マガジンのカバー画像

note pro運営がすてきと感じた法人noteまとめ

173
note pro運営チームが読んで、note proを利用するみなさんにもぜひおすすめしたいと思った、すてきな法人noteを集めたマガジンです。自社ならではの独自性をもちながら、… もっと読む
運営しているクリエイター

2021年2月の記事一覧

【ピックアップ作品は「読むプロポーズブック」に収録】アタシ社さんとのコラボ投稿企画「#MarryMeを訳してみたら」を開催します!

忙しなく過ぎていった2020年、そして迎えた2021年。 昨年から今年にかけて起こった社会の大きな変化を受けて、今一度自分の足元を見つめ直してみたいと感じた方も多いのではないでしょうか。 noteページの開設から約1年半、様々なパートナーシップ・結婚の形を集めてきましたが、今だからこそ改めて「もっとたくさんの方の声を聞いてみたい」「恋人やパートナーへまっすぐ想いを告げる大切さを伝えたい」「自分たちらしいパートナーシップの形を考える機会を創りたい」と強く感じています。 そこで

スキ
13

【募集終了致しました】私たちと一緒に日本のいいものづくりを伝える「語りべ」になりませんか?※頂いた質問更新しております

※この募集は終了いたしました。多数のご応募誠にありがとうございました! 2021年5月に行われる、バイヤーさん限定の展示会「大日本市」にて、「語りべ」として大日本市に出展される商品を、第三者の目で伝えることのできる方を募集させて頂きます。 簡潔に言えば、展示会で出ているメーカーさんの商品を先に使用して、そのものの良さや使用感をnoteにて記事を投稿して頂きます。さらに展示会の特設ブースで掲載させて頂いてバイヤーさんたちに記事を見てもらおう。という企画です。 そして今回、

スキ
129

トリセツでUPDATA®!

突然ですが皆さんは、ご自分の取扱説明書を書いたことがありますか? 数年前に、西野カナさんが「トリセツ」を歌っていて、人間にも取扱説明書があれば、もっと楽にコミュニケーションできるのになあ、と思っていたこともあったPR担当の古荘です。思っていただけで、作るには至らなかったのですが、今冬実現! このリモートワーク環境下、PCのカメラをオンにして、ビデオ会議をしているときは辛うじて相手の表情が読み取れますが、カメラがオフだったり、そもそも無表情だったりしたら、読み取れません。他に

スキ
42