note pro自己紹介記事まとめ

400
固定された記事
まずは自己紹介記事を書いてみよう

まずは自己紹介記事を書いてみよう

noteをはじめたら、個人の方でも法人の方でも、まずは自己紹介記事を書くことをおすすめします。自己紹介記事に、大きな決まりはありませんが、つくっておくだけでさまざまないいことがあるはずです。 なぜ自己紹介記事が必要なの? noteでは、好きな記事を、「プロフィール」として、クリエイターページに登録することができます。あなたがどこの誰で、何をしてきて、何をしようとしているのか。これらを書いておくことで、より読者とつながりやすくなります。 読者に”自分のことを伝える”仕組み

スキ
267
「なるほど」からはじめたくて。鎌倉市公式 noteとして「ナルホド事始メ」を綴っていきます
+2

「なるほど」からはじめたくて。鎌倉市公式 noteとして「ナルホド事始メ」を綴っていきます

こんにちは。鎌倉市広報課 広報戦略ディレクターの林です。このたび、鎌倉市公式noteとして「ナルホド事始メ〜なるほどから始めよう〜」で情報を発信していくことになりました。 (2021年9月9日撮影、撮影時のみマスクを外して撮影しました) 今回、なぜ公式note「ナルホド事始メ」という名前にしたかと言いますと、 読み手のみなさん(主に市民の方々を想定しています)に、「なるほど、そういうことか!」と思ってもらえるように、読み手視点に立った情報を届けていきたいという思いから、こ

スキ
45
noteを読むとわかること
+4

noteを読むとわかること

みなさん、こんにちは! 2021年9月、これから株式会社ベルパークの採用公式noteを立ち上げます! 初回のこの投稿では なぜ私たちがnoteをはじめようと思ったのか? noteで何を伝えたいのか? どんな人に読んでほしくて、どう思ってもらいたいのか? など、noteのコンセプトに関わるお話と、note運用チームのメンバー4人の紹介をしたいと思います。 なぜnoteをはじめたのかそれではさっそく、私たちがなぜnoteをはじめようと思ったのか、をお伝えしてまいります。

スキ
19
弥生、公式noteはじめます。「弥生会計」だけじゃない私たちのこと。

弥生、公式noteはじめます。「弥生会計」だけじゃない私たちのこと。

はじめまして、弥生 note編集部です。 2021年3月より公式noteをはじめます。 会計ソフトメーカーから「事業コンシェルジュ」へ 弥生は中小企業・個人事業主・起業家向けに「弥生会計」や「やよいの青色申告」をはじめとする業務ソフトウエアを提供しています。 現在は登録ユーザー数が220万を超え、多くの事業者に私たちのソフトウエアやサービスをお使いいただいています。 日本の事業者の9割近くを占めるスモールビジネスは日本経済の根幹を担っていると言っても過言ではありません

スキ
97
「みんなの銀行」公式note、はじめます

「みんなの銀行」公式note、はじめます

はじめまして、noteをご覧の皆さん。デジタルバンク「みんなの銀行」で広報を担当する市原です。このたびnoteの運営担当として『みんなの銀行 公式note』編集部の編集長を任命され、今回が初めての投稿となります。このnoteを通して皆さんとつながり、自分たちの大切なお金のことや、これからの銀行について、一緒に考えていく場にできたら嬉しいです。 まずは数あるnoteの記事の中から、「みんなの銀行」のページにお立ち寄りくださり、ありがとうございます。初回は私たち「みんなの銀行

スキ
206
Hamee公式note、「ほんとに」はじめます。

Hamee公式note、「ほんとに」はじめます。

2020年ももう終わりますね… 今年も全力疾走、全力投球で駆け抜けました。 やり残したことなどはありま…… …… …… いや、ある!!! 実は2019年8月にこんな記事を書いていました。で、一瞬で終わりました。「noteやりたいけど、他の業務があって続けられない」というnoteあるあるを見事に私たちも経験したのですが、やっぱりHameeの情報を発信していきたいと思い、体制新たにnoteを始めます!! なぜ「今」noteをリニューアルするのか コロナ以降、在宅勤務

スキ
121
かつてこどもだった、すべての大人たちへ―― ポプラ社 こどもの本編集部が伝えたいこと

かつてこどもだった、すべての大人たちへ―― ポプラ社 こどもの本編集部が伝えたいこと

ポプラ社 こどもの本編集部のnoteへようこそ。 こどもの本がぎっしり並んだ写真を、ぜひ眺めてみてください。 あなたの思い出の一冊は、見つかりましたか? こどもの本と、共に暮らしていくために ポプラ社で働く私は、仕事柄、毎日のようにこどもの本を読む日々を送っています。ワクワクしたり、涙ぐんだり…。シンプルな一言が、何よりも心を動かします。20代後半の私が、自分のためにこどもの本を読むことは、この仕事をしていなければ無かったかもしれません。まわりの友人も、そんな様子です。で

スキ
163
はじめまして、ネクスウェイです。
+14

はじめまして、ネクスウェイです。

きょうからnoteへお引越し!ということで、まずは​ #所信表明 からしていきたいと思います。(以前の本拠地はWantedlyでした) 多分とーーーーーーーーーーーっても長くなるので、お手すきの際に是非。 ちなみにネクス”ト”ウェイでも、ネクス”レ”イでもなく、”ネクスウェイ”と申します。社名だけでもぜひ記憶の片隅においてもらえると嬉しいです。 (この #所信表明 はネクスウェイにちょっとでも興味がある方に向けて書いています) 1、2020年度、17期目~元R、現IT

スキ
32
マーケティングに関する課題解決の場に。トライバルがnoteで発信していきたいこと

マーケティングに関する課題解決の場に。トライバルがnoteで発信していきたいこと

こんにちは、トライバル noteチームです。 いつもnoteをご覧いただき、ありがとうございます! 2019年7月にnoteを開設し、自己紹介noteを公開してから約9カ月が経過しました。 トライバルが考えるマーケティングや会社・スタッフのことについて発信したところ、多くの方にご覧いただくことができました。ありがとうございます! ▼PV数が多かったnoteはこちら 1)ソーシャルメディアで「売上」を作る、最新プロモーション思考法 https://note.triba

スキ
78
「あたらしい学びノート」を発信します!

「あたらしい学びノート」を発信します!

はじめまして、Fasu(ファス)編集部と申します。  「あたらしい家族のための、あたらしいスタンダード」をフィロソフィーとし、子育て世代が豊かに暮らせるファッション、インテリア、食、教育、アート等のライフスタイル情報を、ウェブサイトとSNSで発信しています。 そして、この度“子どもへの教育”というテーマに焦点を当てた「あたらしい学びノート」を立ち上げました。 はじめましての今回は、なぜ立ち上げたか、これからどのようなことを発信していきたいかをお届けできたらと思い

スキ
13