マガジンのカバー画像

note pro自己紹介記事まとめ

553
noteでは、読者へ運営方針を表明するのがコツです。このマガジンでは、note proを利用するクリエイターの、自己紹介記事をまとめました。
運営しているクリエイター

#noteの使い方

まずは自己紹介記事を書いてみよう

noteをはじめたら、個人の方でも法人の方でも、まずは自己紹介記事を書くことをおすすめします。自己紹介記事に、大きな決まりはありませんが、つくっておくだけでさまざまないいことがあるはずです。 なぜ自己紹介記事が必要なの?noteでは、好きな記事を、「プロフィール」として、クリエイターページに登録することができます。あなたがどこの誰で、何をしてきて、何をしようとしているのか。これらを書いておくことで、より読者とつながりやすくなります。 読者に”自分のことを伝える”仕組みをつ

スキ
440

こんにちは、幻冬舎・電子書籍です。

多くの方々にお越しいただき、おかげさまで幻冬舎・電子書籍noteはフォロワー数10,000人を突破いたしました!フォロワーの皆さまや、これから読者になって頂く方のため、このアカウントで発信している情報を分かりやすくご案内いたします。気になるコンテンツへお越しください♪ ◇はじめに◇「本は読みたいけど、何を読んだらいいかわからない」 「本屋さんに行く時間がないから、どんな本が面白いのかわからない……」 “本を選ぶ”ということに少し高いハードルを感じている人は、意外と多いので

スキ
11

「海の事故ゼロの未来をつくるノート」の使い方

そもそも、ここは誰と何をする場所? 本noteは子どもに関わる大人へ向けて、「海辺の事故ゼロ」を目指すための情報を発信していきます。 noteなのに、あえて“ノート”というアカウント名にしたのは、いろんな人に参加してほしいから。 海の家や民宿、喫茶店やコインランドリーなどに置いてあった、利用者が自由に書き込めるノートをご存知でしょうか? そのノートをイメージして、たくさんの人のいろいろな想いや考えが、集まり、まじわり、一緒につくりあげていく場所にしたい。そういう気持ちを

スキ
7