マガジンのカバー画像

note pro自己紹介記事まとめ

553
noteでは、読者へ運営方針を表明するのがコツです。このマガジンでは、note proを利用するクリエイターの、自己紹介記事をまとめました。
運営しているクリエイター

#イノベーション

まずは自己紹介記事を書いてみよう

noteをはじめたら、個人の方でも法人の方でも、まずは自己紹介記事を書くことをおすすめします。自己紹介記事に、大きな決まりはありませんが、つくっておくだけでさまざまないいことがあるはずです。 なぜ自己紹介記事が必要なの?noteでは、好きな記事を、「プロフィール」として、クリエイターページに登録することができます。あなたがどこの誰で、何をしてきて、何をしようとしているのか。これらを書いておくことで、より読者とつながりやすくなります。 読者に”自分のことを伝える”仕組みをつ

スキ
440

i3DESIGN、公式noteはじめます。

「You、明日から採用広報やっちゃって👉」 2022年某日。とあるMTGで重大任務を任された、広報猪野。 そもそも採用広報とは、、、、なんぞや! そこから始まった私の採用広報ライフ。 諸々調査すること数日。おやおや?と気づいたことが。 これまで社内のナレッジを伝えているコンテンツってあったかな...? ふと採用広報に任命された私は考えました。 『もっとカジュアルにi3DESIGNの魅力をお伝えしたい。』 そんな私の執念にも似たアピールにより、公式note導入の許可を得たので

スキ
15

アスタミューゼ公式noteをはじめます

はじめまして。アスタミューゼnote編集部です。 この公式noteでは、アスタミューゼが大切にしていることや目指す未来、アスタミューゼで働く人や働く環境・制度などを含めた日々の出来事など、アスタミューゼに少しでも興味を持ってくださった方に「アスタミューゼらしさ」を感じていただけるような記事を届ける場所を目指していきたいと考えています。 「アスタミューゼって面白い!」「アスタミューゼを応援したい!」と内容に共感していただけた方は記事を読んだ後に「スキ」を押していただき、他の記

スキ
26