マガジンのカバー画像

note pro運営がすてきと感じた法人noteまとめ

212
note pro運営チームが読んで、note proを利用するみなさんにもぜひおすすめしたいと思った、すてきな法人noteを集めたマガジンです。自社ならではの独自性をもちながら、… もっと読む
運営しているクリエイター

#編集者

なぜU-NEXTが出版を?サブスクが生む著者と読者の新たな出会い

U-NEXTが書籍? なんて思われる方もいらっしゃるかも知れません。 先日、アプリ内で書籍サービスを統合した話も公開しましたが、U-NEXTは以前から映像と合わせて電子書籍も展開してきました。 そして、2020年8月からはもう一歩踏み込み「出版事業」もスタート。これまでは様々な出版社から出された書籍をU-NEXT上で展開していたのに対し、私たち自身も出版社の一つに加わり書籍を作るという挑戦を始めました。 決して数は多くないですが、じっくり一つひとつと向き合い制作していま

スキ
144

Hanako歴4年目のSNSディレクターによる、Hanako編集部員紹介。(編集者編)

Hanakoの公式noteが始まってから約半年。新キャラの登場です。SNSディレクターの川本梨智(かわもと りさ)と申します。今回のテーマはタイトルにもある通り、編集部員の紹介コーナー! 実はわたくし、編集部内では最年少であるものの、お仕事をさせてもらっているのは2017年から(その頃はまだ大学3年生でした)。この4年間みなさんのお仕事ぶり(飲みっぷり食べっぷり歌いっぷりも含め)、近くで拝見してきたと自負しております。Hanako編集部の編集者は雑誌の編集のみならず、いくつ

スキ
38

30歳の決心。Wordしか使えない編集者が、Webマーケターになるまで

30歳のとき、私は編集者を辞めました。 大学でいわゆる就職活動をしなかったため、大学卒業時の肩書は「居酒屋アルバイト」。 そして社会人として最初のキャリアは編集プロダクションの編集者としてスタートしました。毎日忙しかったものの、仕事は楽しかったです。「自分は“伝える”仕事がしたかったんだ」。編集業のやりがいを実感していました。 でも、30歳になって、ふと不安になりました。 編集一筋の自分は、このままでいいのだろうか。 よく「30歳になると人生考えるよ」と言われますよ

スキ
94