マガジンのカバー画像

note pro自己紹介記事まとめ

550
noteでは、読者へ運営方針を表明するのがコツです。このマガジンでは、note proを利用するクリエイターの、自己紹介記事をまとめました。
運営しているクリエイター

#横浜

まずは自己紹介記事を書いてみよう

noteをはじめたら、個人の方でも法人の方でも、まずは自己紹介記事を書くことをおすすめします。自己紹介記事に、大きな決まりはありませんが、つくっておくだけでさまざまないいことがあるはずです。 なぜ自己紹介記事が必要なの?noteでは、好きな記事を、「プロフィール」として、クリエイターページに登録することができます。あなたがどこの誰で、何をしてきて、何をしようとしているのか。これらを書いておくことで、より読者とつながりやすくなります。 読者に”自分のことを伝える”仕組みをつ

スキ
438

横浜市デジタル統括本部公式noteはじめました。

皆様こんにちは! 横浜市デジタル統括本部です。 この度、公式noteを開設し、皆様に横浜市が行うデジタルを活用した変革(デジタル・トランスフォーメーション:DX)に関する様々な情報をお届けすることとなりました。 「デジタル」と聞くと「え~、自分にはわからない~」と引かれる方も多いかもしれませんが、そんな皆様の多くはスマートフォンなどなんらかのデジタル端末をお持ちなのではないかと思います。 最新の情報通信白書では世帯における情報通信機器の保有率が90%を超えるという結果も出て

スキ
65

休館中もわたしたちを身近に感じていただきたくて。横浜美術館公式note、はじめます。

はじめまして、横浜美術館です。ただいま、長らく休館中の横浜美術館。 お休みの間もわたしたちを身近に感じていただきたくて。このたび公式noteアカウントを立ち上げることになりました。 横浜美術館にいらしたことのある方もない方も、どうぞよろしくお願いいたします。 ところで、みなさんにとって「美術館」って、どんな存在ですか? 家族やお友だちと訪れる、お出かけの場所。 ひとりで作品と向き合う、たいせつな場所 誰かとすごした、おもいでの場所。 美術館で働くわたしたちにとっては、愛

スキ
75