マガジンのカバー画像

note pro自己紹介記事まとめ

548
noteでは、読者へ運営方針を表明するのがコツです。このマガジンでは、note proを利用するクリエイターの、自己紹介記事をまとめました。
運営しているクリエイター

#サッカー

まずは自己紹介記事を書いてみよう

noteをはじめたら、個人の方でも法人の方でも、まずは自己紹介記事を書くことをおすすめします。自己紹介記事に、大きな決まりはありませんが、つくっておくだけでさまざまないいことがあるはずです。 なぜ自己紹介記事が必要なの?noteでは、好きな記事を、「プロフィール」として、クリエイターページに登録することができます。あなたがどこの誰で、何をしてきて、何をしようとしているのか。これらを書いておくことで、より読者とつながりやすくなります。 読者に”自分のことを伝える”仕組みをつ

スキ
438

クラブに関わるひとたちの「ものがたり」を、残していく場

いつも応援ありがとうございます。 このたび、私たちはザスパクサツ群馬の公式noteを始めることにしました。 最初のこの投稿で、ここの場について、少しご紹介をさせてください。 なぜ、noteを始めるのかこの話をするには、まずは「私たちは何者なのか」という話から、始めたいと思います。 私たちは、群馬をホームタウンとした、サッカークラブです。 「クラブ」と名がつくように、スポーツのクラブというものは、元々「サッカーをきっかけとした、地域の人々が集まる場」として、19世紀末ごろか

スキ
180

FL-UX(フラックス)、noteはじめます。

こんにちは。FL-UX(フラックス)というスポーツのプレー分析ツールを開発・販売しているRUN.EDGE(ランエッジ)と申します。 FL-UXは、ビデオカメラやスマートフォンで撮影したプレー映像を活用してプレー分析が行え、さらに、分析した結果や映像ダイジェストをチームメンバーにシェアしてコミュニケーションができるツールです。 2020年11月より、国内外の高校サッカー、大学サッカー、社会人サッカーのチームの皆様を中心にご紹介をさせていただき、2021年7月現在では、国内外

スキ
8

フロンターレとわたし。それぞれの物語。

フロンターレ、noteはじめました。はじめまして! サッカー・J1リーグに所属する川崎フロンターレがこのたび、note公式アカウント「川崎フロンターレnote部」を開設しました! ホーム戦会場で販売している「マッチデープログラム」の編集部が運用し、マッチデープログラムのインタビューや対談、コラムなどをnote上で公開 していく他、制作の裏側や本誌には掲載し切れなかったインタビューのフルバージョンなど、ここでしか読めないコンテンツを展開していきます。 マッチデープログラムで

スキ
159