いとともに現物となって目の前に現れた興奮。あの瞬間は、確かに今の自分と地続きになっています。 改めまして、Huuuuの友光だんごです。見ての通り、いま非常にワクワクしています。というのも冒頭で書いたような体験が、また始まろうとしてるから。 というわけ

スキ
70

法人向けプラン「note pro」のnote、はじめます。

こんにちは。note pro運営事務局です。このnoteは、企業やチームがnote proを最大限活用するための参考情報を発信するメディアです。 このnoteの目的私たちは、みなさんがnote proを活用し、ビジネス上の課題を解決するためのヒントを提供したいと考えています。noteがはじまって5年以上が経ち、数百にもわたる法人が、さまざまな目的で書き続けてくださっています。 定期的に開催している法人向け勉強会で、noteを上手に使っているこれらの法人事例をご紹介したとこ

スキ
33