マガジンのカバー画像

note pro運営がすてきと感じた法人noteまとめ

196
note pro運営チームが読んで、note proを利用するみなさんにもぜひおすすめしたいと思った、すてきな法人noteを集めたマガジンです。自社ならではの独自性をもちながら、… もっと読む
運営しているクリエイター

#SaaS

SaaS Technology Centerのロゴ制作デザイナーにインタビュー!!

はじめに・・・SaaS Technology Center (以下STC)は2021年8月の設立以降、“モノ”と“コト”の掛け合わせたソリューションで解決する“SaaSビジネス”を強力かつ迅速に推進しています。 2022年1月にSTCの体制強化が行われ、より部門の結束力を強化するため、パイオニアのデザイン部に協力頂き、STCの部門ロゴを作成しました。 今回はロゴを制作されたデザイナーのお二人にインタビューしてきました! 自己紹介森本(ファシリテータ): 今日は実際にロゴ

スキ
58

ヤフーからコミューンへ。プロダクトを世界に届ける挑戦。

ヤフーという大手企業を退職し、なぜ次にコミューンを選んだのか、そして、すでに動き出しているコミューンの海外展開へ向けての開発の現状をお伝えします。 前職ではエンジニアとして幅広い経験をした後、新人の教育担当として試行錯誤していました。ヤフーの広告部門はGoogleやMetaといったグローバル企業が競合なので、淘汰されないためには世界レベルの開発の速度と品質が必要です。一方で、巨大で安定した組織が持つ長所や限界についても考えるようになりました。そんな意識の変化が社外に目を向け

スキ
40

15年以上UI・UXデザインしてきた私が、SaaS企業でプロダクトマネジメントに挑戦する理由

デザイナーとプロダクトマネジメントの境界は溶け始めています。「The Product Management Triangle」で描かれたプロダクトマネジメントのカバー領域と、UXデザインがカバーすべき領域の重なりを考えると、自然な流れなのかもしれません。 一方でプロダクトマネジメントも、UXデザインも、一人が担うには領域が広範に渡ります。境界は溶けているものの、どのようにその道程を歩むかはまだまだ探索が必要なフェーズ。先人の歩みを共有することは、デザイナーの可能性を広げるこ

スキ
98