マガジンのカバー画像

note pro自己紹介記事まとめ

551
noteでは、読者へ運営方針を表明するのがコツです。このマガジンでは、note proを利用するクリエイターの、自己紹介記事をまとめました。
運営しているクリエイター

#SDGs

まずは自己紹介記事を書いてみよう

noteをはじめたら、個人の方でも法人の方でも、まずは自己紹介記事を書くことをおすすめします。自己紹介記事に、大きな決まりはありませんが、つくっておくだけでさまざまないいことがあるはずです。 なぜ自己紹介記事が必要なの?noteでは、好きな記事を、「プロフィール」として、クリエイターページに登録することができます。あなたがどこの誰で、何をしてきて、何をしようとしているのか。これらを書いておくことで、より読者とつながりやすくなります。 読者に”自分のことを伝える”仕組みをつ

スキ
438

みんなと未来の″あんしん“のために。保険会社が「note」をはじめた理由

はじめまして! 本日よりサステナブル情報メディア「日新火災withCaNday(以下「CaNday」といいます。)」をnoteでスタートすることになりました。「CaNday」では、暮らしに役立つサステナブルな情報、日常生活の中で簡単に出来るアクションをお伝えしていきます。 今回は、私たちがどんな想いでnoteをはじめることにしたのかをお伝えしたいと思います。 「CaNday」をはじめる理由「CaNday」を運営する日新火災は、保険事業を通じて、いざというときの″あんしん“

スキ
232

【総合案内】ビーウィズ公式noteの歩き方

はじめまして。ビーウィズnote編集部です。 note編集部を発足し、公式noteがスタートしました。 まずは、編集部から。 既に読んでくださっている方にも、これから読んでくださる方にも、ビーウィズ公式noteの目的を知っていただき、どんな内容をみなさんに届けていきたいかという想いを、総合案内としてまとめました。 はじめに ビーウィズに興味を持ってくださっている方はもちろん、初めて知った方にも、ビーウィズにはどんな人がいて、どんな環境で、どんな未来を見ているのか、そんな「

スキ
28

アスタミューゼ公式noteをはじめます

はじめまして。アスタミューゼnote編集部です。 この公式noteでは、アスタミューゼが大切にしていることや目指す未来、アスタミューゼで働く人や働く環境・制度などを含めた日々の出来事など、アスタミューゼに少しでも興味を持ってくださった方に「アスタミューゼらしさ」を感じていただけるような記事を届ける場所を目指していきたいと考えています。 「アスタミューゼって面白い!」「アスタミューゼを応援したい!」と内容に共感していただけた方は記事を読んだ後に「スキ」を押していただき、他の記

スキ
26

文部科学省、社会教育士noteはじめました! ー「社会教育」を様々な角度からお届けしたいー

私たちは、「社会教育士」制度の活用促進をミッションにしている文部科学省のプロジェクトチームです。 最初の投稿となる今回は、この社会教育士noteを通してどのようなことをお届けしていきたいかについてお話しします。 社会教育士ってなに?私たちのまち、暮らしには、さまざまな課題が山積しています。たとえば、コミュニティの希薄化、空き店舗が増える商店街、子育てや介護が生む孤立、居場所や出番がない子ども・若者、災害から命を守る防災の備え、国籍の違いや障害の有無などによる分断など・・・。

スキ
221

メンバーズ、公式noteをはじめました ーこのままじゃマズい!脱炭素社会の到来に向けて企業のDX推進を本気で取り組みたくてー

はじめまして、株式会社メンバーズのマーケティング・広報担当 兼 Members+編集長のもえかです。この度、「Members+ ‐私たちの未来とビジネスを考える‐」という名前でnoteアカウントを立ち上げました。 初回の投稿では、株式会社メンバーズとはどんな会社なのか・このnoteで何を発信するのか・どういった方に読んでほしいのかをご紹介します。 メンバーズってどんな会社? メンバーズでは、デジタルビジネス運用支援をおこなう「EMC事業」とデジタルクリエイター人材の提供を

スキ
96

雑誌Hanako、noteはじめました。

はじめまして、Hanako編集長の田島朗(たじまろう)です。突然ですが、Hanako編集部でnote、始めることにしました。なぜかというと、仲間を見つけたいからなんです!(ポッ)。というのも今のHanakoって、実はいわゆる紙の雑誌だけを編集しているわけではなくて。ウェブサイトに、商品開発に、オンラインイベントに、読者コミュニティに、いろんな〝メディア〟を〝編集〟しています。一方で、そういうことのディテールって、なかなかじっくりとお伝えできる機会ってなかなかないなあとも思って

スキ
502

Minimal、UXを語るnoteをはじめます。

はじめまして。東京の職人による手づくりチョコレート専門店「Minimal」です。 2014年の創業以来、おかげさまで国際品評会では4年連続で61もの賞をいただきました。また、デザインやビジネス分野でも、 「グッドデザイン賞」ベスト100 「WIRED Audi INNOVATION AWARD 2017」 などの「食」以外の領域でも賞をいただきました。 光栄にもこのようにさまざまな切り口で評価をいただくのは、「職人によるモノづくり」と「顧客体験(UX)」というブランド

スキ
406